投稿日:

ポイントカードの導入でリピーター(常連客)は増えるのか?どんなお店で効果が出るのか?

「ポイントカードやスタンプカードをお店で導入するか悩んでいる」

そんな方に向けて、ポイントカードの導入の効果について解説していきます。

 

ポイントカードを導入する目的

ポイントカードやスタンプカードを導入する最大の目的は、

常連客を優遇して再来店を促すことです。

 

特別なサービスや商品を買いに行く場合は別ですが、

どこでも購入できる商品の場合は、ポイントカードを持っているお店に行こうとする方は多くいます。

 

コンビニや薬局、書店など商品やサービスが他の店舗と差別化できない場合、ポイントカードを導入して、常連客を優遇することで再来店を促します。

差別化することが難しいからこその戦略です。

 

それ以外には、ポイントカードを使って顧客情報を集め、マーケティング調査や分析を行うという目的もあります。

 

ポイントカード・スタンプカードが効果的な業種・効果的でない業種

上記でも少しお話ししましたが、

商品やサービスの差別化を行うことが難しい業種ではポイントカードを導入する傾向が強くあります。

また、スーパーや百貨店、チェーン店(飲食店)などの頻繁にお客さんが来店して貰えるお店もポイントカードやスタンプカードを導入する場合が多いです。

 

頻繁に通うお店ならポイントがしっかり貯まっていくので、お客さんにとってもポイントカードを作っておけば、お店に頻繁に通う一つの理由になるので導入する意味は十分にあると言えます。

 

逆に、1年に数回行く程度のお店のポイントカードはあってもポイントが貯まらないので、それが再来店に繋がるかどうかは難しいところだと思います。

 

以上のことを踏まえて考えると以下のような店舗ならポイントカードを導入する意味があると言えます。

・コンビニ

・薬局

・飲食店

・百貨店

・スーパー

etc…

 

逆に、頻繁に通わないポイントが貯まりにくいお店ではポイントカードだけの理由でそのお店に再来店する理由にはなりにくいので、

ポイントカードを導入する費用とランニングコストに見合うだけの効果が得られない可能性があります。

 

スタンプカードの効果(リピート率)を高める方法

スタンプカードによう「再来店促進の効果」を高める方法を紹介します。

結論から言うと「最初におまけをする」ことです。

 

「最初におまけをする」ことでリピート率が高まることを証明した、有名な実験があります。

それは、ジョゼフ・ヌネスとゼイビア・ドレーズという研究者が行った実験で、

ある洗車場の顧客を対象に

「8回利用すれば洗車が一回無料になるスタンプカード」

「10回利用すれば洗車が一回無料になるが、最初から2個分のスタンプが押されているスタンプカード」

 

どちらも8個のスタンプで洗車が一回無料になり、条件は同じです。

違いは、最初からスタンプが押されているかどうかです。

 

この2つのパターンのスタンプカードを利用者に配り、その後の反応を調査しました。

 

「8回利用すれば洗車が一回無料になるスタンプカード」のスタンプを貯めきったお客さんは全体の19%なのに対して、

「10回利用すれば洗車が一回無料になるが、最初から2個分のスタンプが押されているスタンプカード」のスタンプを貯めきったお客さんは全体の34%にものぼりました。

 

この実験には続きがあるのですが、

「10回利用すれば洗車が一回無料になるが、最初から2個分のスタンプが押されているスタンプカード」を貰ったお客さんの方が洗車に来る感覚が2.9日も短くなったことがわかったのです。

 

全くの白紙状態ならわざわざスタンプを貯めようとは思いませんが、

少し貯まった状態から始まることで「せっかくだから少し頑張ってスタンプを貯めてみよう」という感情が働くことでこのような結果が出たのだと思います。

 

ポイントカードの導入を考えているなら

ポイントカードの導入を考えている方に向けて、おすすめのすぐに使い始められるポイントカードアプリを3つ紹介します。

※ここで紹介するのは全てアプリなので、紙やプラスチック製のポイントカードではありません。

 

mosta

 ・スペシャル繁盛店プラン

  【初期費用】 30,000【月額費用】 4,800
 

 ・ベーシック繁盛店プラン

  【初期費用】 20,000【月額費用】 3,800

 

stamps(初期費用0円)

 ・スタンダードプラン 9,800円/月
 ・デラックスプラン  19,800円/月

 

費用をかけてでも本格的なポイントカードの運用をしていきたいならおすすめです。

 

Piece Point Card (初期費用0円)

 ・300ユーザーを超えたら1件あたり1円

 

 

Piece Point Cardは費用はかなり抑えてポイントカードを導入することができます。

大きな手間も費用もかからず、今すぐに使い始めることができるので、小規模でもいいからとりあえずポイントカードをやり始めたいならおすすめです。

 

■ 失敗しないアプリ開発のために

アプリ開発虎の巻無料プレゼント実施中

アプリを作る目的を明確にせずになんとなくアプリを開発してしまっては、大きな予算をかけてアプリ開発を行っても思ったような成果を得ることはできません。
アプリ開発で失敗しないための、始める前に知っておくべき情報・目的を明確にするためのステップを「アプリ開発虎の巻」を公開中!
販促アプリ開発に大いに役立ててください。

■ まずは資料請求!

先ずは資料請求

JokerPieceでアプリ発注をした際に弊社でできることや、過去の制作例、実績など資料にてご覧いただけます。販促アプリのPieceを受託するだけでなく、よりクライアント様に最適なプラン提案をしながら共に作り上げていく開発スタイルを得意としております。またITエンジニア支援、教育訓練事業も行なっております。