投稿日:

多店舗レジにアプリを組み込む方法は?|販促アプリ、ポイントシステムなどを導入する!!

 

業務システムや専用レジにアプリを組み込むのは難しい

多店舗展開しているようなレベルのビジネスを行っている会社であれば、業務の基幹システムや専用レジを運用していることでしょう。

 

ですが、ここ数年でスマートフォンのアプリなどが登場し、使用しているシステムが古く、時代に合わないものになってきている企業も少なくないでしょう。

 

そこで、新しく自社独自のアプリを開発しても今のシステムに組み込むのはとても難しいです。

 

アプリだけが作れる会社に依頼してもシステムとの連携が難しくなり、システム会社にアプリ開発を依頼しても使い勝手が悪い。ではどのようにすればアプリと基幹システム、専用レジを上手く連携させることができるのでしょうか?

おすすめの方法は『共創してくれるようなベンダーを探す』というものです。

 

多店舗レジにアプリを導入するなら共創してくれるようなベンダーを探す

アプリと基幹システムや専用レジを連携させるには、開発を請け負ってもらうより共創してくれるようなベンダーを探すのがよいでしょう。

ベンダーとは、製造元、販売供給元のことです。 特に、コンピュータ、ソフトウェア、ネットワーク機器などのIT関連製品の販売業者のことを指すケースが多く、販売する製品によってハードウェアベンダー、ソフトウェアベンダー、システムベンダーなどと呼ばれています。

引用元 ベンダーとは?

 

基幹システムへのつなぎこみからアプリケーションの開発まで、共に相談しながらシステムを開発できるベンダーを見つけることで、下記のような問題は起きにくくなります。

アプリだけが作れる会社に依頼してもシステムとの連携が難しくなり、システム会社にアプリ開発を依頼しても使い勝手が悪い。

Pieceという選択肢

Pieceはショップアプリの開発をサポートするアプリ開発パッケージで、自社独自のアプリケーションの開発が可能です。

 

Pieceは、基本機能に絞り、デザインも基本のものを使えば、導入費無料で扱うことができます。

(管理画面に利用料が月額10,000円(税抜き)かかるため、完全無料ではない点に注意してください。)

 

Pieceの基本機能

プッシュ通知・・・クーポン配布などをリアルタイムで通知

お知らせ・・・クーポンやキャンペーン情報をピックアップ

クーポン・・・店頭で使えるクーポン画面を配布

フライヤー・・・新商品など配信したい情報を一挙に紹介

 

その他にも様々機能を実装することができます。

ショッピング・・・ECサイトから自動取得した商品情報で手軽に通販が可能

スマホ決済・・・ネットショップとの連携なしでアプリ上での通販が可能

バーコード読み取り・・・バーコードから商品情報の検索ができる

商品リコメンド・・・対話形式の質問でユーザーに最適な商品を絞り込み

チェックイン・・・来店ポイントの付与ができる

スタンプカード・・・毎日アプリを起動することでログインボーナスを付与

配送状況の確認・・・通販で注文した商品の配送状況を照会

プロフィール設定・・・ユーザー情報設定による誕生日クーポンの配布などが可能

ビーコン機能・・・店舗の近くを通りがかったユーザーへお知らせ配信

写真/動画機能・・・写真や動画のアップロードで販促力アップ

SNS連携・・・SNSとの連携によりユーザーからのコメント取得が可能に

お店スタンプ機能・・・アプリ内のスタンプカードを作成、更新

シングルサインオン・・・TwitterやFacebookなどのSNSによるログインが可能に

ジオプッシュ・・・店舗の近くにいるユーザーへお得情報の配信

レシート読み込み機能・・・レシートのスキャンにより他店との比較が簡単に

カレンダー・・・予約管理や定休日、営業日などの通知

順番待ちお知らせ・・・待ち時間が長くなる時に予約でき、順番が近づいてきたら通知

Moba8.net対応・・・ダウンロードユーザーを増やせる広告機能を成果報酬型で利用可能

 

「レジとアプリの連携」「基幹システムとアプリの連携」「ポイントカードをシステムの新規導入」「販促アプリの導入」など現在使用中の業務システムとアプリの連携を考えならぜひご相談ください。
簡単に販促アプリが作成できる無料ツールPieceやその他のアプリに関するお問い合わせはジョーカーピースまで。

■ 失敗しないアプリ開発のために

アプリ開発虎の巻無料プレゼント実施中

アプリを作る目的を明確にせずになんとなくアプリを開発してしまっては、大きな予算をかけてアプリ開発を行っても思ったような成果を得ることはできません。
アプリ開発で失敗しないための、始める前に知っておくべき情報・目的を明確にするためのステップを「アプリ開発虎の巻」を公開中!
販促アプリ開発に大いに役立ててください。

■ まずは資料請求!

先ずは資料請求

JokerPieceでアプリ発注をした際に弊社でできることや、過去の制作例、実績など資料にてご覧いただけます。販促アプリのPieceを受託するだけでなく、よりクライアント様に最適なプラン提案をしながら共に作り上げていく開発スタイルを得意としております。またITエンジニア支援、教育訓練事業も行なっております。