投稿日:

ネットで集客を成功させるために参考にしたいネット集客の成功事例!!

ネットで集客する方法はWebサイトの問い合わせページやヤフーのトップページに出るような広告だけではありません。身近なコミュニケーションツールであるSNSも強力な集客ツールになっています。
ネットで集客を考えている方はWebサイトや広告以外の集客方法を知っておかなければ、激しい競争に勝てません。今回はネット集客の方法とその成功事例について見ていきます。

 

知っておくべき、ネット集客の方法


最近、SNSを使って集客に成功している企業が多くなってきました。
たとえば文房具メーカーのキングジムは、Twitterで「中の人」が人気になり、それがきっかけでコラボ商品が誕生したり、一度社内でボツになった企画がTwitterで話題になり、1万以上リツイートされた「円周率ノート」が販売になりました。

Twitterは一度火が付けば、あっという間に拡散するパワーを持つ、強力なネット集客のツールです。そのほかにも10〜30代の女性に支持を受けているInstagramも「女性」「口コミ」という組み合せで強力なツールです。この他、LINE、Facebookも集客方法に利用されています。

他にも多くの企業やお店がSNSアカウントを持ち、宣伝をしているのはSNSを使っている人であれば目にしているでしょう。このようにSNSによる集客が盛んに行われている主な理由に下記のメリットが挙げられます。

 

・SNSのメリット

■利用料が無料
それぞれのSNSはアカウントを無料で簡単に作れます。手軽に発信ができる点は大変魅力的です。メールアドレスさえあれば、今すぐにでも発信を始められます。

■さまざまな機器から更新できる
TwitterやInstagramなどのSNSは、スマートフォンやタブレットでアプリをダウンロードすれば使えるので、出先で投稿したり、情報をチェックしたりすることができます。

■タイムリーな情報に強い
SNSの特徴は、情報がタイムリーにチェックできる点です。今ツイートをすれば、それを多くの人が目にできます。たとえばタイムセールを実施する1時間前、30分前、実施直前にツイートしてそれが誰かの目に止まれば、「ちょっと行ってみよう」というような集客につながる可能性も高くなります。

■フォロー機能で情報を簡単にチェック
例えばTwitterなら、気になるアカウントをリスト化し、フォローをしておくと情報をチェックできます。

 

・SNSのデメリット
■過去の情報になりやすい
SNSはタイムリーな情報にとても強い分、ブームが過ぎた情報や一定の時間が経過した情報は過去の情報に埋もれてしまい、埋もれてしまった情報を探すことが非常に難しい点です。

■工夫をする必要がある
これが一番むずかしい点で、アカウントが注目されなければSNSで効果的に集客することはできません。それには投稿を継続する、ユーザーに応じた投稿内容にするなど運用に工夫が必要です。また、誰もが知っている人気のアカウントになるまでの道のりは長く険しく挫折してしまう企業も多いです。

しかし簡単にネット集客できる方法は、SNSだけではありません。それは「販促アプリ」を利用することです。たとえば、販促アプリPieceではアプリへのプッシュ通知、お知らせ配信、クーポン発行、フライヤーなどの機能も搭載されていて、SNS集客よりも豊富な手段でユーザーにアプローチできます。

わざわざアプリをダウンロードするユーザーは、SNSで情報を得ているユーザーよりも購買意欲が高い傾向があるので、よりネット集客に期待できます。


SNSよりネット集客の成功確率を上げるのであれば、「PiecePiece」のでアプリを開発することがおすすめです。

 

ネット集客の成功事例


TwitterやInstagram、FacebookなどのSNSは利用者が多く、消費者のニーズなど様々な情報を得られるツールとなっています。ここでSNSを使ったネット集客の成功事例を3つ見ていきましょう。

・無印良品の例
無印良品が最初に行ったSNSマーケティングはTwitterで「タイムセールなう」とツイートしたことが成功の発端でした。
さらに、SNSクーポンを配ることで店舗へ足を運んでもらい、多くの商品を買ってもらうという戦略も始め、売上を増やすことに成功しました。

「インスタ映え」するような内装作りや商品紹介コラムに力を入れており、綺麗に飾られた店内、思わず買ってみたくなるような商品の写真などを掲載しています。
もともと「ムジラー」と呼ばれるファンがいる無印良品ですが、こういった細かい心遣いが、無印良品が成果を上げている理由と言えます。

・H.I.Sの例
TwitterやInstagramで「100個割」という学生対象の割引を行っています。100個のユニークな条件が用意されており、そのテーマに沿った画像をSNSに投稿してもらう代わりに店舗に来てもらうことで、旅行代金の割引キャンペーンを行っています。
この方法のポイントは、SNSを日常的に利用している若年層にターゲットを絞り、かつユーザーが楽しめるキャンペーンになっている点です。

 

企業だけではなく、飲食店もネット集客を活用


企業の3つの例を見ていきましたが、企業だけではなく飲食店でもネット集客を活用しています。料理はビジュアルに強いので、特に写真に強いInstagramで強力です。
ネット集客に活用して、成功している事例も多いですが、ここでは2つご紹介します。

・牛角の例
焼肉チェーンの牛角は、キャンペーン企画をSNSで積極的に告知し拡散を呼びかけました。
しかし簡単に拡散されることはないので、牛角は来店時にTwitterで告知をリツイートしてもらうことをキャンペーンの適用条件にすることで拡散に成功しました。

・Plaisir(プレイジール)の例
「ブーケ」をフルーツで作って販売している専門店、Plaisir(プレジール)は商品と芸能人のツーショットをFacebookとInstagramにアップすることで「芸能人の間で話題~」という付加価値を創出することに成功し、さらにインフルエンサー(世間に与える影響力が大きい行動を行う人物のこと)が多く集まる場に積極的に参加して、SNSで拡散してもらうことでブランド認知度アップに成功しています。


ネット集客の方法と成功例について見てきました。ネット集客をするにはSNSの利用が必要とご紹介してきました。SNSとの連携もできる、販促アプリの開発には「Piece」がおすすめです。
今回の事例を参考にネット集客を初めてみるのはいかがでしょうか。

■ 失敗しないアプリ開発のために

アプリ開発虎の巻無料プレゼント実施中

アプリを作る目的を明確にせずになんとなくアプリを開発してしまっては、大きな予算をかけてアプリ開発を行っても思ったような成果を得ることはできません。
アプリ開発で失敗しないための、始める前に知っておくべき情報・目的を明確にするためのステップを「アプリ開発虎の巻」を公開中!
販促アプリ開発に大いに役立ててください。

■ まずは資料請求!

先ずは資料請求

JokerPieceでアプリ発注をした際に弊社でできることや、過去の制作例、実績など資料にてご覧いただけます。販促アプリのPieceを受託するだけでなく、よりクライアント様に最適なプラン提案をしながら共に作り上げていく開発スタイルを得意としております。またITエンジニア支援、教育訓練事業も行なっております。