アプリ開発時の心得 ―流れ・企画・発注― 販促アプリ開発ラボ | 販促アプリ・企業アプリの開発パッケージPiece(ピース)
「アプリ開発虎の巻」無料プレゼントを受け取る

アプリ開発時の企画書の書き方から発注方法まで|企画作りでアプリ開発を成功に導く!!

アプリ開発のための企画!その3つの柱とは

アプリ開発において最も大切なのが企画です。企画がその後の成功か失敗かを分ける大きな要因になります。

 

その企画段階で明確にしておきたいポイントは大きく分けると3つあります。

これらをひとつの指針とすることで、開発チーム内での認識の相違を防ぐ効果があるほか、その後の開発をスムーズに進めていくことができます。

 

1:ユーザーゴールの設定

ユーザーがアプリを利用することで、成し遂げられる「物事」を決めていきます。言い換えるなら、ユーザーにとってのメリットでもあります。

ユーザーが手に入れる恩恵を考えることはアプリ設計において最も重要な部分です。

例)目的地への最短ルートを探すことができる
目的に合わせて近くのお店を探すことができる
興味のあるニュースをリアルタイムで知ることができる、など

 

2:ビジネスゴールの設定

ユーザーがアプリを利用することによって、提供側である企業が得られるビジネス的な目標、目的です。

集客や認知度の向上、ユーザーからの意見の吸い上げなど、「何のためにアプリを作るのか」を明確にしましょう。

 

3:機能

前述の2つのポイントに照らし合わせつつ、本当に必要な機能のみを選ぶようにしましょう。

機能が多過ぎるとアプリ自体の容量が重くなったり、逆に使い勝手が悪くなったりするリスクもあります。

また、開発コストが高額になる可能性が高くなるので、最初は最低限の機能のみのアプリを作り徐々に機能を追加していくのがおすすめです。

その際は、類似アプリを参考にするといいでしょう。

 

『ユーザーゴール』『ビジネスゴール』を明確にするためにペルソナを設定しよう

ユーザーゴールやビジネスゴールを決めるときには、ターゲットとなる仮のユーザー像(ペルソナ)を設定すると、アプリを利用する様子をより明確にイメージしやすくなります。

また、ペルソナに合わせて「どのような経緯で、アプリをインストールするに至ったか」のストーリーを具体的に整理してみると、必要な機能や適切なビジネスゴールが見えてきます。

 

ペルソナを決めるときには、実在する人物のように性別や年齢、職業といった基本的な項目から、家族構成や居住状態、趣味、1日の大まかなスケジュールなどまで細かく設定します。

これらのプロフィールが確立できれば、次は各項目から予見できるスキル・知識・経験についても設定項目(一人暮らしであれば、家事のスキルがある等)を広げて、ユーザー像を練っていきましょう。

 

そのユーザーの好むデザイン、そのユーザーが求める機能、そう言ったものを企画書に落とし込んでいきます。

 

アプリ企画書の書き方

ここまでの作業で練った概要をまとめ、企画書を作成します。

企画書はアプリ開発の際、最終的な目的を見失わないための羅針盤になります。

 

まずは、企画したアプリでユーザーができることを整理していきます。

例えば、「お気に入り機能」ならば「ワンタッチで登録したお気に入りの商品を、リストにして後で見られる機能」「他に気になった商品と比べることができて、編集や削除も可能」など、詳細も記しておきます。

 

次に、アプリのUI(ユーザーインターフェース)を考えます。画面には何を表示しておくと利便性が高いかなどを考え、機能と合わせた画面の遷移図(アプリマップ)を作成します。

 

さらに、画面の動きを含めた仕様をまとめておくと、どのようなアプリを目指しているのかを伝えやすくなります。この画面の仕様をまとめたものを仕様書と呼びます。

 

仕様書には、それぞれの画面に「画面の名前」や「画面番号」などをつけていくことで、 どの画面から遷移してくるか、直前の画面番号:画面名、次の画面番号:画面名を記載し、それぞれの画面が全体のなかで、どのような意味を持つのか、目的と概要も記しましょう。

 

これら一連の資料は、あくまでも仕様や必須条件を伝えるためのものです。まとまりや体裁の美しさは二の次とし、実際に開発を行う技術者が必要な情報を理解しやすいように漏れなく記載することが重要です。

 

企画したアプリを発注するには

企画書が完成したら、資料を元に開発会社に見積もりを取ります。開発スタイルは大きく分けて2種類あり、それぞれにメリットとデメリットがあります。

アプリの性質や規模に適した開発スタイルを選びます。

 


アジャイル型

『アジャイル』とは、「素早い」「機敏な」という意味に加え、「頭の回転が速い」というようなニュアンスが含まれる単語です。

そのアジャイル型の開発では、『計画→設計→実装→テスト』というシステム開発の工程を何度も繰り返すことでプロジェクトの変化に柔軟に対応することを重視した開発を行います。

プロジェクト開始時に想定していたシステムが本当にプロダクトの価値が最大化されるとは限りません。

 

開発の中でより良いアイデアや、周囲の状況に合わせた仕様変更が生まれる可能性があるのです。

そこで、プロダクトの価値を最大化させるために仕様変更を前提として小さな開発工程のサイクルを回しながらシステムを作り上げていきます。

 

デメリットとして、全体のマネジメントは複雑化してしまう可能性があり、システム開発の管理者の役割が非常に重要になってきます。

 

ウォーターフォール型

ウォーターフォール型では、「計画」「設計」「実装」「テスト」の工程をきっちり分割し、「計画」から順に一つずつ作業を進めていきます。

まるで工場の製品の製造のように、一つ一つの工程を順に経て完成まで流れるように作業が進みます。

ウォーターウォールの場合、作業を巻き戻すことができないので、プロジェクトのはじめに要件定義や設計を完全に作り込む必要があります。

開発を開始するまでに長い時間がかかりますが、進捗の管理がしやすく、最初の設計通りの成果が上がってくるので要件定義や設計後は安心して待つことができます。

ただ、逆にトラブルや急な仕様変更に対応することが難しく、やり直しや仕様変更に大きなコストが発生します。

 


 

開発会社との契約形態には3つの種類があります。

契約内容の違いによって受けられる保証やコストが大きく変わるため、慎重に選定する必要があります

 

請負契約

完成したアプリ(成果物)の対価として報酬を支払う契約です。

資料が揃っており、作りたいものが明確に決まっている場合に適しています。納期もコストも事前に提示され、「後は開発するだけ」の場合には最も『短納期』で『低コスト』です。

しかし、開発途中での仕様変更は難しく、トラブルや追加対応に際して結果的にはコストが高くなる危険もあります。

 

ラボ契約(準委任契約)

月ごとの契約で、作業時間と内容に対して対価を支払う契約です。仕様の変更への対応も柔軟で、コストの内訳が明瞭です。

しかしこの契約では開発会社側に完成責任が問えないため、納期が延びたりコストがかさんだり、といったデメリットが生じます。

 

派遣契約

労働時間に対して対価を支払う契約で、開発側は純粋に開発スキルのみを提供します。

開発場所も発注者が用意することになるため、密なコミュニケーションが取れ仕様変更などに柔軟な対応が期待できます。

しかしラボ契約同様、完成責任が問えず開発期間が延びる恐れがある他、能力はエンジニアによって格差があるため、当たり外れの大きな契約になります。

 

作りたいものがはっきりと見えている場合には「請負契約」

柔軟な対応や微調整を重要視するのであれば「ラボ契約」

細かな指示のやりとりが必要である場合などは「派遣契約」

のように、各契約の特徴を把握し、自社の状況や求めているものに適した契約を結ぶことが大切です。

今回は、アプリ開発前に心得ておきたい、流れや企画、発注に関して解説しました。アプリ開発時にはぜひ参考にしてみてください。 その他にも、アプリ制作などはジョーカーピースまでお問い合わせください!