投稿日:

検温測定を徹底するべき理由と検温の種類|今だからこそ感染対策を考える

Withコロナが騒がれるこの時代において、社員や顧客の健康を守るための検温実施は非常に重要です。

そこで今回は、検温測定の種類と実施しないといけない理由を解説します。

 

どんな検温があるのか?

検温は測定方法によって「実測式」「予測式」「赤外線式」に分類されます。

実測式は、5~10分程度かけて正確に体温を測ります。

予測式は、予測式は測りはじめの体温の変化を過去の計測データを使って計算し予測する方法で10秒程度で測定できます。

赤外線式は、耳や額の表面温度を赤外線センサーで測定し、0.5~3秒程度で測定できます。

 

時代の進みに合わせて精度や速度も上がっているので、将来はどの方式でも今より早く、高精度な測定が可能になるでしょう。

 

AI検温測定のような、カメラの前に立つだけで測定できるのは最後に紹介した「赤外線式」の検温測定です。

 

検温測定を実施しないと発生する3つのリスクとは?

検温測定の実施をしないことによる3つのリスクについて解説します。

 

1:感染リスク

検温測定の目的は発熱の疑いがあるものを特定することにあります。

 

発熱の疑いがある人が特定できれば、施設やオフィスの立ち入りを禁止し、人との接触を避けさせることができます。

そうすることで、感染が広がることを防ぐことができるでしょう。

 

そのための検温測定をしないと、発熱があり、感染の原因になりうる人を施設内に入れてしまうことになり、そこから小規模な感染拡大(クラスター)が起こる可能性があります。

つまり、検温測定を実施しないことは感染リスクを増やすことにつながります。

 

もちろん検温測定だけで感染リスクを0にすることはできませんが、感染リスクの軽減という意味では十分に効果が見込める対策でしょう。

 

2:訴訟リスク

コロナウイルスに限らず、様々な病気に感染するリスクがある状況において、

会社や施設が感染対策に取り組まないことは「社員や顧客からの訴訟」を受ける可能性があります。

 

従業員が会社で、コロナウイルスに感染した場合、その責任は十分な感染対策をしていなかった会社に対して「故意な不正行為」や「過失」になると判断されるかもしれません。

そのようなリスクを避けるためにも、検温測定や消毒などの正しい感染対策をするとともに、しっかりと感染対策をしているという証拠を残す必要があるでしょう。

 

そのためには、検温したデータをシステムと連動させて記録したりする方法があるでしょう。

 

3:信用損失のリスク

感染や訴訟といったことが発生することで、会社の信頼を損失してしまう可能性があります。

 

感染者が出れば当然、店舗や施設に人を入れることはできなくなりますし、そのお店に対する印象もよくないものになるでしょう。

 

感染が原因で訴訟を受けとなると、感染防止の対策が取られていない会社というような印象を持たれてしまうでしょう。

 

十分な対策をしていても感染する可能性は0ではありませんが、対策をしっかりとすれば限りなく感染リスクを下げることができます。

また、十分な感染対策をとった結果失敗したのと、感染対策をとらずに失敗したのとでは見え方が全くことなります。

 

取引先や顧客が見る目は非常に厳しいものになるでしょう。

そういった意味で、信用を損失するリスクがあると言えます。

 

コロナの感染対策の実施をお考えの方は、AI検温測定を検討されてはいかがでしょうか?

https://www.jokerpiece.co.jp/sth/


■ 失敗しないアプリ開発のために

アプリ開発虎の巻無料プレゼント実施中

アプリを作る目的を明確にせずになんとなくアプリを開発してしまっては、大きな予算をかけてアプリ開発を行っても思ったような成果を得ることはできません。
アプリ開発で失敗しないための、始める前に知っておくべき情報・目的を明確にするためのステップを「アプリ開発虎の巻」を公開中!
販促アプリ開発に大いに役立ててください。

■ まずは資料請求!

先ずは資料請求

JokerPieceでアプリ発注をした際に弊社でできることや、過去の制作例、実績など資料にてご覧いただけます。販促アプリのPieceを受託するだけでなく、よりクライアント様に最適なプラン提案をしながら共に作り上げていく開発スタイルを得意としております。またITエンジニア支援、教育訓練事業も行なっております。