投稿日:

リアル店舗の存在意義とは?ネットとリアルの現状

ネットでの買い物が普及してきた現在、実店舗の存在意義は何なのかという疑問が出てきています。ネットで買い物をすると、ボタンを押すだけで商品が家に届くのでわざわざ店舗に行く必要もなくなります。今後、今よりもネットショッピングが普及していくと考えられる中で、実店舗はどうなっていくのか考え、ご説明します。

 

リアル店舗とネットショッピングの現状

ネットショッピングが普及してきていると言ってもアメリカなどと比べると、日本はまだまだ遅いほうです。しかし、日本のネットショッピングの利用率が年々増えていることに変わりはないので、これからさらに利用率は増えていくでしょう。

 

下記のように、総務省の調査でネットショッピングの利用率は増えていることがわかります。

総務省「家計消費状況調査結果」によると、我が国の二人以上の世帯においてネットショッピングを利用する世帯の割合は、2002年に5.3%だったが、2016年には27.8%に、1世帯当たりのネットショッピングでの月間支出総額(利用した世帯に限る)は30,678円となっている。

 

引用元

http://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/whitepaper/ja/h29/html/nc112320.html

 

ネットショッピングが急速に普及した大きな理由として「スマートフォンの普及」があるでしょう。ネットショッピングを利用している人の多くは、スマートフォンで買い物をしています。

 

これだけネットショッピングが普及していますが、やはり実物を見られない、触れないというデメリットはまだ残っています。そこで、消費者は実店舗に行って実物を確認してからネットで買うということをしているのです。ネットでは定価よりも割引をして売っていることもあるので、消費者はより安く買うために、実店舗に行っても見るだけで買わない人もいるのです。せっかく実店舗に来てもらっているのに実店舗をショールームのように使われると、店舗側からするととても悔しいでしょう。

 

リアル店舗の存在意義

ネットで買い物ができるようになると、実店舗の存在意義が何なのかわからなくなります。ネットですべてが解決するのになぜ実店舗は必要なのでしょうか。

まず、実店舗のメリットを考えてみましょう。

 

・商品を実際に見て、触れられる

・店員から直接、接客サービスを受けられる

・「ショッピング」という行為を楽しむことができる

・その場で商品が手に入る

・返品や交換がしやすい

・店舗に並んでいるのは選び抜かれた良い商品が多いので良い買い物がしやすい

etc・・・

まだまだメリットはあると思いますが、代表的なメリットはこのくらいでしょう。

 

そして、最近言われるようになった実店舗のメリット、実店舗ならではの要素は『体験』という価値です。

インターネットで買い物をするとき、選んで購入ボタンを押すだけなので簡単ですが、あまり買い物をしているという実感はないでしょう。人間はストレス発散に買い物をする人もいるくらいですから、「買い物」という行為は「買い物してる!」と実感できるほうが刺激になるはずです。実際に店舗に行って買い物をすることもひとつの体験です。

ネットショッピングが普及して店舗に行かないことが当たり前になるほど、自ら動いて、自分が何を体験しているか実感したいと思うようになるのだと思います。

SNSをするのが当たり前になればなるほど、SNSに疲れてSNSをやめてしまう、アナログな世界に戻ってしまうことがあるように、人間は昔のやり方に戻りたくなることがあるのでしょう。

 

ネットショッピングが普及しても店舗がゼロになることはないと考えられます。

しかし、今までの「店舗は買い物をするところ」という考え方は変わるでしょう。やはり、ネットで買い物をするほうが楽なのは事実です。先ほども書いたように、今の時代、店舗をショールームのように使っている消費者もいるのです。将来は、実店舗はショールームのように使われ、『体験』をする場、ネットは決済をしたりお金のやりとりをする、つまり『買い物』をする場というように役割が変わるでしょう。

実店舗の役割が変わると考えられる今、商品を売る以外にも店舗ができることを今から考えていくことが重要です。

 

■ 失敗しないアプリ開発のために

アプリ開発虎の巻無料プレゼント実施中

アプリを作る目的を明確にせずになんとなくアプリを開発してしまっては、大きな予算をかけてアプリ開発を行っても思ったような成果を得ることはできません。
アプリ開発で失敗しないための、始める前に知っておくべき情報・目的を明確にするためのステップを「アプリ開発虎の巻」を公開中!
販促アプリ開発に大いに役立ててください。

■ まずは資料請求!

先ずは資料請求

JokerPieceでアプリ発注をした際に弊社でできることや、過去の制作例、実績など資料にてご覧いただけます。販促アプリのPieceを受託するだけでなく、よりクライアント様に最適なプラン提案をしながら共に作り上げていく開発スタイルを得意としております。またITエンジニア支援、教育訓練事業も行なっております。