デジタルマーケティングが必要不可欠なこの時代の戦略|デジタル世界を統べる
新サービス Piece Crown

デジタルマーケティングとは?モノと情報に溢れた時代の『価値観』に対応!

「デジタルマーケティングがなんで必要なの?」

「今までのマーケティングではダメな理由が知りたい」

そんな方に向けて今回は、そもそもデジタルマーケティングとは一体なんなのか、そしてデジタルマーケティングが求められている理由を解説します。

実際のデジタルマーケティングの施策についても解説するので、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

 

デジタルマーケティングとは?

今や、どの業界にとってもデジタル化は必須ですが、デジタルマーケティングとはどんなマーケティングのことを指すのでしょうか。

一言でまとめるとインターネットを利用するマーケティングをまとめた言い方です。

ですので、SNSやEメール、Webアプリ、Webサイトどのメディアを使っていても、それがマーケティング活動であるのならばデジタルマーケティングと呼ぶことができます。

デジタルマーケティングは、アプリマーケティングやSNSマーケティングを包含している言葉というわけです。

 

過去のマーケティングといえば、テレビ、ラジオCMや新聞の広告などが一般的でした。

すでに存在している大きなメディアの広告枠を買って宣伝していました。

今でも、一部の大企業はテレビや新聞を使った上記のようなマスマーケティング を行っていますが、それは大企業だからできる手法であり、中小企業には到底できることではありません。

そして、その手法もいずれ使えなくなっていくでしょう。

 

なぜ、アナログなマーケティングが失敗するのか?

スマートフォンの登場により世界規模でインターネットの接続時間が大幅に増えました。

現代において人が集まる場所はオフラインよりオンラインに変わってきているからです。

ですので、オンライン上で潜在顧客や顕在顧客に出会いコミュニケーションをとることが企業には求められます。

 

モノと情報が溢れた時代は過去とどう違うか?

まず、スマホやインターネットの進歩と普及によって、誰もがあらゆる情報に触れることができるようになりました。

それに伴って、みんな同じ生き方、みんな同じ趣味を選択しなくて、自分にあった情報だけを取り入れ、自分にあった生活や趣味を簡単に選べるようになりました。

そんなデジタル時代のマーケティングでは、全ての人に同じ宣伝を打ち出すのでは、効果が低く、コストが高いマーケティング施策になります。

 

また、消費者にとっても溢れるモノと情報の中から自分にとって価値があると思えるものを探すのはとても難しいことです。

そこで、価値を判断する基準として性能や価格に加えて「共感」できるかどうかという点が重要視されるようになりました。

 

では消費者にとっての共感とは一体なんでしょう。

共感とは、自分と相手との共通点を見つけた時などに「自分のそう感じる」と思うことです。

SNSのいいねやシェアも、共感によってされるケースが多いでしょう。

企業は「私もそんなことあった!」や「同じような辛いことあったな…」というような消費者の欲求や悩み、喜びを呼び起こさせ共感できるマーケティグが必要です。

つまり、みんなに向けた情報ではなく、あなたに向けた情報が好まれるというのが今の時代です。

『あなたに向けた情報』を潜在顧客ごとに伝えることができるのが、デジタルの強みであり、今後のマーケティングで重要視されることといえるでしょう。

 

共感を生み出すための2つのポイント

1:ターゲットを絞り込み価値観を知る -多様な価値観に合わせる

まず、商品や企業に共感してもらえそうなターゲットを絞り込みましょう。

 

低価格帯の万年筆であれば「お金はかけたくないが、ステータスとして万年筆欲しい」そんな価値観の人がターゲットになるかもしれません。

そのような人は、性能より高級感のあるデザインを重視している可能性が高いです。

また、ステータスとして万年筆が欲しいということは、初めての万年筆の可能性がありその場合は、インクは吸入式よりカートリッジ式で、手入れも簡単なモノが好まれるでしょう。

 

企業は、消費者が持っている悩みや欲望を理解した上でマーケティング戦略を展開していきます。

 

2:ストーリーで伝えよう – 共感しやすい表現で伝える

ストーリー(ストーリーテリング)は共感しやすい表現方法です。

性能が羅列された文章や、商品のお洒落な写真より、消費者の潜在的な悩み・欲望などを気づかせるストーリーの方が共感されやすいです。

物語は人の感情を刺激し、その世界にのめり込ます力があります。

 

『1:ターゲットを絞り込み価値観を知る』で設定したターゲット像を主人公として、悩みや欲望をストーリーにのせて紹介すれば、

それを見た人は「ボールペンより万年筆の方が不便だけどかっこいいと思っていた」と共感を得ることができるでしょう。

 

ストーリーを作るためには下記の4つのポイントがあります。

 

1:伝えたいメッセージ・コンセプトを明確にする

2:実際の体験をストーリーにしよう

3:シンプルでありながら、盛り上がるストーリーを作ろう

4:未来のビジョンを見せよう

 

これらのポイントを踏まえたうえで本当にその情報を必要としている人に向けて広告などを打ち出すことができればよりよいデジタルマーケティングの効果を生みだすことができるでしょう。

 

 

デジタルマーケティングの施策6選

アプリ

それでは前述した、共感を生み出し「あなたに向けた情報」を発信する際に主要なデジタルマーケティングの施策を6つ紹介します。

 

SNSマーケティング

SEOマーケティング

Eメールマーケティング

アプリマーケティング

アフィリエイト 広告

リスティング広告

 

SNSマーケティング

SNSで自社のアカウントを使い、ユーザーに価値ある情報を届けることやユーザーとのコミュニケーションを図る施策です。

このとき重要なのは「読む価値がある投稿」「漫画やイラスト、写真を使ったわかりやすく面白い投稿」などユーザーが興味を持ってくれる情報を届けることです。

一般的によく使われるSNSは以下の3つです。

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram

SNSにはそれぞれ特徴があり、自社の売り出したいサービスやブランディングに合わせてSNSを選択するべきでしょう。

 

SEOマーケティング

自社のウェブサイト(ブログ)をGoogleなどの検索エンジンの検索結果で上位に表示させることをSEOマーケティングと言います。

サイト内部の構造を最適化させることで上位に自社サイトを表示させることができます。

 

具体的なSEO対策は以下のようなものです。

  • オリジナルのコンテンツを作る
  • 関連するコンテンツを増やす
  • 良質な被リンクを増やす(自作自演の被リンクは逆効果)
  • 信憑性の高い情報を引用する
  • スマホに対応する
  • ページの読み込み速度を上げる
  • 内部リンクを最適化させる

etc…

 

Eメールマーケティング

Eメールマーケティングは、ユーザーに「イベント情報」や「割引クーポンなどの配布」などを行うことでユーザーとコミュニケーションを図るマーケティング施策です。

メルマガなどもこのEメールマーケティングに含まれています。

 

Eメールマーケティングのポイントは3つです。

  • 継続配信(一通だけでは効果があまりないので、1ヶ月に2通などと決めて継続的な配信をする)
  • 良質なコンテンツ(配信の内容が低品質だと、迷惑と思われます。)
  • One to One(そのユーザーに適した情報を届ける、全員に全く同じ情報を届けるのではない)

 

One to Oneについて詳しく知りたい方はこちら

 

アプリマーケティング

スマートフォンのアプリを使ったマーケティング施策です。

SNSやwebサイトだと他の会社や個人と競って情報を届ける必要がありますが、アプリであれば一度インストールしてもらえれば自社の情報だけを届けることができます。

また、プッシュ通知等の機能を使うことでリアルタイムにそれもダイレクトに情報を伝えることができます。

店舗アプリやニュースアプリなどアプリの種類は多岐にわたります。

 

アプリマーケティングの効果と収益を上げた成功事例を紹介!!

 

アフィリエイト 広告

個人のブログなどに、自社の広告のリンクを貼ってもらい、そのリンク経由で成果が発生した場合に報酬を支払う「成果報酬型広告」と呼ばれるデジタルマーケティングです。

例えばそのブログ主の実際の体験などに絡めて「私もその経験ある!」と共感を生み出すことができます。

その流れでスムーズに広告を出すこともできるのがこのアフェリエイト広告の特徴の1つです。

リスティング広告

リスティング広告とは、Googleなどの検索エンジンの検索結果の広告用スペースに広告を表示させるデジタルマーケティング施策です。

テキストのみの広告ですが、その広告から自社サイトに誘導することができます。

消費者が「調べる」という行動に移しているということからも、興味を惹く可能性は高いといえるでしょう。

またSEO対策しても上位に表示されない場合このような方法で検索結果を上位に食い込ませることができる施策です。

 

今後さらに求められるデジタルマーケティング

今後、どんな企業にも求められるデジタルマーケティングですが、具体的にはどんなマーケティングが求められるのかを解説します。

特に、飲食店や小売店などは今後ではなく「今」求められているマーケティングになるでしょう。

1:人との関わり・コミュニケーション

2:機械学習や統計

人との関わり・コミュニケーション

いくらAIが進歩しようと、人間のようなコミュニケーション能力を獲得するのは、遥か先の未来でしょう。生きているうちにはそんなAIには出会える可能性は非常に低いです。

他者との連携や意見交換、交渉をするときは、やはり人間力が必要になります。

人は、相手に好意を持っているかどうかで、商品やサービスを購入するかという判断を行う場合がほとんどです。

多くの人は、まず感情で商品の購入を決めたから後で買ったことに理由付けを行います。

参考は「影響力の武器」

好意を持たれることが、購入を決定付ける要素になるので、人との関わりやコミュニケーションを大事にすること今までもこれからも非常に重要です。

機械学習や統計

現在、IoTやAIの技術は急速に進歩しており、近い将来どんな会社でもこれらの技術を利用することができるような環境が整うでしょう。

 

そうなれば、いかに顧客情報を管理しそれを扱うかという点が非常に重要になってきます。

管理した顧客情報から、その顧客にあった情報を提供する。(レコメンド)

これからは、顧客ごとに合わせた情報を提供するための機械学習や統計を扱う能力が重要視されるでしょう

 

まとめ

いかがでしたか。

デジタルマーケティングについてとその具体的な施策に加えて、デジタルマーケティングの必要性を「過去と現在」通して解説しました。

また、今後情報だけではなく「共感」を生み出すことも重要であるとわかりました。

 

今後もさらにインターネットの進化が進むと予想される一方で消費者に求められているもの、AIに作れないもの、「良質なコンテンツ」です。

コンテンツは人を動かし、自然に購買につなげる力があります。

短い小説や画像を掛け合わせた絵なら今のAIでも作れるそうですが、商業用のコンテンツとしては使えるレベルにはありません。

また、優れたマーケティテング施策も企画力がものを言います。

「共感を生む」ことに加え、人間だからこそ生み出せるコンテンツの企画力を強化してそれをデジタルマーケティングに反映させていくことを意識しましょう。