投稿日:

最適な業者の選び方は?アプリ開発会社を見極めるポイントと注意点を解説!!

アプリの出来はアプリ開発会社の選び方によっても左右されます。間違えるとクオリティが低くなるだけでなく、費用に見合わなかったり納期に遅れたりするなど様々なトラブルが発生します。数あるアプリ開発会社の中からどのように選べばいいのでしょうか。

アプリ開発会社の選び方

多くの場合、依頼する側はアプリがどのように制作されるのか詳しくはなく、漠然としたイメージでアプリ開発会社に制作を依頼することになります。

実績で選ぶ

だからこそ同様のアプリを制作した実績があるアプリ開発会社を選ぶのが重要です。過去の経験に基づいて的確な提案ができたり、独自ツールの使用で納期を早めたり安く制作できたりするでしょう。

提案力で選ぶ

提案力のあるアプリ開発会社なら、たとえ箇条書きのアイデアだけで依頼しても具体的なデザインや設計が可能です。またユーザーの目線に立って必要な機能を盛り込んでくれます。さらに綿密なコミュニケーションを取れると、開発中の手直しも容易です。

技術力で選ぶ

アプリの開発を支えるのは技術力です。エンジニアの技術力はもちろん、人数も重視したいポイントです。その点では大手の開発会社が有利ですが、中小でも海外にアウトソーシング(オフショア)するなどして同様の技術力と人数を確保しているところがあります。

価格で選ぶ

開発にかけるコストはできるだけ抑えたいものです。ただし価格を優先した選び方をするとアプリのクオリティが低かったり、納期を守れなかったりするなどのトラブルに見舞われがちです。複数のアプリ開発会社から見積もりを取れば、予算の範囲内で最良のアプリを制作してくれるところを見極めやすいでしょう。

スピードで選ぶ

アプリは立案してから早く世に送り出したほうが効果は大きくなります。ただし、納期の早さばかりアピールしてくる開発会社は要注意です。本当に実現できるのか、実現できたとしてもクオリティを保てるのか確認しましょう。やはり実績や技術力、価格と照らし合わせたいところです。

どうやってアプリ開発会社を探すのか

新規にアプリを制作するなら、まずアプリ開発会社を探さなければいけません。アプリの制作を外注した経験があっても、付き合いのあるアプリ開発会社に不満があって新たなところを探す場合もあるでしょう。

探し方としては「知人からの紹介」が大半を占めます。知人といっても個人だけではなく取引先の企業や付き合いのあるアプリ開発会社、社内の他部署も含まれます。まったく見ず知らずのアプリ開発会社よりも信頼性は高いでしょう。

次に多いのが「インターネットでの検索」です。「アプリ 開発」で検索すれば全国各地のアプリ開発会社がリストアップされます。その中から実績や予算、コミュニケーションの取りやすさに基づいて発注する選び方です。

ただし、このような探し方をした新規のアプリ開発会社に対する満足度は概ね低く、大半が失敗したと感じています。知人からの紹介では安心しきって他社との比較をしなかったり、ことわりづらかったりするのが原因です。インターネットでの検索であれば信頼性や技術力を見極められなかったというのが考えられます。

最近ではこうしたミスマッチを防ぐため、作りたいアプリに応じて最適な開発会社を紹介してくれるマッチングサイトがあります。例えば発注ナビ株式会社の発注ナビです。

自らアプリ開発会社を探すこともできますし、発注内容をもとに発注ナビの専門スタッフと相談しながら厳選した3~5社を紹介してもらうこともできます。利用は無料で紹介までの時間が短く、何よりもマッチングの精度は他の探し方より期待できるでしょう。紹介されたところを断っても、その後で営業の電話やFAXが来る心配もありません。

自力でアプリ開発会社を探すのに限界を感じたら、こうしたマッチングサイトの利用も検討してみましょう。

アプリ開発会社選びの注意点

アプリの開発ではどんなに綿密な計画をしても想定外のトラブルが発生します。アプリ開発会社選びには、こうしたトラブルの対応にも注意が必要です。

まず費用です。基本的に見積もりの金額でアプリが完成して公開されるのが望ましいですが、大幅な修正や追加開発が発生すると別料金を請求される場合があります。完成後に不具合が発生したときの保証も気になるところです。そもそもアプリのクオリティが低いと支払うのも躊躇われます。費用に関しては特にトラブルになりやすいので、どのタイミングでどこまで支払うかアプリ開発会社と十分に話し合いましょう。

またアプリは公開して終わりではなく、長期的なサポートが必要です。例えば顧客データなど取得した情報を保存するならサーバーの保守を、OSや組み込んでいる外部サービスの仕様が変更になったらバージョンアップをしなければいけません。それに対してどれくらいの費用がかかり、どこまでサポートしてくれるのか確認しましょう。安全性の高いアプリ開発会社としてはPieceがおすすめです。参考にしてみてください。

どのアプリ開発会社が最適なのか見極めるのは難しいものです。特に初めてアプリの制作を外注する場合は選び方に悩んでしまいます。基本は複数のアプリ開発会社に話を聞いてもらうことであり、その上でアプリの仕様を実現してくれて予算や納期など要望に応えてくれるところが望ましいでしょう。最近では発注内容に応じて最適なアプリ開発会社を紹介してくれるマッチングサービスもあります。

■ 関連記事

■ 失敗しないアプリ開発のために

アプリ開発虎の巻無料プレゼント実施中

アプリを作る目的を明確にせずになんとなくアプリを開発してしまっては、大きな予算をかけてアプリ開発を行っても思ったような成果を得ることはできません。
アプリ開発で失敗しないための、始める前に知っておくべき情報・目的を明確にするためのステップを「アプリ開発虎の巻」を公開中!
販促アプリ開発に大いに役立ててください。

■ まずは資料請求!

先ずは資料請求

JokerPieceでアプリ発注をした際に弊社でできることや、過去の制作例、実績など資料にてご覧いただけます。販促アプリのPieceを受託するだけでなく、よりクライアント様に最適なプラン提案をしながら共に作り上げていく開発スタイルを得意としております。またITエンジニア支援、教育訓練事業も行なっております。