企業が高品質なアプリ開発を行うシンプルな方法!
新サービス Piece Crown

企業が高品質なアプリ開発を行うシンプルな方法!

「質の高いアプリを作りたい」

「数万人、数十万人に利用されるアプリを作成したい」

「ビジネスの基盤となるようなアプリ開発をしたい」

そんな方に向けて、高品質なアプリ開発を行うシンプルな方法を3つ紹介します。

 

高品質なアプリ開発を行うシンプルな3つの方法

①オフショア開発をする

オフシュア開発とは、アプリやシステムの開発を海外の業者に委託・発注することを指します。

日本の会社でも海外のエンジニアに仕事を委託している企業であれば開発費用を抑えて依頼することができます。

費用が少ないことで、同じ開発費用でも日本人だけの開発チームより多くの開発時間をかけたアプリを開発することができます。

 

当然ながら、多くの時間をかけって丁寧に作られたアプリの方が質の高いものになります。

 

近年では東南アジアのオフショア開発が盛んで、一般的に日本人の半額近くのコストで委託することができます。

(現時点での費用感です。)

 

設計や企画、アフターサポートは日本のスタッフにお願いし、

開発やテストは海外で行うというスタイルが一般的です。

 

海外のアプリやソフトは日本人が作ったものより品質が悪いという勘違いがよくありますが、そんなことは全くありません。

どころか英語を扱えるスタッフが多い海外では、日本よりも最新の情報に触れており技術も高いケースも非常に多いです。

 

②自社開発の体制を整える

「良いアプリを作りたい」その考えを突き詰めていくと最終的には「自社開発」に行き着きます。

 

日本では開発会社に丸投げするというような開発手法が多いですが、

アメリカなどでは自社でシステムやサービスを開発してリリースしているというのが一般的です。

 

セキュリテーの問題や柔軟な開発というような観点で考えれば、委託開発はベストな決断とは言えません。

 

体制を整えるのに大きな投資は必要ですが、決して無駄な行為ではありません。

むしろ自社でエンジニアやプログラマーを管理できる体制を整えられれば、

IT分野の発展に大きな一歩を踏み出すことができるでしょう。

 

③経験が多い企業に委託する

経験が多い企業に委託するという方法もあります。

経験といっても質の低い簡易なアプリを量産している会社では意味がありません。

 

長期にわたって幅広いアプリ開発に携わり多くの技術が蓄積されているような企業がおすすめです。

または、事業規模が大きく多くのエンジニアを抱えるような企業でも安心感は高いです。

 

高品質なアプリ開発は高額

上記では、高品質なアプリ開発を行う方法を紹介しました。

その上で知っておいていただきたいことが1つあります。

 

それは「高品質なアプリ開発は高額」だということです。

安いアプリや簡易な機能、セキュリティ面が考慮されていないアプリでしたら非常に安価で数十万で手に入るでしょう。

何万人、何十万人が利用する高品質なアプリはそうはいきません。

 

「ただ、作るだけでしょ。簡単そうじゃん。」

と考えている方も多いですが、

・使ってもらえるアプリにするための緻密な設計

・セキュリティの安全性の担保

・アプリ運用開始からの保守対応やサポート

それらは多くのプロフェッショナルがいて成立する、極めて難しいことなのです。

そういったこともあり、必然的に高額になってしまうのです。

 

ただ、高額な投資の分、大きなリターンがあるのもアプリの特徴です。