投稿日:

お客さんを固定客にさせるポイントカード の作り方!!心理を利用したテクニック

 

「固定客(リピーター)を増やしたい」

そんな方に向けて今回は、ポイントカード・スタンプカードで固定客を増やす2つのポイントと具体的な例を紹介します。

 

固定客を作るポイントカードの作り方の2つのポイント

 

目標勾配効果

目標勾配効果とは「ゴール(目標)の近くまで来ると、それが達成できそうだと感じモチベーションが上がる」という心理のことです。

 

逆に言うと、ゴールまでの距離が遠すぎると、やる気やモチベーションが上りにくくなります。

 

ここで、目標勾配効果を証明したある実験を紹介します。

あるカフェでコーヒーを用いた実験が行われました。

そのカフェでは「コーヒーを10杯飲むと1杯無料になる」というサービスを提供し、お客のコーヒーを注文するペースを調査しました。

その結果、10杯に近くほどに、次のコーヒーを注文する間隔が短くなると言う結果が出ました。

これはまさに、目標勾配効果の典型的な例です。

 

これに近い実験で、

・コーヒーを10杯飲むと、1杯無料になるスタンプカード

・コーヒーを12杯飲むと、1杯無料になる。ただし、スタンプは最初から2つ押してあるスタンプカード(実質10杯で1杯無料)

この2種類のスタンプカードをお客に渡して反応を調査するという実験が行われました。

その結果、最初からスタンプが2つ押してあったスタンプカードを渡されていたお客さんの方が、高確率で無料の一杯を受け取りました。

 

このようにゴールまでの距離を短く見せるだけでも、目標勾配効果が得られるということがわかります。

 

10回来店で固定客!?

「3回来店したら顧客になり、10回来店したら固定客になる」とよく言われています。

『3回安定・10回固定』という言葉が使われている場合もあります。

 

簡単に言うと、3回通うと安定的にお店に通ってくれる顧客になり、10回来店してもらえると固定客(リピーター)になるというものです。

 

この効果を利用するなら、3回目の来店時と10回目の来店時に特典を用意しておくなどすることで、

固定客(リピーター)を増やすことができる可能性が高まります。

 

ポイントカード・スタンプカードの設計(設定)の例

上記で紹介した2つのポイントを活かした、ポイントカード・スタンプカードの設計方法を紹介します。

 

1:ゴールまでの距離を短く感じさせる

スタンプカードなら最初に2個くらいのスタンプを押し、ゴールまでの距離を短く感じさせましょう。

 

2:ちょうどいいタイミングで得点を作り、来店するきっかけを作る

3回目、10回目に得点を用意し、顧客化、固定化を目指しましょう。

 

 

おすすめのポイントカード・スタンプカードアプリの導入方法

ここでは、おすすめのポイントカードアプリ・スタンプカードアプリを3つ紹介します。

 

規模が大きなお店の場合

 

mosta

 ・スペシャル繁盛店プラン

  【初期費用】 30,000【月額費用】 4,800

 ・ベーシック繁盛店プラン

  【初期費用】 20,000【月額費用】 3,800

 

stamps(初期費用0円)

 ・スタンダードプラン 9,800円/月
 ・デラックスプラン  19,800円/月

 

どちらも素晴らしいポイントカードアプリです。

初期投資はかかってしまいますが、mostaの方が長期的に運用するなら安くすみます。

費用を抑えながらも本格的なポイントカード導入を希望するならおすすめです。

 

機能面ではstampの方が充実しています。

お客様の利用頻度や最終利用日、利用金額などの情報を収集し管理画面から情報を確認でき購買情報分析や利用状況分析が簡単にできます。

費用をかけてでも本格的なポイントカードの運用をしていきたいならおすすめです。

 

費用をできるだけ抑えて手っ取り早くいますぐ試してみたい場合はこちら

 

Piece Point Card (初期費用0円)

 ・300ユーザーを超えたら1件あたり1円

 

Piece Point Cardなら費用はかなり抑えてポイントカードを導入することができます。

使い方は簡単で、店舗のショップ専用のQRコードからお客様にアプリをダウンロードしてもらうだけです。

これでスタンプカードの配布が完了です。

その後は、スタンプの代わりになる店舗のショップアプリからお客様のスタンプカードを読み取るだけで、簡単にスタンプが押せます。

大きな手間も費用もかからず、今すぐに使い始めることができるので、小規模でもいいからとりあえずポイントカードをやり始めたいならおすすめです。

 

ポイントカードアプリまたはスタンプカードアプリに関するおすすめ記事はこちらです。

 

個人店舗でポイントカード・スタンプカードアプリを導入するべき3つの理由

 

■ 失敗しないアプリ開発のために

アプリ開発虎の巻無料プレゼント実施中

アプリを作る目的を明確にせずになんとなくアプリを開発してしまっては、大きな予算をかけてアプリ開発を行っても思ったような成果を得ることはできません。
アプリ開発で失敗しないための、始める前に知っておくべき情報・目的を明確にするためのステップを「アプリ開発虎の巻」を公開中!
販促アプリ開発に大いに役立ててください。

■ まずは資料請求!

先ずは資料請求

JokerPieceでアプリ発注をした際に弊社でできることや、過去の制作例、実績など資料にてご覧いただけます。販促アプリのPieceを受託するだけでなく、よりクライアント様に最適なプラン提案をしながら共に作り上げていく開発スタイルを得意としております。またITエンジニア支援、教育訓練事業も行なっております。