求めるのはインパクト?効果?デジタルサイネージタイプ別比較!
新サービス Piece Crown

求めるのはインパクト?効果?デジタルサイネージタイプ別比較!

今では商業施設内や空港や駅中では情報掲示板として、街中では広告としてなど幅広い使い方がされているデジタルサイネージ。

デジタルサイネージは使い方だけではなく、画面の大きさや操作方法など含め様々な種類が存在し、どのデジタルサイネージが適しているのかわからなくなってしまいますよね。

そこで今回はどのデジタルサイネージを導入するか迷っている方に向けてデジタルサイネージの比較をおこなっていきます。

ぜひこの記事を参考にしてみてください。

 

改めてデジタルサイネージとは?

デジタルサイネージとは電子看板を指しますが、今では「デジタルサイネージ」とその言葉を聞けば何かを思い浮かぶことができるくらいに普及してきたのではないでしょうか。

そしてこのデジタルサイネージの強みは情報量の多さと表現の自由度が高いことです。

例えば、静止画だけではなく動画や音声等のコンテンツの配信が可能です。

そしてこれらの機能を活用して、基本的にはPRのための広告としての用途や、最近日本でも導入されはじめていますが飲食店で非接触の注文方法としても利用されています。

 

デジタルサイネージ種類

そんなデジタルサイネージの種類は大きく分けて3つ存在します。

この種類ごとにできることも異なりますので、ご紹介します。

 

まず1つ目は、スタンドアロン型です。

その名の通り、自立型のデジタルサイネージであるためある程度設置の場所はとってしまいます。

こちらのタイプはインターネット接続が必要なく機器単体で活用することができます。

実際に配信したいコンテンツをUSBメモリやSDメモリに保存し、差し込み画面上に流していくという使い方です。

コンテンツ変更もメモリを出し入れするだけなので比較的簡単ですが、数多く設置することを想定している場合、コンテンツの変更ごとに各サイネージに設定しなくてはいけないのは手間がかかるといえそうです。

 

そして2つ目が、クラウド型です。

スタンドアロン型とは異なり、インターネットの接続が必要です。

クラウドに流したいコンテンツを保存するので紛失する心配もありませんし、遠隔操作で簡単に状況に合わせたコンテンツの切り替えができるのが非常に便利です。

例えばこの機能を使った活用例として、雨が降ってきたらサイネージの表示を変えて天気が変わったことをお知らせするとともに雨具用品のPRを行うというものがあります。

数多いデジタルサイネージも一括操作ができるというのはクラウド型の強みですね。

 

最後の3つ目は、インタラクティブ型です。

こちらは基本的には2つ目のクラウド型であるということが前提のものです。

このインタラクティブ型ではターゲット側からの反応を受け取ることができます。

先ほどお話した注文をすることや、商業施設のフロアマップで画面をタッチしながら目当ての店を探したりすることができます。

これらの例はターゲット側に便利なものですが、もちとん導入側にもメリットがある使い方をすることが可能です。

例えば、PRしたい商品の近くにミニ型のデジタルサイネージを設置してセンサー察知でお客様が近づいたときに動画を流すことができます。

他にも、タッチ式にしてアンケートに答えるとクーポン券発行の画面にたどり着くようにするなど、販促につなげる方法は幅広く存在します。

 

デジタルサイネージタイプ別比較

デジタルサイネージのタイプごとの特徴を理解し、どのタイプが適切か決まったら次はそのタイプの中でも1つのサイネージに選ばなければいけません。

そこで先ほど紹介したタイプ別でデジタルサイネージの比較を行っていきます。

 

スタンドアロン型

DigiLook

こちらの会社はスタンド型のデジタルサイネージの大きさがとても豊富です。

32型から一番大きくて75型まで取り揃えております。

また、特徴的なのは58:9という比率の屋内ハーフディスプレイも対応しているという点でこちらは縦長でも横長でも対応可能ということです。

その中でも今回は屋外32型スタンドタイプをご紹介します。

こちらはインパクトとコンパクトさのいいとこどりをしたサイズ感で、日光の反射を軽減するディスプレイの採用をしています。

本体内にUSBを差し込むだけで運用をすることができ、キャスター付きスタンドなので移動も簡単です。

 

DigiLook商品紹介ページはこちら

 

NSS

こちらのサイネージもUSBを差し込むだけで運用が開始できるタイプのもので、大きさは43型・49型・55型・65型があります。

リモコン付きのものもあるので、高所に設置を考えている方におすすめの商品です。

こちらの会社は18.5型の簡易デジタルサイネージがあることが特徴です。

簡易デジタルサイネージとは上部にデジタルサイネージがついていて、下部にメニューラックや、カタログラック、ワイヤーラックがついているものです。

キャスターで移動も簡単に行えるので、レストラン前の設置や不動産会社の前の設置など活躍シーンも様々です。

 

NSSデジタルサイネージ商品紹介ページ

 

クラウド型・インタラクティブ型

StellarSign

こちらの会社のデジタルサイネージはクラウド型の特徴に加え、画面分割を行うこともできます。

ディスプレイを分割することで複数のコンテンツの配信が可能なので、例えば動画ど画像の同時配信も実現できます。

しかし一番の特徴は、タッチレスインターフェースを可能にするということです。

これはどういうことかというと、手の動きを読み取る3D USBカメラを接続することでタッチパネルさえ不要になるのです。

しかも、既存のシステムをそのままタッチレス化できるので、1から本体などを用意しなくてもいいというのも魅力的なポイントです。

他にも、空間に浮かぶバーチャルディスプレイに触れるような感覚で操作が可能な空中ディスプレイや、顔認証カメラで属性を瞬時に切り替え適切なコンテンツ配信に役立つAI顔認証システム等、デジタルサイネージの枠を超えた活躍を期待できそうです。

 

StellarSignデジタルサイネージ紹介ページ

 

AXサイネージ

アプリ×サイネージで顧客単価UPにつながるのがこちらのAXサイネージ。

商業用に使われるデジタルサイネージだと商品やサービスのPR用の動画や画像、音声の配信を行っていますが、よりダイレクトに販売促進につながるサービスを提供を目指しています。

ポイントは広告表示とスマホのアプリがその場で連動するというところにあります。

例えば、デジタルサイネージみているあなただけにクーポンの配布ができ、これは「今だけ・ここだけ・あなただけ」のOne to Oneマーケティングを実現します。

他にも持続的な販促効果を得るためにも、デジタルサイネージ内臓のAIカメラで視聴率を測定し広告の見える化でメーカー様へのフィードバックも可能です。

クラウド型であることを活用しながらい飽きないコンテンツの提供にもぴったりですね。

 

AXサイネージ紹介ページ

 

LoooK

こちらのサービスの強みはなんといっても操作が簡単であるという点です。

デザインスキルは一切不要で、100種類以上のテンプレートからオリジナルの広告やテキストを入力することができます。

そして、本日のおすすめなど更新頻度が高いコンテンツもスマホ1台で接続しているサイネージのコンテンツの切り替えができてしまいます。

しかも世界の風景やデジタルアートなど毎月配信されるので豊富な選択肢からコンテンツの作成が可能です。

スマホ利用の指先1つで配信できるということで、頻繁にサイネージのコンテンツを変える必要のある小売店向けのサイネージといえそうです。

 

LoooK紹介ページ

 

まとめ

いかがでしたか。

今回はデジタルサイネージのタイプ別比較で複数のデジタルサイネージをご紹介しました。

実際に調べてみるとわかると思いますが、特にスタンドアロン型に関しては、機能に関する新鮮さはなく逆にいうとどの商品でも失敗はしないといえそうです。

そしてコンテンツ型・インタラクティブ型に関しても紹介したもの以外は基本的に備えている機能や特徴としているポイントも似通っています。

したがって、今回取り上げたものを参考に話題性なのか、効果なのか、小売店で考えているのか、はたまた普通のサイネージで十分なのか考えてみてはいかがでしょうか。

 

アプリとデジタルサイネージの導入を検討されているならAxサイネージにご相談ください。

https://jokapi.jp/axsignage/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください