投稿日:

Webサイトとアプリのアクセス数と費用の差|プッシュ通知でアクセス数アップを狙う

今回は、「アプリならプッシュ通知1回で圧倒的なアクセス数が増加する」ことと「Webサイトとアプリのコストと導入期間の差」について紹介していきます。

 

Webサイトとアプリの違い

まず、比較対象であるWebサイトとアプリについて簡単に説明します。

 

Webサイトの主な目的は「情報共有」です。

WebサイトとはWikipediaのように、情報の共有を目的としているものを指します。

芸能人のブログや企業のホームページもWebサイトに分類されます。

(正確にはホームページとWebサイトはまた別のものですが、日本においては「ホームページ」=「ウェブサイト」という認識が一般的なのでこの記事でもその前提で話を進めます。)

 

アプリ(アプリケーション)の主な目的は「ユーザーとの対話」です。

商品の購入や商品のレビュー、検索、買い物カゴに追加、などユーザーが積極的に操作できるものがアプリにあたります。

 

詳しくは下記のサイトを参考にしてください

知っておきたいWebサイトとアプリの差!両者の特徴をわかりやすく解説!!

 

通常時のWebサイトとアプリのアクセス数の差

通常時のWebサイトとアプリのアクセス数の差はサービスによるので一概には言えませんが、傾向としてはアプリの方がアクセス数が高くリピーターの数が多いです。

 

当社の調べでは、1.2倍〜1.5倍程度アプリの方がアクセス数が高い傾向にありました。

 

プッシュ通知後のWebサイトとアプリのアクセス数の差

プッシュ通知後のWebサイトとアプリのアクセス数の差は圧倒的な開きがあります。

 

当社が開発しているアプリを例に出すと、

普段のアクセス数が1,500程度のものが、プッシュ通知後に41000と急激にアクセスを伸ばす事例があります。

実に27倍以上のアクセス数の増加です。

もちろん上記のプッシュ通知後のアクセス数の増加は1回限りの現象ではありません。

 

当社のデータですが、Webサイトでプッシュ通知後のアクセス数の増加は2倍程度に止まります。

それを踏まえればアプリのアクセス数27倍以上の増加は圧倒的なものだと言えます。

Webサイトとアプリの導入、運用の差

導入費用

作るものしだいでWebサイトもアプリもいくらでもお金をかけることができるので、一概にどちらの方が安いというのは言えませんが、一般的にはWebサイトの方がずっと安価に制作を依頼できます。

 

Webサイトの導入費用の相場

・オリジナルデザインでWebサイトの制作を依頼:20万円以上〜

・WordPressにWebサイトの設置を依頼:3万以上〜

・テンプレートデザインを使った制作を依頼:10万以上〜

・Webサイトに独自の機能をつけて制作を依頼:100万〜

 

上記の金額をおおよその相場であり、必ずこの金額で依頼できるというものではありません。

また、こだわりしだいでいくらでもお金をかけることができるので、100万円以上かかる場合もあります。

 

Webサイトの導入費用の相場

・マッチングアプリ:100万以上〜

・ECサイト(ショッピングサイト):50万以上〜

・SNS:100万以上〜

・掲示板:50万以上〜

最低限の機能であれば上記に記載の価格で済むと思いますが、独自の機能を盛り込むことを考えると+数百万単位で費用が必要になる場合があります。

 

運用費用

運用費用もWebサイトの方が安く済みます。

もしアプリでプッシュ通知を頻繁にしようとすると、常時それに耐えられるサーバーを用意する必要があります。

そのサーバーを維持するのに大きなコストがかかります。

 

当社で開発したあるアプリの実績からいえば、アプリの方がWebサイトより5倍〜10倍程度費用がかかっています。

 

ただ、プッシュ通知のタイミングやアクセスが集中する時間帯が予測できるのであれば、アクセス数が増える時間帯に合わせてサーバーを増強するスケジュールを組むことができるので工夫しだいでコストを大きく抑えることが可能です。

 

導入までの期間

Webサイトよりアプリの方が1.5倍ほど導入まで期間がかかります。

また、アプリは1.5倍の期間に加えて審査を通す期間が1ヶ月ほどかかります。

 

それを考慮するとアプリ開発の方が+数ヶ月、導入までに時間がかかると言えます。

 

アプリ開発に挑戦するなら

この記事ではWebサイトとアプリのアクセス数の違いとかかる費用について解説しました。

アプリの方が費用と費用がWebサイトよりもかかりますが、プッシュ通知後のアクセスは圧倒的に増えます。

販促活動において多くのユーザーに一気に情報を届けることができるというのは他社を引き離す大きな強みになります。

 

現在、自社の販促用アプリの開発を検討されているのであれば、

運用費用を考慮し、プッシュ通知機能によるアクセス数のアップの実績があるPieceをぜひご検討ください。

 

プッシュ通知だけを検討されている方はこちらの記事をぜひご覧ください。

「無料でプッシュ通知!!」プッシュ通知の効果を最大化させる方法を紹介

■ 失敗しないアプリ開発のために

アプリ開発虎の巻無料プレゼント実施中

アプリを作る目的を明確にせずになんとなくアプリを開発してしまっては、大きな予算をかけてアプリ開発を行っても思ったような成果を得ることはできません。
アプリ開発で失敗しないための、始める前に知っておくべき情報・目的を明確にするためのステップを「アプリ開発虎の巻」を公開中!
販促アプリ開発に大いに役立ててください。

■ まずは資料請求!

先ずは資料請求

JokerPieceでアプリ発注をした際に弊社でできることや、過去の制作例、実績など資料にてご覧いただけます。販促アプリのPieceを受託するだけでなく、よりクライアント様に最適なプラン提案をしながら共に作り上げていく開発スタイルを得意としております。またITエンジニア支援、教育訓練事業も行なっております。