投稿日:

集客アプリ開発に必要な機能やコスト

企業でアプリを開発するとき、販売促進に使用するといった方も多いのではないでしょうか?販売促進と同時に集客も狙っていきたいものです。そういった場合、どのようにしてアプリを開発すればよいのか、迷いどころですね。

今回は、集客アプリの機能や開発にかかる費用などを詳しくご紹介していきます。

 

集客アプリで必須な機能とは?

 

企業で集客アプリを作成したいと考えた時、どのような機能があれば集客ができ、顧客満足度を高められるかわからないといった方も多いのではないでしょうか?

 

では実際に必要となってくる機能について見ていきましょう。

 

・プッシュ通知機能などの情報を発信する機能

一度アプリをダウンロードしてもらった顧客にもう一度来店してもらう、サービスを利用してもらう、などの動機づけにプッシュ通知は有効です。

 

アプリをダウンロードした時点で、顧客の情報は企業側に入ります。アプリ内で購入したものや顧客が閲覧しているページなどを分析し、リピーターへと繋げます。このプッシュ通知をより効果的に使用したい場合は、通知内にリアルタイム情報やクーポンなどの情報を載せるとよいでしょう。

 

・お客様を育てる機能

次に必要となってくるのは、末永く付き合っていける顧客として育てていく機能が重要となってきます。

たくさんの商品を購入、利用してもらうためには会員のランク付け、ポイントシステムなどが効果的です。商品を購入するごとに会員のランクがアップしていき、ポイントが貯まった分だけその顧客だけが優遇されるといった内容です。

 

そういった場合、ランク名などにも気を配ることを忘れないようにしましょう。ランク付けされた会員が自分はプレミアムな存在だと感じられるような工夫が大切です。ゴールド会員、ダイアモンド会員など魅力的な名前をつけましょう。

 

・アプリ内カタログなど気軽に閲覧可能な機能

ファッションや商品購入の情報をパッと見ることができると嬉しいですよね。大量のカタログを閲覧できて、即購入するボタンがついていれば顧客も大満足のアプリになり、集客もできます。また、購入した履歴をSNSなどで同時反映できる機能がついていれば、より集客も見込まれるでしょう。

 

集客アプリの開発にかかる費用とは?

集客アプリを作成したい!と考えて、一番気になるのが費用面ではないでしょうか?ここでは、集客アプリにかかわってくる費用の相場についてご紹介していきます。

 

アプリ開発の初期費用の相場は、30,000~50,000円程度とされています。しかし、この金額は初期費用になるので、もっと充実した機能が欲しい、いろいろカスタムしたいと考えているならさらに費用は高額です。

 

費用は業者によって様々ですが、高額なところだと100,000円以上の初期費用がかかってくるところもあります。また、アプリを開発した後の運用費や保守費用などもかかるので、予算の決まっている企業は、簡単にアプリの開発を依頼しようとはならないかもしれません。

 

選ぶ業者によっては、10,000円くらいのパッケージでアプリ開発できるというものもありますので、上手に選んでいきましょう。

 

集客アプリの開発なら「Piece」へ

 

集客アプリの開発には、たくさんの機能が必要なことがわかりました。弊社ジョーカーピース株式会社のアプリ開発パッケージ「Piece」なら、自分好みの機能のみカスタマイズできて余計なコストもかからないようにできています。

 

集客アプリを開発しようと思っているけど、予算がなくて悩んでいる方にはうってつけのツールです。集客アプリに必要なSNS連携やカメラ、プッシュ通知などもカスタマイズできる機能の中に入っています。

 

店舗のアプリにも活躍しますし、商品購入機能も搭載されているのでECサイトなどにも幅広く使用することが可能です。

 

サイトに比べ、アプリは使い勝手もよくネット環境に依存しないというメリットもあります。自社のブランディングの助けにもなりますし、集客にも活躍してくれるでしょう。

 

昨今、新規顧客の呼び込みより、リテンションマーケティングといった既存顧客からの利益を上げる手法が注目を浴びています。

 

どんな顧客がどんなサービスを欲しているのか、分析も必要になってくるでしょう。そんな時におすすめなのが、マーケティングオートメーションに特化したパッケージ、「PieceMA」です。

 

SNSやWEBサイトなどなどの広告で見込み客の獲得を促します。アプリをダウンロードしてもらい、見込み客を獲得できれば次は営業、育成の段階に入っていくのです。

 

ステップ通知による情報コンテンツの配信を促し、アプリ内にチャットを設けて営業を仕掛けることが重要でしょう。営業に返りがあれば、アプリ内での顧客の行動分析、効果測定による見込み客の育成を行うことで、顧客のリピート率を上げていきます。

 

集客アプリについて、必要な機能や費用についてご紹介してきました。販売促進を検討している方は企業アプリの開発に踏み切ってみましょう!予算がなくて迷っている…と方は、「Piece」のアプリ開発パッケージがおすすめです。ぜひ活用しましょう。

■ 失敗しないアプリ開発のために

アプリ開発虎の巻無料プレゼント実施中

アプリを作る目的を明確にせずになんとなくアプリを開発してしまっては、大きな予算をかけてアプリ開発を行っても思ったような成果を得ることはできません。
アプリ開発で失敗しないための、始める前に知っておくべき情報・目的を明確にするためのステップを「アプリ開発虎の巻」を公開中!
販促アプリ開発に大いに役立ててください。

■ まずは資料請求!

先ずは資料請求

JokerPieceでアプリ発注をした際に弊社でできることや、過去の制作例、実績など資料にてご覧いただけます。販促アプリのPieceを受託するだけでなく、よりクライアント様に最適なプラン提案をしながら共に作り上げていく開発スタイルを得意としております。またITエンジニア支援、教育訓練事業も行なっております。