投稿日:

スマートフォンのクーポンはO2Oに効果的!その理由について徹底解説

私たちの生活でもはや手放せない存在となったスマートフォン。 いつ、どこでも商品の情報を入手し、その場で購入できるようになったため、 実際の店舗へ足を運ぶ回数は以前より少なくなっていることでしょう。

実店舗での売上が伸び悩む中、企業はなんとかして顧客を呼び込むために、O2Oマーケティングの一環としてクーポンの活用に励んでいます。

今回はO2Oマーケティングにおいて、クーポンを活用することにメリットがあるのか、詳しく解説します。

O2Oマーケティングにはスマートフォンのクーポンが最適!

O2Oマーケティングを始めるにいたって、手っ取り早い方法としてクーポンの活用が挙げられます。 私たちの日常生活で身近な存在ではありますが、マーケティングにおいて、クーポンはどのような役割を果たしているのでしょうか。

クーポンの役割

クーポンは主に「割引」のイメージが強いように思われますが、実際に企業側にとって顧客を維持するのに必要なメリットを持っています。
第一に新規の顧客を獲得するのにうってつけの手法であること。 新しい顧客がサービスへの愛着を持つために、クーポンを配布することで、企業や店舗に良い印象をもたらす効果があります。

既存の顧客に対しても、一人ひとりの購買履歴に応じてクーポンを発行すると、 次も利用しようとする意識が芽生え、リピーターの育成や優良顧客の維持をすることにもつながります。

O2Oとクーポンは相性がいい

O2O(Online to Offline)とは、ネットなどのオンライン上から実際の店舗への誘導を促すマーケティングの施策を指します。
クーポンはまさしく、店舗に足を運ぶためのきっかけとして最適な方法と言えるでしょう。 クーポンといえども、今日では企業が工夫を凝らして、ユニークに富んだクーポンが提供されています。

クーポンを利用するときに、紙のチケットを使うのと同じような感覚でクーポンを「もぎる」ことができたり、 スマートフォンを振ると近隣の店舗で発行しているクーポンを検索できるなど、顧客が楽しめるような体験が持ち込まれています。

O2Oマーケティングでクーポンを活用するメリット

O2Oマーケティングにおいて、クーポンを活用するとどのようなメリットがあるのか、詳しく解説します。

顧客の情報に合わせてクーポンを配布できる

顧客にクーポンを提供するには、配信のタイミングとクーポンの種類が重要です。 顧客をなんとかしても呼びたいと思って、やみくもにクーポンの情報を送り続けると、かえって逆効果になります。
確実に店舗へ誘導するには、顧客の属性に基づいたクーポンを配信するのが得策です。 例えば、スマートフォンの位置情報を頼りに、近隣の店舗の情報を知らせ、来訪者限定のクーポンを配信すれば、顧客にアプローチできます。

また、顧客の購買履歴やステータスに応じてクーポンを配布すると、顧客のロイヤリティを高めることにもなります。

O2Oとオムニチャネルの統合をサポートする

オムニチャネルとはWebや店舗に関係なく、顧客に対して同等の価値のある接客を提供する施策のことです。
O2Oが顧客をオンラインから実店舗へ誘導をするのに対し、 オムニチャネルはオンラインと実店舗の区別をすることなく、同じ収益を確保できます。

O2Oはあくまで顧客を誘導するための施策であるため、必ずしも結果に結びつくとは限りません。
そこで購買チャネルの差をなくすオムニチャネルを取り入れることで、顧客の囲い込みを図ることができます。

クーポンを利用することで、O2Oの手法で顧客を実店舗へ誘導し、 オムニチャネルの体制を整えることで、オンラインのときと同様のサービスを受け取ることが可能です。

スマートフォンのクーポンを活用したO2Oの事例

O2Oマーケティングを取り組むために、スマートフォンでクーポンを活用したアプリの事例について紹介します。

マクドナルド

マクドナルドでは、有効期限内であれば何度も利用できる割引クーポンを配信しています。
ハンバーガーの単品は20円~50円割引され、店頭価格より5%~15%引かれることになります。 これがさらにセット商品になると20円~120円割引となり、最大で25%引かれます。

その他にも誕生日限定で小学生以下のお子様にお得なクーポンや期間限定のクーポンを配信するなど、 さまざまな種類のクーポンを取り揃えています。

ガスト

ガストの公式アプリでは、顧客の年齢や性別、居住地や子どもの有無などの情報に応じたクーポンを提供していることが特徴です。
近隣のお店を検索できたり、来店するたびにポイントが付与されたりなど、顧客にとってたくさんのメリットのある機能がついています。

配信されるタイミングも顧客の属性に基づき、クーポン情報がプッシュ通知されるため、効率よく来店促進をすることができます。

もしO2Oマーケティングの施策として、アプリでクーポンを活用するなら「Piece」(https://jokapi.jp)が最適です。
目的に合わせたクーポンを配信することができるので、ぜひご検討ください。

まとめ

クーポンは新規の獲得のみならず、既存の顧客をつなぎとめるためのツールとして最も有用であることは明らかです。 スマートフォンが手放せない生活になった今、いかにして顧客を店舗に誘導できるかが企業の命運を左右します。

マーケティングの戦略を立てるためには、オンラインでの情報提供を手厚くし、実店舗に行くメリットを増やすことが重要です。 クーポンを活用する際には、顧客のことを理解したうえで、効率よく配信していくことをおすすめします。

■ 失敗しないアプリ開発のために

アプリ開発虎の巻無料プレゼント実施中

アプリを作る目的を明確にせずになんとなくアプリを開発してしまっては、大きな予算をかけてアプリ開発を行っても思ったような成果を得ることはできません。
アプリ開発で失敗しないための、始める前に知っておくべき情報・目的を明確にするためのステップを「アプリ開発虎の巻」を公開中!
販促アプリ開発に大いに役立ててください。

■ まずは資料請求!

先ずは資料請求

JokerPieceでアプリ発注をした際に弊社でできることや、過去の制作例、実績など資料にてご覧いただけます。販促アプリのPieceを受託するだけでなく、よりクライアント様に最適なプラン提案をしながら共に作り上げていく開発スタイルを得意としております。またITエンジニア支援、教育訓練事業も行なっております。