なぜ、運行管理システムが導入されるのか?【安全性担保と業務効率化が鍵】
新サービス Piece Crown

なぜ、運行管理システムが導入されるのか?【安全性担保と業務効率化が鍵】

今回は、自治体や企業でなぜ運行管理システムが導入されるのかについて解説します。

 

運行管理システムとは?

運行管理システムとは、車両に取り付けたGPSを使って車両の位置情報を記録・管理するシステムです。

・誰が乗っているのか?

・どこに行くのか?

・どのルートを走ったのか?

・事故歴はあるのか?

・危険運転をしていないか?

それらの情報を自動で管理してくれることにより、正確な業務状況の把握を行うことができます。

 

なぜ、自治体や企業が運行管理システムが導入するのか?

 

事故発生リスクの低減

運行管理システムを導入することで「危険運転」を感知・記録することができます。

それにより安全指導や注意喚起を事前に行うことができるようになるだけではなく、

作業者が無理な運転をしなくなるという効果があります。

 

一般的には下記のような情報を記録することができます。

・急発進

・急減速

・急ブレーキ

・急ハンドル

・アイドリング

・運行軌跡(ルート)

・走行時間

・入庫、出庫時間

・ドライバー情報

・出勤、退勤情報

車両にGPSを取り付けるタイプなら上記の情報だけですが、ドライブレコーダーとGPSが一体になっているタイプであれば運行の状況を映像として記録することも可能です。

映像の記録が可能になると、さらに安全性が高まるでしょう。

 

ドライブレコーダーとGPSが繋がっているタイプの運行管理システム

https://jokerpiece.co.jp/wadachi/

 

管理者の業務効率

運行管理システムを導入することで、自社が管理する車両の位置情報や運行状況が一瞬で把握することができます。

また、運行状況に応じて適切に仕事を振り分けることも可能です。

渋滞や事故等の不慮のトラブルが発生しても、他の車両の状況を瞬時に把握しすぐに次の対応をとることができます。

 

管理業務の中で発生する報告書や情報整理も自動で行ってくれる場合が多く、

今までのやってきた作業の多くを減らすことができるでしょう。

 

作業者の負担軽減

運行管理システムは、その言葉の通り運行状況を管理するシステムなので作業者(ドライバー)はマイナスな印象を持つ場合が多いです。

「監視されているようだ」

「サボりを疑われているみたいだ」

「常に見られているようで落ち着かない」

というような思いを持たれることでしょう。

そのような気持ちになることは避けられませんがそれ以上にメリットがあるのが運行管理システムです。

 

作業者(ドライバー)には主に3つのメリットがあります。

・日報や報告書の提出が自動化される

・運行状況や労働環境が可視化されるので労働環境の悪化が起こりにくい

・トラブル発生時に管理者が早急に対応してくれる

 

日報や報告書の提出が自動化される

運行管理システムの一般的な機能の一つに日報(報告書)出力というものがあります。

これは、その日一日またはその月の作業を日報の形式に変換して出力してくれる機能です。

これにより、今までやっていた事務作業がなくなり業務の効率化が実現します。

 

運行状況や労働環境が可視化されるので労働環境の悪化が起こりにくい

次に、運行状況や労働環境が可視化されることにより労働環境の悪化に歯止めがかかるという効果があります。

運行管理システムの情報は基本的に誰でも閲覧できるので、情報が隠蔽されたり、見て見ぬ振りされることが少なくなります。

 

労働環境の悪化は悪意のあるケースもありますが、反対に労働状況を管理者が把握しておらず無理な仕事を依頼しているというケースもあります。

そういったケースでは、運行状況が管理者に伝わることで仕事の配分や条件が均一化されていくでしょう。

 

トラブル発生時に管理者が早急に対応してくれる

運行中の不慮のトラブルが発生した場合、他の車両や作業者の状況を把握することで素早くフォローをすることができます。

何かあった時にすぐに対応してもらえる状況を作ることで、安心感を持って作業に臨めます。

 

+ドライブレコーダーでさらに安全性がアップする

上記ではGPS機器を車両に設置して、それを運行管理を行うというケースを想定してお話ししましたが、

GPS機器とドライブレコーダーが連動しているタイプの運行管理システムもあります。

 

ドライブレコーダーをプラスすることでさらに2つの効果を発揮します。

・事故発生やトラブル発生時の証拠になる

・運転状況を見直しをさせて安全指導を行える

 

事故発生やトラブル発生時の証拠になる

ドライブレコーダーの映像記録によって、事故発生やトラブル発生時の証拠になります。

例を挙げるとクレームが発生した際に、本当は悪くないのにも関わらず証拠がないために作業者(ドライバー)が悪いというように評価されたり、

どうしようもないトラブル発生時に、証拠がないために作業者(ドライバー)の能力不足であるというような評価を与えてしまうようなケースがあります。

 

証拠がないと、何を言っても「言い訳」として捉えられてしまいます。

ですが、実際の映像を見せて「こうだった」と言えれば、言い訳にはなりません。

 

間違った評価や指導は、作業者の意欲を削ぐ行為になってしまいます。

適切で公正な判断をするためにも映像証拠は必要になります。

 

運転状況を見直しをさせて安全指導を行える

逆に、ドライバーに問題がある場合もあるでしょう。

映像がなければ「そんなことはなかった」「私は悪くない」というように言えますが、映像があればその言い分は通りません。

映像をもとにしっかりとした安全指導を行うことができます。

そう言った意味でも、ドライブレコーダーによる映像の記録は非常に重要な意味を持ちます。

 

ドライブレコーダーとGPSが繋がっているタイプの運行管理システム

https://jokerpiece.co.jp/wadachi/