投稿日:

プッシュ通知でアクセス数を劇的アップ!!販促・企業アプリを導入する最大のメリット

企業アプリを導入する最大のメリット

「なぜ企業アプリを導入する会社が増えているのでしょうか?」

それは、自社情報や商品情報の紹介、問合せ、ポイント機能(ポイントカードの代替)、サービスの事前の予約機能、などをひとまとめでアプリ化することで、

実店舗への集客や企業のブランディングを行うことができるからでしょう。

 

従来の情報発信の手段はホームページや企業のWebサイトなどに限られていましたが、近年ではSNSや『企業アプリ』と行った選択肢が出ています。

さまざまな導入理由はありますが、筆者が企業アプリの特筆すべき点が1つあると考えています。

 

それは『プッシュ通知』です。

 

プッシュ通知一つでアクセス数が27倍以上になる

当社が開発しているアプリの実績ですが、

普段のアクセス数が1,500程度のものが、プッシュ通知後に41,000と急激にアクセスを伸ばし『27倍以上』のアクセス数増加に成功しています。

 

もちろん一回限りのアクセス数の増加ではなく、毎回プッシュ通知後は一気にアクセス数が増加します。

 

当社のデータでは、Webサイトでプッシュ通知後のアクセス数の増加は2倍程度に止まります。

それを考えれば、『27倍以上』という数字は極めて大きなものと言えます。

 

アプリの開発・運用は簡単ではない

多くのメリットを持っている企業アプリですが、

残念ながらアプリを運用するということは簡単なことではありません。

 

従来の企業のホームページであればWebの知識がある職員が一人いれば、プロに任せずとも簡単に制作・運用を行うことができます。

もちろん、クオリティの高いホームページであれば業者に依頼するという形になりますが、それでも開発費用や運用費用はアプリに比べずっと安い傾向があります。

 

ですが、企業アプリの開発・運用はホームページのようにはいきません。

企業アプリ開発・運用が難しい理由2つあります。

 

・開発コスト、運用コストが高額になるケースが多い

まず、大きな障壁となるのが費用の問題です。

開発費用は安いものでも100万近くかかり、自社の独自の機能を実装しようと思うとさらに数百万、必要になるでしょう。

 

開発コストの次に問題になるのが運用コストの問題です。

頻繁なプッシュ通知を行おうとすると、それに耐えられるサーバーを用意する必要があり、その分運用コストがかかります。

また、当社の実績から言えばアプリの運用コストの方がWebサイトより5倍〜10倍程度かかっています。

 

ただし、プッシュ通知の回数を減らすやアクセスが集中する時間に合わせサーバーを増強するスケジュールを組むなどすることでコストを大幅に抑えることは可能です。

 

・ダウンロードが必要

ダウンロードは一つの障壁になります。

やはり、ブラウザから検索すればいつでも表示できるホームページやWebサイトと違い、ダウンロードしてもらわなければ使えないアプリは広まるまでに時間がかかります。

 

また、AppStoreには1日に2000近くのアプリがリリースされているというデータもあり、

その中から自社のアプリを見つけてもらいダウンロードしてもらうにはSNSや自社のメディアを使い宣伝を行う必要があるでしょう。

 

ですが、一度ダウンロードしてもらえれば簡単には消されることはないので、その顧客に対して長期間の販促活動を行うことができます。

 

企業アプリの開発・運用なら

企業アプリのプッシュ通知でアクセス数を劇的アップさせ、それを販促活動につなげようと思うのであれば、プッシュ通知や企業アプリの開発・運用実績があるサービスを活用する必要があるでしょう。

販促アプリ「Piece」なら、プッシュ通知を含めたランニングコストに配慮した運用が可能です。

■ 失敗しないアプリ開発のために

アプリ開発虎の巻無料プレゼント実施中

アプリを作る目的を明確にせずになんとなくアプリを開発してしまっては、大きな予算をかけてアプリ開発を行っても思ったような成果を得ることはできません。
アプリ開発で失敗しないための、始める前に知っておくべき情報・目的を明確にするためのステップを「アプリ開発虎の巻」を公開中!
販促アプリ開発に大いに役立ててください。

■ まずは資料請求!

先ずは資料請求

JokerPieceでアプリ発注をした際に弊社でできることや、過去の制作例、実績など資料にてご覧いただけます。販促アプリのPieceを受託するだけでなく、よりクライアント様に最適なプラン提案をしながら共に作り上げていく開発スタイルを得意としております。またITエンジニア支援、教育訓練事業も行なっております。