投稿日:

顧客管理アプリのメリットと成功事例を紹介!ビジネスを円滑に進める鍵はそこにある

顧客管理は一つ一つの取引先情報や問合せ内容を把握して、取引先とのスムーズなビジネスを確立するための管理方法をさしています。営業や営業事務に関しては、顧客管理を上手くすることで販売戦略を立てられるだけでなく、密接な信頼関係を築く上でも重要なものになっています。今回は顧客管理が手軽に管理できるアプリ事情を導入メリットや成功事例とともにお伝えします。

 

顧客管理アプリを導入するメリット

 

顧客管理アプリは、現在多くの企業や事業者が注目を集めています。手書きの帳簿からエクセル管理、そして今では、クラウド上へと管理の場所を変えながら進化しています。顧客管理が、なぜこれほどまでに注目を集めるようになってきたのでしょうか。

 

■顧客管理アプリが注目を集める理由

 

顧客管理アプリは、顧客の基本情報(年齢・性別・エリア・性格・好み)や販売履歴(営業訪問履歴・希望・要望・苦情)、展示会来場回数やセミナー参加歴なども一括で管理ができます。

 

今までは担当者しか知り得なかった雑談から生まれるような些細なことも、顧客管理アプリを利用することで社内の人達と共有することができるため、かなり効率的な仕事ができるようになっているのです。

 

・アプリなら時間、場所を問わず活用することができる。

 

顧客管理アプリなら、スマホでいつでも膨大な量の情報を持ち歩くことが可能です。会社に電話して人に聞かなくても、手帳に書き留めなくても、開けばそこに情報が詰まっています。

 

時間や場所を問わないから出張先でも確認できますし、自宅残業の際にも資料としてパパっと検索可能です。煩わしさのないスマートな閲覧ができるのが魅力です。

 

・顧客情報の共有

 

顧客管理アプリはCRMと呼ばれるシステムを採用するものがほとんどです。主にクラウドサービスとして活用されるので、社内の誰でも情報にアクセスでき、情報の周知徹底を図ることができます。

例えば、大きな取引先の社長が来社予定になっていれば、営業はそれまでの準備を・総務は手土産や食事の手配を・広報は広報紙用の撮影準備を、といったようにそれぞれに必要な仕事が1つのアプリから読み取ることができます。

 

・分析

 

顧客分析ができるようになってくると、どの顧客にどんな営業アプローチをかければいのか、どのくらいのスパンで訪問すればいいのかなども見えてきます。また、最近脚が遠のいてしまっている顧客はいないか、メルマガ配信の顧客先はどこの誰が有効なのかも見えてくるようになります。

 

強力なバックアップサポートを活用しながら、自身の成長戦略に役立てることができますから、企業全体の個人の営業スキル・行動スキルを上げていけるようになってきます。

 

このような理由から、顧客管理アプリはたくさんの注目を集めていて、どんどん開発する企業が増えてきているのです。

 

顧客管理アプリの成功事例

 

それでは実際に顧客管理アプリを開発し、成功をした企業を見ていきましょう。

 

・Salesforce Sales Cloud(セールスフォースセールスクラウド)

 

セールスフォースは約20ヵ国の言語に対応し、海外進出をはかりたい企業などが数多く利用している顧客管理アプリです。案件管理や進捗状況を簡単に把握できるようにし、顧客情報の管理に大変便利です。

 

さらには、売上分析などを手軽にし、顧客情報管理、案件管理、営業担当者に必要な参考資料やレポートなどを共有し一括管理できます。

 

 

・Zoho CRM(ゾーホー)

 

ゾーホーでは、企業が抱えている悩みを集約して作られた顧客管理アプリです。導入のコストや手間を省くことを徹底されていて、個人事業主の方や中小企業の方などにも重宝されています。

 

・ kintone(キントーン)

 

顧客情報の素早いやり取りが可能になったアプリです。必要なシステムを、いつでもどこからでも組み立てられるサービスになっています。

顧客データの閲覧や編集はもちろんですが、データの追加や写真の添付なども簡単に利用できます。変更等があれば一斉通知してくれるので、大切な情報の変化にもしっかりついていけるアプリになっています。

 

・Sansan(サンサン)

 

サンサンは名刺管理の顧客管理アプリです。写真を読み込むだけで様々な情報を管理することが可能になっており、情報入力の手間も省ける画期的なアプリです。正確な情報管理が売りですので、売上アップにつながるビジネスチャンスを見つけられます。

 

・ユビレジ

 

ユビレジは、指一本でレジとして操作でき、世界で2万以上の企業で採用されている全世界初のiPadで利用できるPOSレジシステムです。店頭の場所を取らずにシンプルな会計のスタイルが人気となっています。

 

 

各企業にあわせて顧客管理のスタイルも大きく異なります。自社の顧客管理を持つことで、他社に負けない戦略が見えてくるかもしれません。ご検討される方は、Pieceでアプリ戦略を立ててみてはいかがでしょうか。

 

顧客管理がアプリで1本化されると、今までの戦略のダメだったところもハッキリ見えてきます。今後の前進には今までの反省も欠かせません。アプリ開発で自社も顧客も知り尽くして新たな世界を作っていきましょう。

 

 

■ 失敗しないアプリ開発のために

アプリ開発虎の巻無料プレゼント実施中

アプリを作る目的を明確にせずになんとなくアプリを開発してしまっては、大きな予算をかけてアプリ開発を行っても思ったような成果を得ることはできません。
アプリ開発で失敗しないための、始める前に知っておくべき情報・目的を明確にするためのステップを「アプリ開発虎の巻」を公開中!
販促アプリ開発に大いに役立ててください。

■ まずは資料請求!

先ずは資料請求

JokerPieceでアプリ発注をした際に弊社でできることや、過去の制作例、実績など資料にてご覧いただけます。販促アプリのPieceを受託するだけでなく、よりクライアント様に最適なプラン提案をしながら共に作り上げていく開発スタイルを得意としております。またITエンジニア支援、教育訓練事業も行なっております。