投稿日:

担当者は知っておきたい「IoTプラットフォーム」とは?IoTサービスの実例を紹介

「IoTプラットフォームって何?」

「IoTプラットフォームで何ができるのか知りたい」

そんな方に向けて今回は、IoTプラットフォームについて解説します。

 

IoTプラットフォームとは?

IoTプラットフォームの意味を知る前に「IoT」と「プラットフォーム」それぞれの意味をおさらいします。

IOTの意味

IoT(Internet of Things)とは、モノ同士がインターネット経由で繋がることを指す言葉です。

日本では「モノのインターネット」と訳されます。

 

IoTという言葉が使われる以前は、インターネットとはコンピューター同士を繋ぐためのものでした。しかし現代ではスマートフォンやテレビ、カメラなどあらゆるモノがインターネットと接続できるようになっていきました。

それにより、あらゆるモノをインターネットで接続するという言葉や考えが生まれました。

 

プラットフォームの意味

プラットフォームとはいくつかの意味を持つ言葉ですが、ビジネス用語ではモノやサービス、利用者や提供者を繋ぐ場所のことを指します。

また、ITの世界ではソフトウェアが動作する土台のことを指します。

 

IoTプラットフォームの意味

IoTとプラットフォームの意味を知っていただいたところで、それらを合体させた言葉であるIoTプラットフォームを解説します。

 

IoTプラットフォームとは、IoTを用いたサービスを提供するための「基盤」のことです。

ここで言う「基盤」とは、モノ同士をインターネットに繋ぎ、ユーザーがサービスを利用するためのデバイスやセンサーなどのことを指しています。

 

IoTプラットフォームで実現できること

IoTプラットフォームで実現できることは多岐に渡りますが、ここでは主要なものを一部紹介します。

 

IoTデバイス同士を接続する

IoTのサービスを実行するにあたり、さまざまなセンサーやデバイスを使います。

現代のセンサーは気象、温度、動き、湿度、生体、などあらゆるコトやモノを検知でき、デバイスは用途によって多種多様な機能を持ち合わせています。

これらのIoTデバイス(センサーなども含む)同士を接続させることにより1つのシステムやサービスが生まれます。

 

データ収集

上記でも触れましたが、IoTサービスではあらゆるセンサーやデバイスを用います。

スマホやPCもそれに該当します。

IoTプラットフォームでは、センサーなどから取得できる膨大な情報を収集することができます。

実例を出すと「自動車ナンバー自動読取装置(Nシステム)などがそれにあたります。Nシステムとは、日本の警察が設置する走行中の自動車のナンバープレートを自動で読み取り、手配車両のナンバーと照合するシステムです。犯罪捜査等で活躍しています。

 

データ分析

大量のデバイスやセンサーから得た情報を分析し最適な結果を導き出すのもIoTプラットフォームの役割の一つです。

農業などである範囲内に最適な水や肥料を与えたい場合、天候や気温、湿度などをセンサーで読み取り、そこから最適な水やりの量、最適な肥料の量を導き出すことができます。

 

IoTプラットフォームでありがちな間違い

IoTプラットフォームはIoTサービスを実現するための「基盤」のことですが、

目的は、IoTサービスによりユーザーに価値ある体験やサービスを提供することです。

 

なので「モノをインターネットで接続すること」や「いろんなモノにセンサーをつけて情報を集める」だけでは意味がありません・

テクノロジーが重要であることは否定しませんが、あくまでもデータを利用した「価値あるサービス」をどのようにユーザーに提供するかがIoTプラットフォームの本質です。

 

IoTプラットフォームを使ったIoTサービスの例

IoTで米の残量低下を検知し精米したての商品を発送するサービス 「米ライフDash」

米ライフは、IoTを利用した米の流通に関するサービスです。

家庭の米びつに残っている米の量を小型センサー「米びつセンサー」で測定し、残量の低下を検知するとスマートフォンの「米ライフDash」アプリに通知。

同時に、前回購入した商品をアプリ画面に表示、数回タッチして発注と決済を終えると、精米したての米が自宅に届きます。

https://jokapi.jp/crown/iot/

 

バイタルセンサーを利用した介護業務効率化アプリ 「見守りピース」

バイタルセンサーとアプリを連携させ、スマホを持っているだけで離れている場所から、介護者の状態や部屋の状況を確認できます。

センサーが異常を検知した際には、スマホへ通知が送られますので、入居者の異常の早期発見・スタッフの業務負担軽減に貢献できます。

https://jokapi.jp/crown/iot/

 

IoTサービスやアプリ開発の相談ならジョーカーピース 株式会社

https://www.jokerpiece.co.jp/contact/

■ 失敗しないアプリ開発のために

アプリ開発虎の巻無料プレゼント実施中

アプリを作る目的を明確にせずになんとなくアプリを開発してしまっては、大きな予算をかけてアプリ開発を行っても思ったような成果を得ることはできません。
アプリ開発で失敗しないための、始める前に知っておくべき情報・目的を明確にするためのステップを「アプリ開発虎の巻」を公開中!
販促アプリ開発に大いに役立ててください。

■ まずは資料請求!

先ずは資料請求

JokerPieceでアプリ発注をした際に弊社でできることや、過去の制作例、実績など資料にてご覧いただけます。販促アプリのPieceを受託するだけでなく、よりクライアント様に最適なプラン提案をしながら共に作り上げていく開発スタイルを得意としております。またITエンジニア支援、教育訓練事業も行なっております。