投稿日:

アプリにかかる開発費用や保守費用をご紹介

アプリ開発後、運用するのにも費用がかかってきます。それを保守費用と呼びます。アプリ費用を考えるときには、開発コストに注目されますが、意外とこの保守費用もかかってくるのです。この記事では、そんなアプリにかかってくる費用について詳しくご紹介していきます。ぜひ参考にしてくださいね。

アプリの開発費用はいくらかかる?

これからアプリを開発して、運用していきたいと考えている人もいるでしょう。では、アプリの開発にはどんな費用がかかってくるのでしょうか?

見ていきましょう。

 

開発の作業人数(人件費)×開発にかかってくる期間によって算出される費用がアプリの開発費用に充てられます。開発に関わる人数が多ければ多いほど、期間が長ければ長いほど費用はたくさんかかってきます。

 

そんな中、アプリの開発費用を抑えられる「パッケージ」というものがあります。業者に頼むとそれだけの費用がかかってきますが、特に欲しい機能がパッケージに揃っているという方は、パッケージに頼ることもおすすめします。

 

パッケージ開発のメリットとしては、初期費用が安いという点があります。自社で構築したいアプリにそこまでの独自性を求めていない場合は、パッケージに含まれている内容で自分好みにカスタマイズすることが可能です。

 

パッケージのデメリットとして挙げられるのは、独自性のあるアプリを作れないという点です。パッケージの内容にもよりますが、デザイン・機能ともに似通ったものとなります。企業アプリとしてブランドなどのデザインで凝りたい!と考えている方は、パッケージに向いてないと言えるでしょう。

 

予算が決まっていて、特に目立つ機能もいらないのであればパッケージにてアプリ開発をするのがおすすめです。

 

アプリ開発のパッケージ相場は、大体3万円~5万円程度です。高額な費用のところであれば、10万円くらい費用のかかるところもあるようです。

 

パッケージ以外の業者に頼むと、人件費がかかってくるので30~50万円ほどが相場とされています。

 

アプリは開発後も保守に費用がかかる?

さて、ここまでアプリ開発にかかってくる費用についてご紹介してきましたが、アプリは開発後も運用費や保守に費用がかかってきます。

 

運用コストはアプリの規模によって上がります。運用後、ユーザーから要望を貰うことも多いでしょう。ユーザーの要望に応じてバグの修正やアップロードも頻繁に行わなければなりません。

 

では、ここで保守費用の料金の内訳について見ていきましょう。

 

システムの運用・保守にかかる費用の内訳

・通信費

・カスタマーセンター

・外部人件費

など

 

運用・保守はつけておくと毎月固定費のみを支払えば何かあった時にメンテナンスもでき、アップデートも簡単に行えます。

 

月々の固定費を支払うのが嫌でも、つけておくと後悔することにはならないでしょう。

 

また、月々支払わなければいけないコストとしては、サーバー代もあります。サーバー代はユーザーの多い少ないによって、費用も上がっていきます。そのため、作成したばかりの小規模のアプリなら高額にはなりません。

 

今後、アプリが大きくなっていくとその分サーバーのコストもかかってきます。

 

しかし、この費用はアプリの種類によっても変わります。一般的にWEBアプリと呼ばれるアプリは、ネット環境に依存するのでサーバーは必ず必要となってきます。

 

ネイティブアプリであれば、最初にダウンロードするのは手がかかりますが、ダウンロードさえしてしまえば、オフラインでも活用可能。なので、サーバー動作のWEBアプリより端末動作のネイティブアプリを選ぶと、サーバー代は抑えることができるのです。

 

保守費用以外にもかかるアプリの費用の相場

保守費用と開発費用についてご紹介してきましたが、それ以外にもかかる費用とはどういったものなのでしょうか。

種類別に見ていきましょう。

 

・SNSアプリ(500万~1000万円)

 

SNS系のアプリに関しては、位置情報や新規情報を取得し続けなければいけないので他のアプリより費用がかかる仕組みとなっています。

また、カメラ機能の充実や他のSNSアプリとの連携など、複数の動作を組み込まなければいけない点も費用を高額にしている要因です。

 

・ゲーム系アプリ(300万~1000万円)

企画の段階から膨大な時間と人件費がかかるゲーム系のアプリも比較的費用は高くなります。ゲーム内でのメッセージ機能や通話機能などがあれば、よりコストはかかってきます。どんなゲームを考えるかにもよりますが、安くても300万~500万円は費用がかかってくると考えましょう。

 

・ツール系アプリ(50万~300万円)

ツール系のアプリに関しては、使いやすさと見やすさが重視されます。複雑な内容にはならないので費用もそこまでかかりません。業者やどんなアプリを開発したいかにもよりますが、他のアプリを制作するときより比較的安価になっています

 

アプリにかかる保守費用についてご紹介してきました。WEBアプリやネイティブアプリの違い、どういったアプリを開発したいのかによって費用もさまざまであることがわかりました。コストを抑えてアプリの開発をしたい!という方は、ぜひ弊社のアプリ開発パッケージ「Piece」をご利用ください。

 

■ 失敗しないアプリ開発のために

アプリ開発虎の巻無料プレゼント実施中

アプリを作る目的を明確にせずになんとなくアプリを開発してしまっては、大きな予算をかけてアプリ開発を行っても思ったような成果を得ることはできません。
アプリ開発で失敗しないための、始める前に知っておくべき情報・目的を明確にするためのステップを「アプリ開発虎の巻」を公開中!
販促アプリ開発に大いに役立ててください。

■ まずは資料請求!

先ずは資料請求

JokerPieceでアプリ発注をした際に弊社でできることや、過去の制作例、実績など資料にてご覧いただけます。販促アプリのPieceを受託するだけでなく、よりクライアント様に最適なプラン提案をしながら共に作り上げていく開発スタイルを得意としております。またITエンジニア支援、教育訓練事業も行なっております。