スマホ決済アプリの種類と特徴、どんな効果があるのか? 販促アプリ開発ラボ | 販促アプリ・企業アプリの開発パッケージPiece(ピース)
「アプリ開発虎の巻」無料プレゼントを受け取る

スマホ決済アプリの種類と特徴、どんな効果があるのか?

近年、キャッシュレス化が進み、スマホの決済アプリがたくさん開発されています。

多すぎてどれを使えばいいのかわからないという人も多いと思います。

それぞれのアプリはどんなことができるのか、スマホアプリ決済がお客様や店舗にもたらす効果をまとめました。

スマホの決済アプリを使うときや店舗に導入するときに参考にしてください。

 

スマホの決済アプリの種類

 

・PayPay
店頭での『決済方法』は2つの方法があります。
・自分のバーコードをお店の機器で読み取ってもらう
・お店のQRコードを自分のスマホで読み取る

『支払方法』はこの3つの方法があります。
・クレジットカード
・PayPayにチャージ、
・Yahoo!マネーにチャージ

利用できる店舗が多いのが特徴です。

 

・LINE Pay
店頭での決済方法はPayPayと同じです。

支払方法は後払いではなく、チャージをして使う方法です。
チャージにはこの6つの方法があります。

・銀行口座からチャージ
・セブン銀行ATMでチャージ
・コンビニ(ファミリーマート)でチャージ
・LINE Pay カードレジチャージ
・QR/バーコードを表示してレジでチャージ
・LINEポイントからの交換

LINEの友だち同士なら送金や送金依頼、割り勘をすることができるのが特徴です。
使える店舗も多いです。

 

・楽天Pay

店頭での決済方法はPayPayと同じです。
楽天会員が使えるアプリで、楽天カードを連携させることで楽天ポイントを貯めることができます。

利用できる店舗が多く、楽天会員なら一番使いやすいのが特徴です。

 

・d払い

店頭での決済方法はバーコードをレジでスキャンしてもらう方法です。
ドコモユーザーなら毎月の携帯利用料金と一緒に引き落としか、クレジットカードでの支払、
ドコモユーザー以外はクレジットカードでの支払のみです。

ドコモユーザー以外も使えて、dポイントを貯めて利用できるのが特徴です。

 

・FamiPay

店頭での支払方法はPayPayと同じです。
決済方法はLINE Payのようにチャージ形式です。
チャージ方法は
・レジで現金でアプリにチャージ
・ファミマTカード(クレジットカード)をアプリに登録してアプリにチャージ

コンビニのファミリーマートが提供しているスマホ決済アプリなのでファミリーマートでしか
使えません。
しかし、ファミリーマートで使える無料クーポンや割引クーポンがもらえることがあるのが特徴です。

 

スマホの決済アプリの効果

スマホの決済アプリを使えばスマホだけで買い物ができるのでとても便利です。
しかし、慎重な方も多く決済アプリを使っている人はあまり多くありません。

アプリで簡単決済!スマホアプリ決済のメリットとデメリット

せっかく決済アプリがあるならばどうすればよりお店にとってのメリットを増やせるのでしょうか。
それは、FamiPayのようにクーポン券を配布するのが一番やりやすいと思います。
クーポンがあればお得に買い物ができるので、消費者はよりお店に来店するようになるでしょう。

FamiPayの場合、「初回ダウンロードで人気商品の無料クーポンを配布する」というキャンペーンを行ったこともあってか、提供を開始してからわずか一か月で300万ダウンロードを超えています。

スマホ決済アプリでクーポン券を配布することで、「キャッシュレスで便利」ということに「クーポン券を使えてお得」という要素が加わり、お客様にとって来店するメリットが増えます。

店舗側にも「レジでの負担が減る」ことに加え、「集客効果がある」、「継続的に来店してもらえる」というようにメリットがたくさんあります。

 

まとめ

ここまで、スマホアプリ決済の種類や効果について述べてきましたが、まだ現金とクレジットカードの利用率が高いのが現状です。スマホアプリ決済は、今後、今よりも信頼を得られて利用率は増えていくことが考えられます。世界的にキャッシュレス化が進み、外国人旅行者も多い日本では世界に合わせてキャッシュレス化を進めていかなければならないでしょう。

そして、少子高齢化が進むと店舗での人員確保も難しくなっていくなかでキャッシュレス化は欠かせない対策でしょう。

お客様にとっても店舗にとってもメリットがあるスマホアプリ決済を取り入れていくのは時代的にも重要なことなのかもしれません。PayPayなど、既存のスマホアプリ決済を導入しても良いし、FamiPayのように自店用のオリジナルの店舗アプリを作るのも良いと思います。