投稿日:

販売促進の手段の具体例と成功実例について

マーケティング画像

良いものさえ作れば、勝手に誰かが発信してくれる。良いお客が良いお客を呼んできてくれる。 そんないわゆる「殿様商売」や「一見さんお断り」な商売が通用するのは、ごく一部の企業のみ。 ここでは、良いものを作って待つだけの非効率な方法ではなく、より積極的に売上げをとっていくための、販売促進の方法について具体例や成功実例とともに解説します。

販売促進の方法や手段

販売は、ただ商品を作って(または仕入れて)棚に陳列するだけでは非効率です。まずは販売促進の基本的な手段から試してみましょう。

売り場や店舗での工夫

売り場はもっとも手軽に装飾やイメージチェンジができるメリットがあります。売り場ですぐにできる工夫といえば、以下のような方法があります。

  • ・POP
  • ・ノベルティ
  • ・クーポン

POPはPonint of purchase advertisingの略で、商品の魅力を視覚的にアプローチできます。 女性向けの店舗であれば可愛らしいイラストを使ったり、実際に使用している写真を活用したり、顧客が「それを購入するメリット」をイメージしやすい効果があります。 ノベルティやクーポンは、顧客が少ない時期のお助けツールとしてはもちろん、あえて客数が多くなる時期に合わせることで、お店を活気付けるメリットもあります。 購入金額を高めに設定して、少し豪華なノベルティを作れば、ブランドやお店のコアなファンに喜ばれます。豪華なノベルティをもらえる特別な自分というものは、年齢性別問わず嬉しいステータスになり得るのです。 クーポンはSNSを利用したり、レシートに印字したりとコストを抑えて即座に発行できるので、導入しやすいメリットがあります。

メディアやイベントで攻めるアプローチ

テレビ・新聞・雑誌・ラジオなどのメディアを活用した方法はまだまだ健在です。チラシやDMも活用次第では効果を期待できます。 ただし、地域を絞って配布するなど、商品特徴やターゲットに応じてアプローチ方法を変える必要があるので注意しましょう。

また、近年はインターネットでの販売促進活動も変化があります。以前はメルマガが主流でしたが、読者登録はしても満足に読んでくれる人ばかりではないのが難点でした。あまりに発信が多いと、配信解除されるリスクもありました。 そこで、近年急激に利用者が増えてきたスマートフォンのSNSが企業の販売促進でも活用されています。メルマガと同様に新商品やキャンペーンの告知などで既存顧客を囲い込む点は変わっていませんが、専用アプリを活用することによって絞られたターゲットを囲い込むことが出来るようになりました。コンテンツ・マーケティングによるブランド認知や、会員制サイトへの誘導などで利用されています。 また、芸能人やユーチューバーなど、インフルエンサーに依頼することで、「利用者の声」として商品やサービスの魅力を発信できることも大きな効果を持っています。

イベントでは、新規顧客の獲得と既存顧客へのアプローチの両方が可能です。身近なものでいえば自動車の試乗会や住宅展示場の見学会、各種相談会などがあげられます。ファミリー単位で集客を目指すなら、テーマパークや遊園地のヒーローショー、季節限定イベントが参考になります。 不特定多数にまず認知してもらうには、ターミナル駅でのサンプリングや大型展示会へのブース出展などでブランドやサービスの認知を促す方法もあります。

販売促進と集客についてのアイデア

販売促進のアイデアは、前述した手段が効果的です。とくに新商品や新ブランドの発表に利用するなら、サンプリングや街頭イベントなど不特定多数へのアプローチは欠かせません。 認知させた後にさらに踏み込んだアプローチをするなら、フリートライアルやデモンストレーションを行いましょう。どんなに魅力的な商品やサービスでも「価格に見合った価値が本当にあるのか」どうかは、試してみなければ分かりません。 手頃な価格もしくは無料で試せるフリートライアルコースや、顧客自身が使っているシーンを簡単に想像できるデモンストレーションは、もっとも効果的な販売促進方法です。 アプローチの準備ができたら、集客にも力を入れてみましょう。現代の集客において必要なポイントは、以下の3つです。

  • ・LP(ランディングページ)の作成・整備
  • ・Web系メディアを活用
  • ・既存顧客を囲い込む工夫

通信販売をメインとしている場合でよくある悩みが「クリック数は多いのに、受注までは至らない」というものです。商品価格が高いから仕方ない、と思っていないでしょうか。 実は、商品価格はあまり重要ではありません。では何故売れないのか、それはLP(ネット上のチラシのようなもの)が魅力的ではないからです。


たとえば、商品の魅力ばかり羅列していて、注文ボタンがページの一番下にしかないLPや、どんな成分が何に効くのかイマイチ分かりにくいLPなどは売れません。 消費者が安心して購入できる表記を心がけましょう。薬機法など複雑な規定を考慮しなければならないのは事実ですが、 配合成分や工場の詳細(国内工場・GMP認定の有無など)の記載がなければ消費者は不安を感じます。 現代のスマートフォン普及率から、スマートフォンからの注文が多いことも想定し、スマートフォンでの見やすさや、注文ボタンへすぐにたどり着ける配慮も必要です。


LPの他にはブログ・Facebook・メルマガ・Twitter・YouTube・LINEの活用も必須です。特定のターゲットにのみ情報発信できる機能や、ダイレクトメール機能を利用したプレゼントキャンペーンなど、活用方法は様々です。 顧客のアカウントにはターゲティングに役立つ情報も満載です。ピンポイントでの情報発信とデータ収集がまとめて出来るシステムを積極的に活用しましょう。既存顧客の囲い込みにも利用が出来ます。活用することでブランドやお店のファンを増やすことに繋がります。

販売促進の成功事例

近年はインターネットを活用した販売促進や集客が主流となっており、他の企業との差別化が必要です。もちろん、「他社に埋もれるから、うちはあえて導入しない」という時代遅れな施策も通用しません。 実際に、クーポンと位置情報を用いた成功事例では、ガストなど飲食店の例が多くあります。


ガストではアプリ限定のクーポンを発信し、位置情報を活用したプッシュ通知やGPS機能を利用した店舗検索などで来客を促しています。わざわざ公式サイトへアクセスして店舗検索をしなくとも、アプリ上で近くの店舗を確認できるのです。 SNSを活用した販売促進は、顧客による情報拡散が期待出来ます。例えばポイントカードのPonta(ポンタ)の例では、Twitterでリツイートやハッシュタグつきのツイートを条件としたサービスやキャンペーンを行っています。
名前や住所などの個人情報を入力せずに済むことから、ユーザーは気軽にプレゼントやキャンペーンに応募ができ、尚且つ企業側は低コストで情報拡散してもらえます。 ブログ以上にリアルタイムで情報が拡散されるため、タイムリーなアプローチが可能です。

ハードオフのように、実店舗と連携した成功例もあります。ネット販売戦略・EC・実店舗を活用したO2O(Online to Offline)施策を導入しています。買取あるいは販売した商品の情報を即座にECサイトと共有でき、顧客からのクレーム対策や商品管理によるタイムロスの軽減を実現しました。
このように、販売促進には今やアプリやWeb、SNSなどのインターネットを利用した手段が欠かせない時代です。これといって施策を行っていないのであれば、まずは導入してみることからはじめましょう。


手軽にはじめるなら、カスタムするだけで自社仕様にできるアプリなどがおすすめです。たとえば販促アプリの【Piece】は手軽にカスタマイズできるうえ、低コストで販売促進を行えます。 Pieceにはプッシュ通知・お知らせ・クーポン・フライヤーなど販売促進や集客に欠かせない機能が揃っています。オプションで更に必要な機能が追加できるため、ゼロから自社開発するよりも低コストです。そして他社に開発を任せるよりも短い開発期間で導入することができます。 「Piece」(https://jokapi.jp/)を活用して、時代に取り残されない販売促進を行いましょう。

まとめ

まとめ

販売促進にインターネットは必要不可欠です。誰でもダイレクトに注文できるLPや情報拡散とデータ収集が出来るSNS活用、顧客の囲い込みに役立つオリジナルの自社アプリなど、手段も様々です。 ゼロから開発しなくても、「Piece」(https://jokapi.jp/)のように骨組みが既にできているサービスをカスタマイズするだけで、時間をかけずに自社アプリが作成できます。これらのサービスを利用して、時代に合った販売促進を目指しましょう。

■ 失敗しないアプリ開発のために

アプリ開発虎の巻無料プレゼント実施中

アプリを作る目的を明確にせずになんとなくアプリを開発してしまっては、大きな予算をかけてアプリ開発を行っても思ったような成果を得ることはできません。
アプリ開発で失敗しないための、始める前に知っておくべき情報・目的を明確にするためのステップを「アプリ開発虎の巻」を公開中!
販促アプリ開発に大いに役立ててください。

■ まずは資料請求!

先ずは資料請求

JokerPieceでアプリ発注をした際に弊社でできることや、過去の制作例、実績など資料にてご覧いただけます。販促アプリのPieceを受託するだけでなく、よりクライアント様に最適なプラン提案をしながら共に作り上げていく開発スタイルを得意としております。またITエンジニア支援、教育訓練事業も行なっております。