業務システムの画面デザインで重要性!作業効率をあげるデザインのたった2つの条件 販促アプリ開発ラボ | 販促アプリ・企業アプリの開発パッケージPiece(ピース)

業務システムの画面デザインで重要性!作業効率をあげるデザインのたった2つの条件

AR

「業務システムのデザインを改善したい」

「業務システムのデザインがなぜ重要なのかわからない」

そんな方に向けて、業務システムの画面デザインで重要性と作業効率をあげるデザインのたった2つの条件についてお話しします。

 

業務システムのデザインは「業務効率」に影響する

「社内用のシステムなんだから、別に見た目は重要ではない!」

「とりあえず、動けばいい」

そんな風に考えていませんか?

もし、業務システムのデザインや操作性についてそのような認識を持っているのであれば危険です。

 

というのも業務システムのデザインが悪いことでこんな問題が発生します。

「どのボタンを押せば、期待する動きになるのかわからない」

「必要な機能はそれっているが、それぞれがバラバラに配置されており作業効率が悪い」

「画面が見づらく、確認作業に時間がかかる」

このような問題が発生すれば当然、業務効率が下がってしまいます。

 

疲弊するのは実際に業務システムを動かすスタッフです。

 

使いづらく、分かりにくい…そんなシステムで最高のパフォーマンスを発揮するのは非常に難しいことです。

 

ただ、これらの問題は「業務システムのデザイン」を改善するだけで解決することができます。

 

業務効率を高める業務システムの画面デザインのたった2つの条件

では、業務効率を高める業務システムの画面デザインとは、どのようなものなのでしょうか

 

重要な要素は2つに集約されます。

・直感的に操作できるデザインである

・シンプルな構造

 

直感的に操作できるデザインである

業務システムにおいてもっと重要なことは、直感的に操作できるデザインであることです。

 

多くのユーザーは、今までの使ってきたアプリやシステム、

昔やったゲームなどの経験から

「このボタンを押したらこう動くだろう…」

という風に考えながらシステムを操作します。

 

『直感的に操作ができる』というのは、直感で感じた通りの動きを業務システムがしてくれるということです。

 

逆に、自分が想像していたのとは違う動きをしてしまう業務システムは

『直感的な操作ができない。使いづらいシステム』になります。

 

そのためには、

画面のレイアウトやボタンの配置、操作手順や色などを

科学的にデザインしていく必要があります。

 

 

重要なことは「お洒落かどうか」という話ではなく

「科学的に使いやすいデザインか」ということを重視する必要があるということです。

 

シンプルな構造

作業者の頭を混乱させないためにも「シンプルであること」を意識する必要があります。

 

複雑な情報は、作業者の「やる気」や「集中力」「思考力」を奪うだけでなく、作業時間までも奪ってしまいます。

 

・管理画面にたくさんの項目が並んでおり、多重構造になっている

・Aの情報がBの情報に連携され、ABの情報がCに連携される、Cの情報がAに連携される

etc…

 

このように、画面全体の情報量だったり、操作フローの流れだったりが複雑であればあるほど作業効率が低下します。

 

作業の目的を達成するために必要な最少の要素のみで構成された業務システムを構築するべきでしょう。

 

あれもこれもと、機能や仕様を追加することで結果的に

「誰も使えない複雑なシステム」

になってしまいます。

 

また「シンプルな構造」というのは、画面デザインだけでなく

システム設計においても同様に重視されるべきことです。

 

「Simple is best」

この業務システムのデザインにおける絶対的な真理です。

 

業務効率を高めるデザインにするためにはプロに依頼しよう。

ここまでは、業務システムにおける「デザインの重要性」と「優れたデザインの条件」を紹介しました。

 

業務効率を高めた上で、作業者に精神的・時間的な苦労を与えない業務システムを導入するためにはプロに依頼しましょう。

プロというのは、UI/UXデザイン専門の業者や業務システムのデザインに特化したシステム会社などです。

 

その道のプロであれば、すでに存在している業務システムであっても「最良のデザイン」を科学的に提案してくれるでしょう。

彼らの経験と科学的なエビデンス によって作られる提案されるデザインは、非常に優れたものです。

 

まとめ

・「社内用のシステムなんだから、別に見た目は重要ではない!」という考え方はよくない

・業務システムのデザインは業務効率に大きな影響を与える

・優れたデザインの条件1:直感的に操作できること

・優れたデザインの条件2:シンプルな構造であること

・業務システムのデザインは、自分たちで作るのではなくプロに依頼しよう