投稿日:

O2Oマーケティングの成功はアプリの活用が必須!?成功例もあわせて紹介

ここ数年で耳にするようになった「O2O」。一見B2B(Bussiness to Business: 企業間取引)やB2C(Business to Consumer: 企業対消費者間取引)のような、ビジネスにおける取引のあり方を表す語の1つのようにも見えなくもありません。誤解されやすいのですが、O2Oは取引のあり方ではなく、実はマーケティングに関する用語です。Online to Offline の略語で、オンラインとオフラインで購買活動を連携させるマーケティング戦略のことを指します。今回はO2Oマーケティングについて、具体例をご紹介しながら、詳しく説明します。

 

O2Oマーケティングとは?

■O2Oとは

O2Oは、Online to Offlineの略語。Webページやアプリなどオンラインの場から

実店舗やイベントなどのオフラインの場へ、顧客を誘導する施策のことです。一般的には、オンラインかオフラインへの誘導ですが、ごく稀に「オフラインからオンラインへの誘導」という逆の意味で使われることもあります。

 

■O2Oマーケティングが効果的な理由

O2Oマーケティングが重要とされている背景には、スマホやアプリの普及・Eコマースの普及などがあげられます。スマホやアプリが普及するに従い、消費者がオンライン上にいる時間はますます長くなっています。加えて、Eコマース利用率もあがり、消費者が実店舗(オフライン)で購入する機会は減っています。

 

そこで、オンラインにいる消費者をオフラインの実店舗に誘導することで売り上げを伸ばすO2Oマーケティングが必要になったのです。

 

O2Oマーケティングに活用できる機能としては、SNS連携やQRコード、位置情報の利用などがあります。このような技術が一般化され、企業が利用しやすくなったこともO2Oの広がりをさらに進めています。

 

■O2Oマーケティングの方法

具体的なO2Oマーケティングの方法としては以下のようなものがあります。

 

・クーポン型

ネット上でクーポンを配布することで、クーポンが使える実店舗に顧客を誘導する方法。例えばメルマガなどでクーポンを配布したり、最近ではLINE@やSNSから簡単にクーポンの配信を行う方法もあります。もっとも一般的なO2Oの施策といえます。

 

・オンラインショップ連動型

実店舗とオンラインショップの連携を進める施策。オンラインショップと実店舗どちらもある場合は、ポイントを一括して利用できるようにしたり、オンラインで注文した商品を店舗で受け取れるようにしたり、という施策が考えられます。実店舗とオンラインショップの情報を連携させることで、顧客は便利に利用できるようになります。

 

・ゲーミフィケーション型

ゲームのような達成感や楽しみを利用した施策。実店舗へ来店するごとにポイントを進呈して、ポイント数によって顧客のレベルが上がっていくといった方法です。楽しみながら、実店舗へ誘導させることが可能になります。

 

・位置情報活用型

スマホに標準装備されているGPSを利用した施策。指定した場所に来た顧客にプッシュ通知をしたり、クーポンを配信したりする方法です。オンライン上の施策とはいえ、距離が近いところにいる顧客へ直接アプローチできるので、実店舗への誘導をより効果的に行えます。

 

・SNS活用型

顧客によるSNSの発信と、店側のSNS発信を十分に活用する施策です。顧客にSNS発信を促したり、店舗のSNSアカウントを通じて顧客と交流したりすることで、実店舗への誘導を図ることができます。

 

■オムニチャネルとO2Oマーケティング

O2Oと混同されやすいのがオムニチャネル。オムニチャネルとは、実店舗とオンラインショップの情報管理を一元化することで機会損失を防ぐ戦略です。「情報を連携させる」点ではO2Oと共通点があるといえます。

 

違いは、その目的にあります。O2Oマーケティングは、オンラインからオフラインへの顧客誘導を目的としていますが、オムニチャネルの目的は機会損失を防ぐこと。オンライン上でも実店舗でもお客さんのデータを統一して扱うことで、消費者の行動を分析し、顧客満足度を高める施策です。

 

O2Oマーケティングの成功事例~2018年~

ここでは、実際にO2Oマーケティングを成功させた企業の例をご紹介します。

 

■ファミリーレストラン ガストの例

アプリ限定のクーポンを配信したり、位置情報を利用したりすることで近隣店舗への効果的な誘導を狙った施策を行っています。全国に展開していることから、どの店舗を利用してもポイントが貯まるポイントカードのようなシステムを導入しました。顧客がよりお得にガストを利用してもらえるように工夫されている成功例です。

 

■コンビニエンスストア ローソンの例

LINEアプリを使ったユニークな施策を行っています。人気商品の半額クーポンを先着150万人に配布したところ、実際に、10万人が店舗に引き換えに来た模様です。その来店した顧客の7割以上が、半額クーポンの商品だけではなく、他商品も合わせて購入したという結果が出ています。店舗への導入と購買に結びつけた成功例といえます。

 

■O2Oマーケティングなら、【Piece】

販促アプリのPieceならプッシュ通知、お知らせ、クーポン、フライヤーなどの機能も搭載されているため、O2Oマーケティングをすぐに始めることができます。

 

必要な機能をシンプルに搭載したアプリで、実店舗への誘導を図りましょう。

O2Oマーケティング向けのアプリなら、「Piece」がおすすめです。

 

オンラインからオフラインへの誘導を図るのがO2Oマーケティング。その施策には様々なものがあると同時に、アプリが重要なカギを握ることをお分かり頂けたでしょうか。O2Oマーケティングにはアプリを活用するのが成功のカギです。

 

■ 失敗しないアプリ開発のために

アプリ開発虎の巻無料プレゼント実施中

アプリを作る目的を明確にせずになんとなくアプリを開発してしまっては、大きな予算をかけてアプリ開発を行っても思ったような成果を得ることはできません。
アプリ開発で失敗しないための、始める前に知っておくべき情報・目的を明確にするためのステップを「アプリ開発虎の巻」を公開中!
販促アプリ開発に大いに役立ててください。

■ まずは資料請求!

先ずは資料請求

JokerPieceでアプリ発注をした際に弊社でできることや、過去の制作例、実績など資料にてご覧いただけます。販促アプリのPieceを受託するだけでなく、よりクライアント様に最適なプラン提案をしながら共に作り上げていく開発スタイルを得意としております。またITエンジニア支援、教育訓練事業も行なっております。