投稿日:

ポイントカード導入の6つのメリットを徹底解説|アプリで今すぐ始める!?

「ポイントカード(スタンプカード)の導入を検討している」

「ポイントカードって実際に効果があるのか不安だ」

そんな方に向けて今回は、ポイントカードを導入する6つのメリットを紹介します。

 

ポイントカード・スタンプカードを導入する6のメリット

1:顧客の再来店を促し、顧客の定着させる

2:顧客情報をの収集し、顧客分析を行うことでで効果的な施策を打ち出せる

3:顧客満足度の向上による顧客との良好な関係の構築または維持

4:他店との差別化

5:客単価の向上

6:顧客の囲い込み

 

1:顧客の再来店を促し、顧客の定着させる

ポイントカードの最大の目的は「顧客の再来店を促し、顧客を定着させる(常連になってもらう)」ことです。

 

多くの新規顧客が常連にならないのは、あなたのお店が気に入らないという理由ではなく、大抵の場合はお店の存在を忘れているからです。

 

ポイントカード(スタンプカード)を配布することで、財布を開けたときあなたのお店を思い出し、ポイントが貯まるという理由で来店する。

ポイントカードがきっかけに何度か来店してもらい、知らないうちに「常連客」になってくれることを狙っています。

 

ただ、ポイントカードを配布している店舗も多いので、ポイントカードを発行するだけでは、なかなか顧客の定着に繋がりにくいのが現実です。

ですが、それは下記で紹介する「顧客情報の分析による施策」により解決できる可能性があります。

 

2:顧客情報をの収集し、顧客分析を行うことでで効果的な施策を打ち出せる

ポイントカードの入会時に、顧客情報を自然に得ることができます。

名前や年齢、住所、メールアドレスなど、またポイントシステムとレジのシステムを紐づけることで、誰が何の商品を購入したのかも分かります。

 

これらの顧客情報を分析することで、効果的なキャンペーンや施策を打ち出すヒントを得ることができます。

 

優良顧客を判定するにはRFM分析を使うことができます。

PFM分析とは「最新の購入日時(R)」「購入頻度(F)」「購入額(M)」を合わせて分析する方法です。

 

他にはバスケット分析と呼ばれるものがあります。

バスケット分析では、どの商品が一緒に変われやすいかを分析することができます。

有名な例だと、おむつとビールが一緒に購入されやすいという分析結果を使い、おむつ売り場の横にビールを置いたことで売上が伸びたという話があります。

(実際に売上が伸びたというデータはないが有名な話)

 

他にも、ジュースと咳止め薬が一緒に売れやすいというのもあるようです。

 

このように収集したデータから、買われやすいパターンを見つけて施策を打ち出すことができます。

将来的にはビックデータやAIなどが関わってくる分野になるでしょう。

 

3:顧客満足度の向上による顧客との良好な関係の構築または維持

ポイントカードの導入によって得られる効果の一つとして、顧客満足度の向上があります。

ポイントカード(スタンプカード)を導入するだけでは、その効果を得るのは難しいですが、ポイントカード導入によって得られた顧客情報をもとに顧客が満足する施策を打ち出していくことで、顧客満足度の向上に繋がります。

 

4:他店との差別化

ポイントカード(スタンプカード)の導入だけで差別化は無理でしょうが、顧客分析による施策と顧客と良好な関係を築くことは、それは他社との差別化になります。

 

5:客単価が向上する

ポイント3倍などのキャンペーン実施中は、まとめて購入しようとする顧客が増えるので、客単価の向上に繋がるでしょう。

通常時に客単価の向上させるのは難しいかもしれませんが、キャンペーンとポイントカードを絡ませることで客単価の向上を狙えます。

 

6:顧客の囲い込み

ポイントカードの最大の役割として顧客の囲い込みというものがあります。

再来店を促す、顧客情報をもとに施策を打ち出す、顧客満足度を高める、そのような過程を経ることで顧客がお店に定着していき、他店舗に行かないように囲い込むことができるでしょう。

 

ポイントカードをデジタル化することで手軽に安価で導入可能!

ポイントカードやスタンプカードを導入するのは、コストもかかりますし、導入に関わる作業も多いでしょう。

 

そこで、アプリを使ったポイントカード(スタンプカード)導入という手段があります。

 

スマホで使えるポイントカードアプリを紹介します。

小さく手っ取り早く、そして無料で始めるなら「Piece Point Card」がおすすめです。

 

Piece Point Card (初期費用0円)

 ・300ユーザーを超えたら1件あたり1円

 

stamps(初期費用0円)

 ・スタンダードプラン 9,800円/月
 ・デラックスプラン  19,800円/月

 

mosta

・スペシャル繁盛店プラン【初期費用】 30,000【月額費用】 4,800 ・ベーシック繁盛店プラン

  【初期費用】 20,000【月額費用】3,800

■ 失敗しないアプリ開発のために

アプリ開発虎の巻無料プレゼント実施中

アプリを作る目的を明確にせずになんとなくアプリを開発してしまっては、大きな予算をかけてアプリ開発を行っても思ったような成果を得ることはできません。
アプリ開発で失敗しないための、始める前に知っておくべき情報・目的を明確にするためのステップを「アプリ開発虎の巻」を公開中!
販促アプリ開発に大いに役立ててください。

■ まずは資料請求!

先ずは資料請求

JokerPieceでアプリ発注をした際に弊社でできることや、過去の制作例、実績など資料にてご覧いただけます。販促アプリのPieceを受託するだけでなく、よりクライアント様に最適なプラン提案をしながら共に作り上げていく開発スタイルを得意としております。またITエンジニア支援、教育訓練事業も行なっております。