投稿日:

販促アプリ制作Pieceの使い方をご紹介

Pieceなら手軽にアプリを制作できる

デジタルマーケティングにおいて、アプリを用いたPRや宣伝、販促活動は今や無視できない重要なコンテンツとなっています。しかし、アプリ制作には多大なコストと高い技術が必要となるため、安易に参入出来ないイメージがあるのではないでしょうか。現在、そのような企業や個人を対象に、アプリ制作を補助する様々な開発ツール、サービスが登場しています。
ショップアプリの制作をサポートするアプリ開発パッケージ「Piece」もそのひとつ。オープンソースによるアプリの自社独自開発ができ、「Piece」を利用することで費用をかけずオリジナルのアプリを開発することが可能。以下の5つの基本機能で、アプリを通じたショップとユーザー間のコミュニケーションをサポートします。

  • プッシュ通知

    お知らせやクーポン配布などをプッシュ機能で送信することができます。アプリを開いていない状態でもユーザーにお知らせを表示することができるため、手軽に最新情報を届けることが可能です。このプッシュ機能によってアプリの存在を思い出す人は実に90%以上にも上ると言われ、集客や購買促進において重要な位置を占めています。
  • お知らせ

    クーポンの配布やキャンペーン、お買い得情報などのショップからのお知らせを表示します。また、ジャンルによる絞り込み機能により必要な情報だけをより分けて表示することができます。プッシュ機能との併用により、より効果を発揮します。
    カスタマイズによって過去のお知らせ内容を閲覧することができたり、自社公式サイト、関連サイトへの誘導も容易です。
  • クーポン

    アプリ利用者限定の先行販売、季節ごとのセール、限定値下げなどのクーポンを画像で配信が配信可能です。店舗への集客、商品ページへの訪問率アップが見込め、売上増に繋がります。こちらもプッシュ機能と連動させることで高い購買効果が見込めます。
    配布期間、有効期限を設定することで、クーポンを期間限定にすることもできます。日程を絞り込んだ集客や来店誘導にも効果を発揮します。
  • フライヤー、チラシメニュー

    シーズンに合わせたおすすめ商品や、アウトレットなどのお買い得商品をピックアップ。特定の商品に対してユーザーが閲覧する機会を増やせます。ショップが今売りたい商品を顧客にアピールすることができ、クーポンとの併用で顧客にもお得感を感じてもらえます。
    また、フライヤー機能は自由にカスタマイズが可能なので、店舗スタッフの紹介や店舗案内などその他のPRにも使用可能です。

以上の5つは、ショップアプリを運用するにあたって、必須とも言える重要な機能群。「Piece」でならこれらの優れた機能を盛り込んだ多機能なショップアプリが、初期費用0円で開発可能です。

Pieceにある豊富なオプション、かつカスタマイズも自由自在

「Piece」に搭載できる機能は、これだけではありません。オプション機能を付加することによって、さらに使い方の広がるショップアプリを開発することが可能です。選べるオプションは20種類以上あり、自社ならではのオリジナリティを持たせることができます。

  • SNS連携

    若い世代を中心に多くのユーザーが登録しているSNSとの連携は、購買やショップの認知に大きく役立ちます。ショップ自体がインスタグラムなどの機能を使って商品のアピールを行うケースも増えています。
    SNS連携機能では、ユーザーが購入した商品をSNS上で公開・シェアしたり、商品についての口コミやレビューを書き込んでもらうこともでき、購買や集客に様々なメリットを付加します。
  • ショッピング、メニュー

    アプリを通じたネットショッピング機能を導入できます。商品カテゴリは画像で登録し、Webへのリンクも挿入できます。自社でショッピングサイトを運営している場合においては、複雑な工程なく連動させることもできます。
    カテゴリリストも自動で更新、取り込むことが可能。また、飲食店であれば店舗で販売しているメニューを掲載する機能としても利用できます。
  • 予約管理

    日時を選択して来店予約をすることができます。管理画面からは予約人数などを確認することが可能です。時間や人数に対して上限を設けることで、受け入れ可能な人数の範囲内で運用することができます。予約を効率化することで、コストや手間を削減することにも繋がります。
  • バーコード

    端末のカメラ機能を連動させバーコードを読み取る機能を付加することができます。JANコードを読み込むことで自社の商品サイトに誘導し、商品の詳細情報(生産地、生産者の説明や商品のこだわりポイントなど)に誘導することができます。また、自社の販売サイトとリンクさせることで、関連商品との合わせ買いをおすすめしたり、他商品の購買に繋げることができます。
  • プロフィール

    ユーザーが自身のプロフィールを登録できる機能です。生年月日や居住エリアをあらかじめ登録してもらうことで、誕生日限定クーポンの配布や最寄りの店舗のお買い得情報、地域限定のサービスなどをお知らせすることができます。
  • GPSチェックイン

    GPSを使ってイベント会場などで「チェックイン」させることができます。また、GPS機能を利用して、店舗の近くを通った際に特別クーポンを発行することもできます(ジオプッシュ)。GPSとは関係ありませんが、「Beacon(ビーコン)」という機械を店頭に設置して、来店時に自動的にポイントを貯めることもできます。
  • アナリティクス


    アナリティクス画面サンプル

    アプリをダウンロードしてくれたユーザーの人数やカテゴリごとの分布などを把握できる機能です。前日と当日のアプリのインストール数、前日、当日のアクティブユーザー(アプリを起動、利用したユーザー)数、平均利用時間(前日、当日)、これらの月の累計のグラフ表示が確認でき、アプリがどのような効果を発生させているかを一目で確認することができます。


以上の既存オプション機能であれば、1機能追加につきかかる導入費は4万円です。これらの機能を自由に組み合わせて多機能なショップアプリを作成することができます。
基本的な機能だけを選抜したシンプルなパッケージに、自社アプリの用途や特性に応じて様々なオプション機能を組み合わせることで開発コストを最小限に抑えることができます。アプリの運用に慣れていない最初の段階では、豪華な機能をたくさんつけたとしても、すべて滞りなく運用していくことは困難なのです。「Piece」は将来的に必要となりそうなオプション機能も用意されているため、実際に自社アプリを運用していく中で、ユーザーの反応を見ながら最良な機能を選択して実装していく、ということも可能です。

最後に、実際に「Piece」でアプリ開発を行った二つの事例を紹介します。

コスチュームアワード


イベント「コスチュームアワード」で使用されたアプリです。イベント時は、このアプリを使用した出演者(コスプレイヤー)の人気投票が行われ、優秀者を決めるという企画が行われました。

基本機能に加え、人気投票、イベント情報、来場者ボーナスなどの機能が付加されています。

機能名 カスタマイズ開発費用 導入費用 月額費用
基本機能 24,000円 0円 10,000円/月
コスプレイヤー情報投票 0円 40,000円 5,000円/月
イベント情報 0円 40,000円 5,000円/月
イベント来場ボーナス 80,000円 40,000円 2,000円/月
ログインボーナス
(スタンプラリー連携)
90,000円
スタンプラリー
(クーポン連携)
240,000円 40,000円
ガチャ
(クーポン連携)
240,000円 40,000円
合計 890,000円 200,000円 22,000円

鉄筋人(鉄骨鉄筋の卸業者)


鉄筋人のスクリーンショット

鉄筋人という、鉄骨鉄筋を取り扱う卸売企業の企業アプリです。鉄筋業者専用の電卓機能や、youtubeと連携した自社製品のビデオ紹介、商品一覧リスト機能が搭載されています。

機能名 カスタマイズ開発費用 導入費用 月額費用
基本機能 24,000円 0円 10,000円/月
Facebook表示
(Webビュー)
0円 40,000円
Youtube表示
(Webビュー)
0円 40,000円
合計 240,000円 80,000円 10,000円

今回は、手軽に販促アプリが作成できるPieceの機能について解説しました。
気になったことはジョーカーピースまでお問い合わせください!

失敗しないアプリ開発のために

アプリ開発虎の巻無料プレゼント実施中

アプリを作る目的を明確にせずになんとなくアプリを開発してしまっては、大きな予算をかけてアプリ開発を行っても思ったような成果を得ることはできません。
アプリ開発で失敗しないための、始める前に知っておくべき情報・目的を明確にするためのステップを「アプリ開発虎の巻」を公開中!
販促アプリ開発に大いに役立ててください。