投稿日:

アプリ開発がブランディングになる!効果的なアプリの活用方法を紹介

市場が成熟した現代において、企業の売り上げをアップするにはブランドイメージを確立させて周知するブランディングが大切です。そんなブランディングで活用できるのがアプリ。ブランディングに適したアプリ開発と開発にあたってのコツを紹介します。

アプリでブランディングを高めよう!

そもそもブランディングとは、ブランドの持ち味を知って、持ち味を生かしたマーケティングを行い、ブランドの価値を確立して消費者と共通のイメージを作り上げていくことです。たとえば、同じような商品でも高級ブランドを選ぼうと思う人がいるのは、ブランディングが成功しているからですね。

ブランディングの考え方自体は高度成長期に入ってきてはいたのですが、当時は購入意欲さえ上げれば売れた時代であまり重視されていませんでした。しかし市場が成熟してくると売り上げが伸び悩んできます。他との差別化を図る理由もあり、ここ20年でブランディングが注目されてくるようになりました。

■ブランディングのメリットとは

それではなぜブランディングを意識する時代になったのでしょうか。1つは企業の利益が増えるからです。市場の成熟によって、他と同じような商品の売り出しでは売れなくなってきた今、独自性を押し出すことによって商品自体に信頼や愛着を持ってもらい、顧客を増やし定着させることができます。

また、価格競争も気にしなくて済むようになります。ブランドとしての知名度が上がり、イメージが拡充するとそれだけで商品価値が高まるためです。他と同じようなブランディングでは意味がなくなってしまいますが、成功すれば価格競争をせずに商品が売れるようになります。

また、会社のブランド力が高まると、このブランドで働きたいと考える人も増え、優秀な人材の確保も可能となります。結果としてブランディングが成功することは、会社の成功へと繋がるのです。

■アプリ開発でブランディング力を上げる

ブランディングを高めるには、広告を活用する方法もあります。しかし、内容によって多大な広告がかかるのが問題。規模が大きい会社でないと難しい面があります。

そこで注目されるのがアプリによるブランディング効果です。今や多くの人がスマートフォンを利用し、アプリを活用している時代。アプリインストールしてもらえれば、顧客と常にアプリを通して接点を持てるようになります。

ただし問題は、ブランディング効果が一目ではわからないところ。ブランディング効果が出ているか分からない場合は、ダウンロード率やアクティブ率を参考にしてみましょう。

アプリにも共通する!ブランディングのコツ

ブランディングのために活用できるアプリですが、ただアプリを導入するだけではブランディングになりません。ブランディングにはコツがあります。一般的なブランディングと共通するアプリ開発のブランディングの手法を確認しましょう。

■目的をはっきりしよう

まず目的をはっきりさせることです。ブランディング何を強調させたいのかを整理しましょう。一見さまざまなメリットのあるブランドはメリットに感じますが、悪くいえば一貫性がなく何を売りにしたいのか分かりません。特異な部分を一貫して押し出すために、明確な目的を設定することが大切です。

■ターゲットを決めよう

ブランディング成功のためには欲張り過ぎないことです。それは、目的だけでなくターゲット設定にもいえます。全ての顧客に合わせようとすると失敗しやすいので、ターゲットを絞り、ターゲットに合ったブランディングをしていきましょう。

■環境分析をしよう

ブランディング成功のためには立ち位置を確認しておくことが大切。競合や参入する市場、ターゲットのニーズなど環境分析は欠かせません。

このように分析などで焦点を絞り込み、一番伝えたいことを消費者に伝えることがブランディングでは重要です。ブランディングのためのアプリ開発は、このような要素がしっかり反映されているか意識しましょう。

ブランディング効果のあるアプリコンテンツ

アプリ開発において、ブランディング効果が期待できるのは以下のようなコンテンツです。

・アイコン

・画像

・動画

・テキストコンテンツ

・プッシュ通信

たとえば画像や動画、アイコンは視覚的にブランドイメージを消費者に植えつけることができます。特にアイコンはホーム画面に表示されるものなので、ロゴなどブランドイメージに近いものでアピール可能です。また、ブランドの広告にはプッシュ通信が役立ちます。アプリならではのコンテンツを活用することが、アプリを使ったブランディングでは大切です。

アプリを使って戦略的にブランディングをしたいなら、「Piece」(https://jokapi.jp/)を利用してアプリ開発をしてみてはいかがでしょうか。

ブランディングのためには、広告を出すなどのさまざまな方法があります。しかしコスト的な面も心配。利用される可能性が高く、より効果的にブランディングするにはアプリの利用がおすすめです。

Piece」ではさまざまなアプリ開発のノウハウを生かし、最適なブランディングができるようサポートしています。アプリ開発をお考えなら、ぜひご利用ください。

■ 失敗しないアプリ開発のために

アプリ開発虎の巻無料プレゼント実施中

アプリを作る目的を明確にせずになんとなくアプリを開発してしまっては、大きな予算をかけてアプリ開発を行っても思ったような成果を得ることはできません。
アプリ開発で失敗しないための、始める前に知っておくべき情報・目的を明確にするためのステップを「アプリ開発虎の巻」を公開中!
販促アプリ開発に大いに役立ててください。

■ まずは資料請求!

先ずは資料請求

JokerPieceでアプリ発注をした際に弊社でできることや、過去の制作例、実績など資料にてご覧いただけます。販促アプリのPieceを受託するだけでなく、よりクライアント様に最適なプラン提案をしながら共に作り上げていく開発スタイルを得意としております。またITエンジニア支援、教育訓練事業も行なっております。