投稿日:

知っておきたいペルソナマーケティング|マーケティングの新常識!?

「ペルソナマーケティングって何?」

そんな方に向けて今回は、ペルソナマーケティングとは何か、そしてペルソナマーケティングの成功事例を紹介します。

 

ペルソナマーケティングとは?

ペルソナ(Persona)とは、元は仮面という意味の言葉ですが、そこから人格や架空の人物という意味に派生します。

 

マーケティングの世界では、消費者像(ユーザー像)という意味で使われ、

年齢、性別、出身、趣味、年収、仕事、などを細かく設定し実際に存在しているかのような消費者像のことをペルソナと言います。

 

この架空の消費者像に対して刺さる商品の開発、プロモーションを行うことが『ペルソナマーケティング』です。

ペルソナマーケティングでは、詳細な設定がされた消費者像(ペルソナ)を想定して商品開発やプロモーション活動を行ないますが、実はそのペルソナだけでなく他の多くの人の心に刺さる商品やプロモーションになるという考え方があります。

 

ちなみに、ペルソナマーケティング以外にもターゲットマーケティングやニッチマーケティングなどが似ているものがありますが、それはまた違うものです。

 

ペルソナマーケティングの3つの特徴

メンバーと同じ消費者像を共有できる

年齢や性別、仕事を層で分けるマーケティング手法では、詳細なイメージを共有しにくい傾向があります。

しかし、ペルソナマーケティングでは、詳細な消費者像を設定するのでメンバー同士で同じ消費者像を共有することあができます。

メンバーとの情報共有ができることで、商品開発・マーケティング活動をスムーズに行うことができます。

 

市場を絞ったマーケティング活動ができる

ペルソナマーケティングでは、市場を絞ったマーケティングができるというメリットがあります。

大企業のように大量に製品を製造し大きく広告を打ち出し一気に売る(マスマーケティング )のような手法は、中小企業や個人事業主では無理があります。

ですがペルソナマーケティングを行うことで小さな市場に一点集中して事業を行うことができ、小さい市場とはいえ高いシェア率をもつことができるでしょう。

 

近年では『グローバルニッチ』というものが注目されており、たとえ国内で小さな市場であっても世界規模であればそれは大きな市場になるという考え方です。

日本では、ニッチすぎて儲からなくても中国や英語圏の国を含めれば大きな市場になるでしょう。

 

またペルソナマーケティングは、市場を絞った(ニッチ)マーケティングと非常に相性がいいです。

 

ペルソナの設定を誤ると効果が低くなる

ペルソナマーケティングでは、当然ながらペルソナの設定が非常に重要になってきます。

自社の商品やサービスを実際に買ってくれるであろうペルソナを設定する必要がありますが、だからと言って自社にとって都合のいい設定ばかりのペルソナではそれはそれでマーケティングの効果が弱くなるでしょう。

 

ペルソナを設定する前にはユーザーの調査と分析をしっかりと行う必要があります。

その調査の際、SNSやアンケートなどを活用し情報を集めることで精度の高いペルソナ設定を行うことができるでしょう。

 

そのほかのポイントとして、一度ユーザーの年齢帯、趣味趣向、職種などをおおまかに決めてから少しずつ情報を肉付けしていく方法なども有効です。

 

ペルソナマーケティングの事例

カルビー

ジャガビーの発売にあたり『20~30代の独身女性』というペルソナを設定し見事成功しました。

「文京区に住むおしゃれな20~30代の独身女性」の部屋においてあっても違和感がないようなパッケージにし、カルビーの商品サイトにはターゲット層の部屋をイメージしたデザインをほどこしたりと徹底的にペルソナに向けてマーケティングを行ないました。

ジャガビーの全国展開後。あまりの人気に生産が追いつかず、中四国、九州、沖縄で3週間の販売中止に追い込まれました。また「じゃがりこ」以来の大ヒット商品となっています。

自己流「ペルソナ」で大ヒット商品生み出す「ジャガビー」の最重要顧客は文京区在住の27歳独身女性

 

アサヒビール

アサヒビールは、定量的なデータを分析と2000人の消費者インタビューによって

「年収900万円の44歳の自営業者で、家族は1歳下の妻と長男16歳、長女13歳の4人家族で都内在住」というペルソナを設定しました。

それ以外にも30代をターゲットにしたペルソナなども作成されたそうです。

そのペルソナの基本的な属性から性格や価値観といった内面までを一枚の紙にまとめた結果、冷えた発泡酒をイメージさせる商品名とパッケージに行き着いたそうです。

結果、2009年3月発売開始から6月末までに296万箱(1箱大瓶20本)を販売し大成功を収めました。

「クールドラフト」ヒットの裏にペルソナあり  30代と40代の定番ユーザー像を作って感情移入

■ 失敗しないアプリ開発のために

アプリ開発虎の巻無料プレゼント実施中

アプリを作る目的を明確にせずになんとなくアプリを開発してしまっては、大きな予算をかけてアプリ開発を行っても思ったような成果を得ることはできません。
アプリ開発で失敗しないための、始める前に知っておくべき情報・目的を明確にするためのステップを「アプリ開発虎の巻」を公開中!
販促アプリ開発に大いに役立ててください。

■ まずは資料請求!

先ずは資料請求

JokerPieceでアプリ発注をした際に弊社でできることや、過去の制作例、実績など資料にてご覧いただけます。販促アプリのPieceを受託するだけでなく、よりクライアント様に最適なプラン提案をしながら共に作り上げていく開発スタイルを得意としております。またITエンジニア支援、教育訓練事業も行なっております。