投稿日:

はじめてのアプリ開発を依頼する方法?開発業者の選び方から注意点まで徹底解説

最近では、アプリを利用する場面が多くなっています。 個人でも日常生活にアプリを使うことがありますが、企業でもアプリを必要とするケースも増えています。

そんな中で、アプリ開発を依頼したいという方もいるのではないでしょうか。 そこで今回は、アプリ開発を依頼するときの方法について解説していきます。

アプリ開発はどうやって行う?依頼すべき?

ここからは、アプリ開発を自分たちで行うのと、依頼して開発してもらうのとどちらがいいのかについて解説していきます。

アプリは独学で開発できるか?

アプリ開発をする方法に、独学で開発するというものがあります。 もしかすると、独学でアプリを開発してみようかなと甘い考えをもっている方もいるかもしれませんが、 独学でのアプリ開発は簡単ではありません。

例えば、アプリ開発のためには、アプリの仕組みを理解したり、開発するために必要な言語を学ぶ必要があります。
また、言語が学べたとしても、開発したアプリが正確に動くくらいのスキルが必要です。

また、アプリ開発をしていると、トラブルが発生することもありますが、それも自分で対処できるくらいのスキルが必要です。
このように、独学でアプリを開発することは不可能ではありませんが、独学で開発するには、時間と労力がかなりかかります。

アプリ開発は依頼すべき

先ほど独学でのアプリ開発について解説しましたが、アプリ開発は依頼したほうがいいです。 独学で開発すると不安な部分もでてきますが、アプリ開発のプロに依頼することで安全性を確保することができます。

また、プロに依頼することで、アプリの仕様や内容などを自分たちの望む形で開発してもらえます。 内容は決まっているが、仕様(見た目など)はまだ決まっていない場合などでもプロに相談すると提案してくれる場合もあります。 必ず提案してくれるわけではありませんが、アプリ開発の経験値が高いということは魅力です。

さらに、アプリ開発のプロは高度な専門知識やノウハウを持っています。 そのため、より依頼者が使いやすく、利便性の高いアプリを開発してくれます。
このように、アプリ開発をプロに依頼することによって、よりよいアプリを開発することができるでしょう。

アプリ開発業者の選び方

アプリ開発を依頼するときに、どのアプリ開発業者にするか悩む場合があります。 ここからは、アプリ開発業者の選び方を解説していきます。

アプリ開発はどこに依頼すべきなのか?

アプリ開発をどこに依頼すべきかを決める基準はいくつかあります。
1つ目は、実績があるかどうかです。しっかりとした実績があるということは、さまざまなノウハウを持っているということなので、 いろんな種類のアプリ開発に対応できます。 また、開発したアプリのメンテナンスが行いやすくなる可能性が高くなります。

2つ目は、提案をしてくれるかどうかです。 自分がアプリの開発をしたことがない場合、うまくアプリについて説明できない場合もあります。
そういったときに、最適なアプリの内容や見た目などを提案してくれる業者を選ぶといいです。 提案してくれた案を参考にしてアプリ開発をしてもらえます。

3つ目は、悪い口コミはないかどうかです。自分が利用したいアプリ開発会社の評判を確認してみてください。
もしいい評判であれば、利用を検討するといいと思いますが、 対応が悪い・開発したアプリの性能が悪いなど悪い口コミがあれば、検討しなおす必要があります。

4つ目は、自社アプリを持っているかどうかです。 自社アプリをリリースしているということは、アプリ開発のノウハウはもちろん、 リリース後の対応についてのノウハウもあるということになります。 もし、自社アプリをリリースしていないのであれば、アプリの開発だけしてその後の対応のノウハウがない可能性があります。 このような基準で、アプリ開発業者を選ぶとよいでしょう。

アプリ開発を依頼するときの注意点

アプリ開発を依頼するときの注意点として、納期を明確にするということがあります。 開発を依頼するアプリの種類によって納期は変化します。 自分たちが依頼する開発作業にはどのくらいの期間が必要かあらかじめ決めておく必要があります。

もし、わからなければ、アプリ開発業者と話し合うことも大切です。 また、アプリの企画は自分たちで行うことが重要です。 自分たちがアプリを開発する目的を考え、具体的にどのようなアプリを開発したいのかを明確にしておきましょう。

企画まで開発業者に任せると、希望通りのアプリができない場合がありますし、開発業者とトラブルが起こる可能性もあります。 しっかり自社で企画するようにしてください。

さらに、保守性についても見ていく必要があります。 アプリは開発したら終わりというものではありません。開発後にメンテナンスや機能を追加する場合があります。 そういった保守作業をしっかり行ってくれる開発業者を選ぶ必要があります。

まとめ

ここまでで、アプリ開発を依頼する方法や注意点について解説しました。 アプリ開発は独自でやろうとすると時間も労力もかかりますが、 アプリ開発業者に依頼することで楽にアプリを開発することができるということを覚えておいてください。

■ 失敗しないアプリ開発のために

アプリ開発虎の巻無料プレゼント実施中

アプリを作る目的を明確にせずになんとなくアプリを開発してしまっては、大きな予算をかけてアプリ開発を行っても思ったような成果を得ることはできません。
アプリ開発で失敗しないための、始める前に知っておくべき情報・目的を明確にするためのステップを「アプリ開発虎の巻」を公開中!
販促アプリ開発に大いに役立ててください。

■ まずは資料請求!

先ずは資料請求

JokerPieceでアプリ発注をした際に弊社でできることや、過去の制作例、実績など資料にてご覧いただけます。販促アプリのPieceを受託するだけでなく、よりクライアント様に最適なプラン提案をしながら共に作り上げていく開発スタイルを得意としております。またITエンジニア支援、教育訓練事業も行なっております。