投稿日:

アプリをスクラッチ開発するメリット・デメリット

アプリ開発を検討する場合、どのような開発方針をとるのかは企業にとって大変重要になります。例えば、アプリをゼロから作るスクラッチ開発や、アプリ開発のプラットフォームを利用してカスタムオーダーする方法などがあります。アプリをスクラッチ開発する場合、どのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか。

アプリをスクラッチ開発するメリット

 

「アプリをスクラッチ開発する」とは、既存のひな型などを使わずにゼロからアプリを作ることを言います。

スクラッチ開発するメリットは何と言っても自由度の高さでしょう。ゼロからその会社向けに丁寧に設計行い、アプリ開発をしていくので、会社の業務フローや実現したいことを忠実にアプリの中に落とし込むことが可能です。

 

さらに開発会社や開発チームの規模にもよりますが、技術や予算が許す限り、自由に機能を設計、搭載できますし、デザイン面でも制約が最小限になります。

 

スクラッチ開発をおすすめするのは、他社と差別化したい場合や、独自のアプリを作成したい場合、今までにないアプリを作りたい場合などです。

 

アプリをスクラッチ開発するデメリット

 

一方アプリをスクラッチ開発するデメリットもいくつかあります。まず、アプリをゼロから作るため開発作業やリサーチに時間がかかったり、工程数が多くなったりことです。

 

既製品のパッケージの場合、デザインの設定や多少のカスタマイズなどをするだけで、スピーディーなリリースが可能です。しかし、アプリをスクラッチ開発した場合そうはいきません。

スクラッチ開発の場合は、要件定義から始まり、制作の計画、設計、実装、開発と長い工程を踏んだスケジュールを組む必要があります。一大プロジェクトとなり、必要な人員や工数は膨大です。開発が終わった後も、テストやデバックを繰り返し、リリースに時間がかかるのは間違いありません。

さらに、スクラッチ開発には、専門的な知識や技術が必要になり、自社でスクラッチ開発を可能にするだけの人員を抱えている会社はなかなかありません。となると、外注になりますが、外注先の選定も神経を使う工程です。複数の企業に見積もりを取り、開発したいアプリのジャンルに詳しいかどうかを確かめる必要があります。(ECが得意、データベース系が得意、など)

 

アプリ開発プラットフォームを利用したアプリ開発のメリット

 

アプリ開発プラットフォームのパッケージシステムのメリットは、何と言ってもコストの安さと短い納期にあります。

自社で構築したいアプリがそれほど独自性を要しない場合には、パッケージを利用することで「スクラッチ開発」の数分の一、場合によっては数十分の一程の低コストでシステム構築を完了することができるでしょう。

またいったん完成すると、バージョンアップや簡単な機能追加、文言変更などは自社でも簡単に出来ることも多く、開発工数や人員を割かずに管理が出来ることも魅力です。

このように、それぞれメリット・デメリットがあります。コスト面だけに捉われず、中長期的な運用を考えどちらの方法でアプリを制作するのが自社に合っているのか慎重に検討しましょう。

 

アプリ開発なら自由自在なカスタマイズができる「Piece Crown」がおすすめ

 

アプリ開発をするなら豊富な実績と他のアプリにはないIoTとの親和性が高い「Piece Crown」(https://jokapi.jp/crown/)がおすすめです。スクラッチ開発とパッケージ開発が融合した、自由度の高いアプリ開発が可能になります。アプリ開発会社が作ったパッケージだからこその、かゆいところに手が届く作り。

 

他のパッケージ開発にはない、IoT連携が特に魅力的です。センサーやデバイスとアプリを連携し、ユーザーにフィードバックを提供。他にはない、オリジナルアプリを作ることができます。

 

他にも、クーポン発行やビーコン連携、SNS連携など企業アプリには欠かせない定番の機能も搭載。オリジナリティあふれながらも、親しみやすく使いやすいアプリ開発が低コストで開発可能です。

 

ウェブサイトはあるけど、アプリ開発はまだ、、、という企業にもおすすめです。ウェブサイトからネイティブアプリへの移行もPiece Crownならスムーズ!ネイティブアプリならではのオフライン閲覧や、操作性、インターフェースは優れたユーザー体験を約束します。

 

アプリのスクラッチ開発でお悩みの方は一度ご相談ください!

 

アプリのスクラッチ開発のメリットとデメリットを紹介しました。ゼロからスクラッチ開発するか、既存品のパッケージを使うかは企業の目指すところにもよるでしょう。今、世の中に出回っている人気のアプリに似たものを作って無難にやっていきたいのか、ゼロからアプリを開発して他社と差別化をした独自のものを作りたいのか、まずは目的をはっきりさせることが大切です。

 

どうしてもこの特殊な機能を搭載したい、どうしても実現したいシステムがある、という場合でない限りまずはパッケージ開発から始めて見てはいかがでしょうか?パッケージ開発なのに、自由度が高いPiece Crownなら、低コストでオリジナルのアプリが完成します。スクラッチ開発かパッケージ開発か迷った時は、ぜひご相談ください。

 

■ 失敗しないアプリ開発のために

アプリ開発虎の巻無料プレゼント実施中

アプリを作る目的を明確にせずになんとなくアプリを開発してしまっては、大きな予算をかけてアプリ開発を行っても思ったような成果を得ることはできません。
アプリ開発で失敗しないための、始める前に知っておくべき情報・目的を明確にするためのステップを「アプリ開発虎の巻」を公開中!
販促アプリ開発に大いに役立ててください。

■ まずは資料請求!

先ずは資料請求

JokerPieceでアプリ発注をした際に弊社でできることや、過去の制作例、実績など資料にてご覧いただけます。販促アプリのPieceを受託するだけでなく、よりクライアント様に最適なプラン提案をしながら共に作り上げていく開発スタイルを得意としております。またITエンジニア支援、教育訓練事業も行なっております。