投稿日:

アプリ開発の費用の比較方法と相場は?シュミレーターで実際に調べよう!!

アプリ開発はいくらから可能なのか、素人には相場が分かりにくいもの。ここでは、最低いくらから開発可能なのか、相場はどれくらいなのかをご紹介しています。

複数の開発会社やパッケージで費用比較できるよう、ぜひ参考にしてみてください。

アプリ開発を頼む際の費用の目安

アプリ開発と一言で言っても、作成するアプリによって工程は異なります。そのため、相場を出すのは難しいのが現状です。

開発会社に依頼した場合、アプリ開発の費用は月単位での人件費工数によって決められることが多く、いわゆる人月計算となります。たとえば新人開発者が人月単価30万円で3ヶ月かけて開発してくれれば90万前後ですが、人月単価100万円のベテラン開発者に同じ期間で開発してもらうと、300万円前後になるのです。

さらに企画をマネージメントする人材、デザインやUIなどの各担当者も必要になり、場合によってはサーバーの費用なども必要です。企画内容が複雑であればあるほど、開発者以外の人件費も加わり、さらに費用がかさんできます。

企画内容そのものも費用を大きく左右します。Android向けか、iOS向けか、両方対応のアプリを作るかという違いだけでも差が出ます。

・OS(AndroidとiOS)対応の範囲
・ユーザー個人情報を利用するか否か
・ログインの要不要
・アプリ内に決済機能を入れるか
・他社ツールと連携させるか
・機能(カメラ機能など)を追加するか
・デザインはどちらが用意するか(自社か開発会社か)

費用の目安を算出する際は、少なくともこれらのポイントを煮詰めておく必要があります。開発費用の実績や目安を提示している会社もありますが、どの程度のことができる想定で算出されているのかを必ずチェックしましょう。

安いからと飛びついたら、デザイナーやサーバーは自社で用意しなければならない、ということもあり得ます。

実際にアプリ開発をシミュレーションしてみた結果

費用の目安を知るには、実際に大まかな企画を立ててシミュレーションしてみるのが確実です。たとえば、以下の条件でアプリ開発すると仮定してシミュレーションしてみましょう。

・iOSのみ対応
・アプリ上で動画を流したい ・グーグルマップと連携したい
・アプリ上で決済はしない
・メールアドレスでログインできるようにする
・デザインも開発会社に外注する
・デザインコンセプトなども未定で、一からすり合わせる

この条件でシミュレーションしてみると、687,000円〜840,000円という結果になりました。
弊社が提供しているアプリシミューレーターをご利用いただければ、大まかな費用と、開発期間のシミュレーションができますので、ぜひご利用ください。
掛かっている費用の内訳などもメールでご案内していますので、アプリ開発の検討や、予算見積もりの際にご活用いただけます。
※あくまでこちらは、シミュレーション上での金額ですので、詳しくヒアリングした内容によっては費用は上下します。

また会社ごとにアプリ開発の費用見積もりは結果が異なります。
アプリ開発のとある講座で参加者が複数のグループに分かれ、同じ条件で開発費用を算出した結果、100万円台のチームもあれば1,000万円を超えるチームもあったそうです。平均は350万円でしたが、こんなにも大きな幅が出てもおかしくないのがアプリ開発です。

シミュレーション結果は一例として、実際に依頼する前に複数の開発会社に見積もりを出してみましょう。

また、他のアプリやサービスなど異なるデータベースを利用する場合は、さらに高額となる可能性があることも想定しておいてください。

低コストでのアプリ開発を可能にしたパッケージがある

アプリ開発の相場はピンきり。契約内容や機能の制限によっては、低コストでアプリ開発も可能です。

開発会社の中には、基本の機能のみつけられたパッケージを用意しているところもあります。たとえば、シンプルな機能で管理維持費のみを請求するパッケージの場合、以下の条件でアプリ開発を行うと、開発費用は0円になります。

・既存のテンプレートを利用する
・デザインなどこまかいところは自社で用意する
・つける機能は基本のプッシュ通知、お知らせ、クーポン、フライヤーのみ
・管理画面の利用料は1ヶ月あたり10,000円

このパッケージを利用すると、開発費用は0円で維持費も10,000円で済みます。もちろん、自社でデザインを用意するデザイナーや管理画面編集者の人件費は別にかかりますが、外注で発生する費用は毎月10,000のみです。

ちなみに、このパッケージは実際に取り扱いのあるサービスです。アプリ開発業界最安値を豪語する「piece」の最安値価格です。

このパッケージタイプの良いところは、低コストではじめられる上、欲しい機能を単価で追加できる点です。上記の基本パッケージにプロフィール設定やSNS連携など4つの機能を追加した場合、ひとつの機能で40,000円、合計160,000円です。月額の管理費用は20,000になりますが、それをあわせても20万円未満にしかなりません。

アプリ開発をシミュレーションした結果でもご紹介したとおり、ひとつひとつ機能を決めていく(一から作る)場合は、1,000万円に及ぶケースもあります。デザインに凝ったり、目新しい機能をつけたりすれば、さらに高額な一大プロジェクトになるでしょう。

シンプルな機能からはじめたい、低コストにおさえたい、そのような方は、一から開発会社とすり合わせるのではなく、基本機能のみのパッケージプランを試してみてはいかがでしょうか。

おすすめは、今回ご紹介した「piece」です。パッケージと言っても追加機能は豊富で、配送状況の確認、動画撮影、お店のスタンプカードなど、あらゆる業界で利用できるように工夫されています。

アプリ開発の費用は、「この機能ならこの値段です」とはっきり相場を出せないものです。かかる人件費で見積もることもあるため、低価格となる場合、かなりの高額となる場合も珍しくありません。

費用を比較するには、シミュレーションと実際に複数の見積もりを見るのが確実です。そのためにどのようなアプリを開発するのか、開発期間や機能など最低限の条件は決めてから費用の比較を行いましょう。

迷ったときは、最低限の機能を低コストで利用できるパッケージプランもおすすめです。

■ 失敗しないアプリ開発のために

アプリ開発虎の巻無料プレゼント実施中

アプリを作る目的を明確にせずになんとなくアプリを開発してしまっては、大きな予算をかけてアプリ開発を行っても思ったような成果を得ることはできません。
アプリ開発で失敗しないための、始める前に知っておくべき情報・目的を明確にするためのステップを「アプリ開発虎の巻」を公開中!
販促アプリ開発に大いに役立ててください。

■ まずは資料請求!

先ずは資料請求

JokerPieceでアプリ発注をした際に弊社でできることや、過去の制作例、実績など資料にてご覧いただけます。販促アプリのPieceを受託するだけでなく、よりクライアント様に最適なプラン提案をしながら共に作り上げていく開発スタイルを得意としております。またITエンジニア支援、教育訓練事業も行なっております。