投稿日:

なぜポイントカードアプリを導入する店舗が増えている理由を解説!!

近年、ポイントカードアプリを導入する企業が増えています。

そこで今回は「なぜ多くの企業がポイントカードアプリを導入するのか」を解説します。

ポイントカードアプリとは?

ポイントカードアプリとはその名の通り、お店で使えるポイントカードを「アプリ」にしたものです。

最近ではLINEショップカードなどが有名ですが、店舗で簡単にポイントカードを導入でき、費用も抑えられるということで、導入する企業も増えています。

 

自社のポイントカードアプリを運営している企業

・小売店

無印良品、IKEA、ニトリ、ゲオ、タワーレコード、ABCマート etc…

・アパレル

UNIQLO、GU、ビームス、スーツのAOKI、洋服の青山、スーツのはるやま etc…

・家電量販店

ヤマダ電機、ビックカメラ、コジマ、ヨドバシカメラ、ケーズデンキ、エディオン etc…

・スーパー

ドン・キホーテ、ヤオコー、セイコーマート、リカーマウンテン etc…

 

共通のポイントカードアプリ

Tポイントカード

Pontaカード

楽天ポイントカード

三井ショッピングパーク

 

紙のポイントカードとアプリのポイントカードの大きな違い

ポイントカード『アプリ』は、紙やプラスチック製のポイントカードに比べて安くて簡単に導入できる特徴があります。

紙やプラスチック製のポイントカードには、発行に費用が必要で、お客さんの数が多ければ多いほど痛い出費になってしまいます。

ですが、アプリのポイントカードなら発行にかかるコストが少ないので、ランニングコストを抑えることができます。

 

また、ポイントカードアプリならプッシュ通知を送ることができるので、再来店促進を促すようなセールや割引等のお知らせをお客さんに送ることができます。

 

アプリ市場の成長性

スマートフォンの普及率は年々増加し、今では日本人の80パーセント以上がスマートフォンを保有しています。

また20代だけで見れば98パーセントがスマートフォンを使っているというデータもあります。

スマートフォン所有率は82.2%にまで躍進(最新)

 

その流れでアプリの利用頻度の増加も著しいです。

アプリの月額滞在時間はWebの18倍とも言われており、そんな現状を見て多くの企業の自社のアプリを開発し、その中にポイントカードの機能をつけています。

ポイントカード化することで、従来のようなポイントカードの紛失の手続きやカード忘れでレシートにポイントを付与するような手間が無くなります。

 

このような、スマートフォンの普及率やアプリの利用頻度の増加などの影響から、多くの企業がポイントカードアプリを導入しています。

 

プッシュ通知を使いこなせば集客率アップ!?

プッシュ通知とは、スマホアプリやパソコンソフトなどで何かのメッセージを表示や音を使ってお知らせ(通知)してくれる機能のことです。

このプッシュ通知は、企業がポイントカードアプリを導入する大きな理由の1つになっています。

 

まずプッシュ通知の凄いところは、高い開封率です。

ジャストシステムがスマートフォンを所有する10代~50代の男女1,000名を対象に行った「プッシュ通知に関する実態調査」によると、プッシュ通知を開封して確認する人の割合は全体の93.7%に上りました。

メルマガ  開封率 が10%以下という店舗・企業も多い中で、プッシュ通知はユーザー へのより確実な情報配信手段となっているのです。

引用元 https://ferret-plus.com/8558

プッシュ通知はほとんどのユーザーが開封してくれるお知らせ機能なのです。

また、そのプッシュ機能を見て4割程度の人が何かしらのアクション(買い物に行くなど)を起こすとも言われています。

 

次に、どんなプッシュ通知が開封されやすいのかを紹介します。

ジャストシステムは、ネットリサーチサービス「Fastask」を利用して、直近1年間にECサイトで買い物をした20~50代の男女1,110名を対象に「ECプロモーション別の消費行動調査」を発表しました。

「あなたは、ECサイトのアプリから届くプッシュ通知のうち、開封したくなるものはどんな内容」なのか質問しました。最も多かったのは「割引クーポンの内容」で56.5%、次いで「セール情報」が51.9%、「ポイント倍増」が48.1%となりました。

引用元 https://moduleapps.com/mobile-marketing/push/

多くの人が、割引やセールのプッシュ通知に反応しているようです。

この機能をうまく使うことができれば、大きな集客効果を期待できるはずです。

 

おすすめのポイントカードアプリ

本格的にポイントカードを導入したいならこちら

mosta

 ・スペシャル繁盛店プラン

  【初期費用】 30,000【月額費用】 4,800
 

 ・ベーシック繁盛店プラン

  【初期費用】 20,000【月額費用】 3,800

 

stamps(初期費用0円)

 ・スタンダードプラン 9,800円/月
 ・デラックスプラン  19,800円/月

 

初期投資はかかってしまいますが、mostaの方が長期的に運用するなら安くすみます。

ですが、機能面ではstampの方が充実している印象です。

お客様の利用頻度や最終利用日、利用金額などの情報を収集し管理画面から情報を確認でき購買情報分析や利用状況分析が簡単にできます。

費用をかけてでも本格的なポイントカードの運用をしていきたいならおすすめです。

 

費用をできるだけ抑えて手っ取り早くいますぐ試してみたいならこちら

Piece Point Card (初期費用0円)

 ・300ユーザーを超えたら1件あたり1円

 

Piece Point Cardなら費用はかなり抑えてポイントカードを導入することができます。

使い方は簡単で、店舗のショップ専用のQRコードからお客様にアプリをダウンロードしてもらうだけです。

これでスタンプカードの配布が完了です。

大きな手間も費用もかからず、今すぐに使い始めることができるのが特徴です。

小さく始めたいならPiece Point Cardがおすすめです。

■ 失敗しないアプリ開発のために

アプリ開発虎の巻無料プレゼント実施中

アプリを作る目的を明確にせずになんとなくアプリを開発してしまっては、大きな予算をかけてアプリ開発を行っても思ったような成果を得ることはできません。
アプリ開発で失敗しないための、始める前に知っておくべき情報・目的を明確にするためのステップを「アプリ開発虎の巻」を公開中!
販促アプリ開発に大いに役立ててください。

■ まずは資料請求!

先ずは資料請求

JokerPieceでアプリ発注をした際に弊社でできることや、過去の制作例、実績など資料にてご覧いただけます。販促アプリのPieceを受託するだけでなく、よりクライアント様に最適なプラン提案をしながら共に作り上げていく開発スタイルを得意としております。またITエンジニア支援、教育訓練事業も行なっております。