投稿日:

店舗アプリで大活躍?!チャットボットとは何かをご紹介

最近はチャットボットが様々なところで活躍しています。チャットボットとは何なのか、販促活動においてはどのような効果があるのかご紹介します。

 

チャットボットとは?

チャットボット(Chatbot)とは、会話(Chat)とロボット(bot)を合わせた言葉で、AI(人工知能)を活用した「自動会話プログラム」のことです。

すでに、LINEやFacebook Messengerなどでチャットボットの機能は使われています。LINEの公式アカウントでは、顧客からの質問に対してチャットボットで返事をしています。AmazonのスマートスピーカーのAlexsa(アレクサ)もチャットボットの機能を使っています。チャットボットのもとはAIであることが多いです。つまり、チャットボットとはAIが今までの会話の内容やいろいろな会話のデータと内容を照らし合わせてその場で適した回答をするシステムです。

たくさんの会話データを集めることでより人間の自然な会話に近づけるために開発が進んでいます。

 

なぜここまでチャットボットが浸透してきているのでしょうか。

理由は3つあります。

一つ目は、AIや自然言語処理技術の発達です。人間が日常的に使っている言葉をAIが処理する力が発達したことで、チャットボットの技術も進化して、チャットボットが実用化されているのです。

二つ目は、人材不足という課題が出てきたことです。お店やSNSで顧客からのお問い合わせがきたときにそちらに人を使っていたらほかのことができなくなります。問い合わせをチャットボットに任せることで人材不足の解消、人間の負担の軽減につながるでしょう。

三つ目は、チャットの普及です。現代では、電話で雑談をする人よりLINEなどを使って文字で会話をする人が多いと思います。文字で会話をするのが普通になっている今だからチャットボットが活躍できる場が多く、人々もチャットボットに対して抵抗があまりないのです。

 

これらの3つの理由が重なる今の時代だからこそ、チャットボットが活躍できるのです。

 

店舗アプリで活躍するチャットボット

最近は、店舗アプリでもチャットボットが活躍しています。チャットボットが活躍しているのは、主にアパレルブランドです。

チャットボットの利用用途は、アプリのユーザーからの質問への回答、ユーザーが求めているものに合わせたコーデの紹介などです。

実際に店舗アプリでチャットボット機能を取り入れている企業の事例をご紹介します

 

■ユニクロ「UNIQLO IQ」

ユニクロのアプリでは「UNIQLO IQ」というチャットボット機能を利用できます。この機能では、自分の性別を入力するとおすすめの商品が出てきます。そして、「おでかけ」、「授業参観」などぼんやりとしたものでもキーワードを入力するとそのキーワードに合わせたコーデを教えてくれます。他にもランキングを見たり、Tシャツやジーンズはたくさんの種類の中から自分が欲しいものを見つけることができます。

「UNIQLO IQ」と会話をするだけで、商品情報や着こなしの検索、店舗の在庫状況の確認、オンラインストアでの購入、よくあるお問い合わせの確認やカスタマーセンターへの相談と、お買い物の一連の流れを切れ目なくサポートします。自分専用のお買い物アシスタントとして、いつでもどこでも、店舗・オンラインストアを問わず、新しいチャットショッピングを体験できます。

引用元

https://www.uniqlo.com/jp/corp/pressrelease/2018/07/18071115_iq.html

 

 

■メチャカリ 「パーソナルスタイリング」

メチャカリは、累計ダウンロード数が75万を超える人気のファッションレンタルアプリです。メチャカリでも「パーソナルスタイリング」というAIのチャットボット機能を使って、コーディネートを行っています。

「よく見ているカテゴリからおすすめ」「おまかせコーディネート」「レンタル中のアイテムと組み合わせ」「トレンドアイテム」からなる4つのメニューと、アプリ内の行動履歴を元に、パーソナライズされたコーディネートやアイテムをチャットボットが提案。ユーザーの商品探しをより便利にお手伝いします。

アイテム返却後や、レンタル枠が空いていてアイテムを探しているユーザーに対して、最適なタイミングでチャットボットが話しかけます。

引用元

https://www.team-lab.com/mechakari-personalstylist

 

まとめ

チャットボット機能ができたことで、顧客は今までよりも問い合わせをしやすくなりました。問い合わせをするハードルが下がったことで、問い合わせをする顧客も増えて、店舗側はより多くの顧客のデータを集めることができます。顧客が何に困っているのかなど、店舗側の改善点を知ることができるようになるのです。

お問い合わせに対応する人の削減ができて、コストカットや問い合わせにかかる時間の削減もできます。

これからチャットボット機能はもっと活躍できるでしょう。店舗アプリを作るときは、チャットボット機能も追加してみてはどうでしょうか。

 

■ 失敗しないアプリ開発のために

アプリ開発虎の巻無料プレゼント実施中

アプリを作る目的を明確にせずになんとなくアプリを開発してしまっては、大きな予算をかけてアプリ開発を行っても思ったような成果を得ることはできません。
アプリ開発で失敗しないための、始める前に知っておくべき情報・目的を明確にするためのステップを「アプリ開発虎の巻」を公開中!
販促アプリ開発に大いに役立ててください。

■ まずは資料請求!

先ずは資料請求

JokerPieceでアプリ発注をした際に弊社でできることや、過去の制作例、実績など資料にてご覧いただけます。販促アプリのPieceを受託するだけでなく、よりクライアント様に最適なプラン提案をしながら共に作り上げていく開発スタイルを得意としております。またITエンジニア支援、教育訓練事業も行なっております。