投稿日:

販促アプリと通販の事例をご紹介

スマートフォンの普及によって、いつでもどこでもネットにアクセスできる時代になりました。これを受けて、ビジネスシーンでもネットを使った集客の必要性が高まっています。
今回は、ネットでの集客に役立つ販促アプリについて、通販(オンラインショップ運営)についてを、事例を交えて解説していきます。

販促アプリとは?O2Oを導入するメリット

O2Oマーケティングは、ネットで集客した見込み客を実店舗に来店させ、購買につなげる企業行動です。自社HPの立ち上げやアプリのリリース、SNSアカウントの創設など、様々なやり方があります。現代では、このオンライン上の活動をうまく組み合わせて、オンラインとオフライン(実店舗)をバランス良く運営していくことが求められています。

販促アプリはその名の通り、自社製品の販売促進を目的としてリリースされるアプリを指します。こちらも各企業が、様々なアプローチでバラエティ豊かなアプリを展開しています。

近年(2016〜2017年)では、大手飲食店チェーンやファッションブランドを中心に、ほとんどの大企業が販促アプリをリリースしています。四角張った真面目なものよりも、少しユニークで顧客の興味を引く要素のあるアプリが支持される傾向にあるようで、2016年のアプリ・オブ・ザ・イヤーに名前を連ねたブランドアプリは軒並み、自社商品の紹介やECショップ機能などのほかに、遊び心をくすぐる「お楽しみ機能」が搭載されていました。

O2Oマーケティングでも、販促アプリを使った施策が今もっとも効果的だと言われています。ワンタッチですぐにアクセスできるので、気軽にチェックすることができます。興味をそそるコンテンツや限定クーポンの配布などで顧客を引き寄せ、自社の商品を知ってもらうことで、実際に来店してもらい、購買に繋げます。

販促アプリを実際に導入するには、まず「どんなアプリを作成するか」の企画を練るところから始まります。自社の製品やサービスの性質を見極め、どんな顧客が多いか(若年層が中心なのか、中高年が多いのか等)も、アプリを企画する際の指針になります。「どんなアプリを、どんな人に使って欲しいのか」を明確にすることが大切です。

次に、開発環境について考えます。自社で開発するのか、他社に委託するのかで、コストや準備、リリースまでの期間は大きく変わってきます。自社で開発する場合は機材、人材の確保が必要ですし、委託する場合は、数ある企業の中から予算や制作実績などを照らし合わせ、適した企業に依頼する必要があります。

O2Oの成功事例!販促・集客などのプロモーション成功のカギとは

O2Oは基本的に、オンラインからオフラインに顧客を誘導する戦略ですが、その逆である実店舗からECサイトへの誘導も実質可能です。これは販促アプリをリリースすることで、来店しなくても同様のサービスが受けられる(購入できる)というオムニチャネルと呼ばれる概念に近い試みですが、こうした施策から成功した事例をご紹介します。

PARCO

PARCOは2012年にECショップ「カエルパルコ」を立ち上げました。最大の特徴はネット通販の多様さで、「通常のネット購入(自宅配送)」と「店頭取り置き予約」の二つの購入方法が選べます。もともとは総合テナントビルとして成功をおさめていたパルコでしたが、実店舗を生かして商圏を拡大させる目的で、ECサイトを開設。実店舗には営業時間という制約がありますが、24時間商品の購入機会が増えたことで、売上拡大につながっています。「カエルパルコ」に参入しているショップには、月間の売上の約20%を「カエルパルコ」によって達成しているところも。
また、パルコはこの他、コーディネート共有アプリ「WEAR」にも参入。二つの販促アプリを連携させ、売上に繋げています。

赤ちゃん本舗

大手ベビー用品専門店の「赤ちゃん本舗」では、少し変わった方法でECショップを盛り上げています。店舗の一部にタブレットを並べ、店内にいながらにしてオンラインで注文する「ネット通販」が話題になりました。会計はその場で行い、最短で翌日以降の配達を行っています。

若者の車離れが進む現代、ベビーカーなどの大きな買い物を持ち帰るのも一苦労です。この購入方法であれば、支払いは店舗で、受け取りは自宅でと、持ち運びの手間を考えずに買い物を楽しむことができます。

また、以下のような集客ツールを導入することで、自社開発の販促アプリと同様の効果を生み出している企業もあります。

ビンゴン

クーポン配布アプリ「ビンゴン」は、秋田県の企業が提供するO2Oアプリ。 ビンゴが成立するとクーポンが配布される仕組みで、ユーザーに楽しんでもらいながらクーポンを配布することができます。

PASSMART(パスマート)

大日本印刷株式会社(DNP)が提供する集客アプリ作成サービスです。多彩な機能が特徴で、お知らせ・プッシュ機能・チラシ・クーポン配布・ポイントシステムなどの基本的な機能に加えて、アンケート機能やインバウンド向けの多言語対応も。また、2016年にはプリペイドカード機能も新たに追加されました。

アパレル業界はみんな使ってる?O2O成功事例

アパレル業界ではO2O施策の導入が特に進められており、各企業がユニークなアイデアでアプリを展開しています。 例えば、ファッション提案アプリ「STYLER」は、アプリからファッションに関する質問や要望を投稿できます。加盟しているアパレルショップの店員は、ユーザーの投稿を元に洋服を提案。気に入ったユーザーは店舗へ足を運んで試着、そのまま購入ができるという仕組みです。

アパレル向けO2Oアプリ「CAAD」では、これまで煩雑だった顧客情報を一つの画面内で管理出でき、来店ポイントの付加や来店頻度、クーポンの使用頻度も把握できます。また、来店した顧客がアプリを使って店舗の情報をシェアすることで、来店経験のない顧客にもお店のお知らせやクーポンを配布できるのが特徴です。

また、渋谷109などで導入されているNEARLYというアプリでは、フォローしたお店に近づくと、過去に興味を持った記事がプッシュ機能でお知らせされ、忘れていたお気に入りを思い出させてくれる機能を持っています。来店ごとに溜まるポイントで商品券と交換することも可能。

アパレル業界は家電業界と並んで、ショールーミング(店舗で見て気に入った商品をネットで購入する行為)が多い業界だと言われています。O2Oでネットと店舗を結びつけることで、他店へ顧客が流出してしまう事態を防ぐことができます。

販促アプリやECサイトを運用することで、O2Oによる集客が実店舗の売上に大きく貢献することができます。また、その逆として、実店舗を持つ企業がECサイトを持つことで全体的な売上の拡大、商圏の拡大もはかることができます。現代におけるマーケティング戦略で大切なことは、オンラインとオフラインのバランスをうまく取り、どちらか一方に偏ることのない運営をおこなうことです。

■ 失敗しないアプリ開発のために

アプリ開発虎の巻無料プレゼント実施中

アプリを作る目的を明確にせずになんとなくアプリを開発してしまっては、大きな予算をかけてアプリ開発を行っても思ったような成果を得ることはできません。
アプリ開発で失敗しないための、始める前に知っておくべき情報・目的を明確にするためのステップを「アプリ開発虎の巻」を公開中!
販促アプリ開発に大いに役立ててください。

■ まずは資料請求!

先ずは資料請求

JokerPieceでアプリ発注をした際に弊社でできることや、過去の制作例、実績など資料にてご覧いただけます。販促アプリのPieceを受託するだけでなく、よりクライアント様に最適なプラン提案をしながら共に作り上げていく開発スタイルを得意としております。またITエンジニア支援、教育訓練事業も行なっております。