デジタルサイネージ導入を成功に導く5つのポイント
新サービス Piece Crown

デジタルサイネージ導入を成功に導く5つのポイント

「デジタルサイネージの運用を検討している」

「デジタルサイネージによる新しい施策を打ち出したい」

「デジタルサイネージに興味がある」

そんな方に向けて、デジタルサイネージ導入を成功に導く5つのポイントを紹介します。

 

デジタルサイネージ導入の5つのポイント

 

1:解決したい課題や導入の目的を明確にする

デジタルサイネージを導入することで自社にどんな変化を望むのかを考えましょう。

「印刷代が高いのでデジタル化したい」

「情報の更新多く紙だと手間がかかる」

「QRコード読み込み等のデジタル施策を打ち出したい」

というように、「何ができないのか」または「何をやりたいのか」を明確にする必要があります。

このような解決したい課題や導入の目的を明確にしておくことで、

デジタルサイネージを導入する際に業者との意思疎通が円滑に進みます。

 

2:設置場所・設置方法を決める

デジタルサイネージの導入において非常に重要なのは「機器(端末)」です。

数あるデジタルサイネージ機器から自社にあったものを選択するためには「設置場所」と「設置方法」を検討して決定する必要があります。

デジタルサイネージの設置場所によって、機器のサイズや明るさ調整などが変わります。

設置方法によっては、設置用パーツの用意が必要になる可能性もあるでしょう(壁掛けなど)。

このようにある程度、運用方法を決めておくことでスムーズな導入が可能になります。

 

3:効果が出るコンテンツを考える

デジタルサイネージの導入目的や導入場所・方法などが決まってきたら「どんなコンテンツを配信するか」を考えましょう。

一方的に商品の情報を配信するだけでもいいですが、それだけでは効果がでにくいのが現実です。

そこで、QRコードからクーポンが受け取れたり、アプリと連動してユーザーとのコミュニケーションが取れるようなコンテンツを検討しましょう。

 

4:効果測定の方法を決める

配信するコンテンツが決定したら効果測定の方法を考えましょう。

デジタルサイネージの設置によってどの程度の効果が出たのかを数値化することで、次のコンテンツ配信の改善をすることができます。

・人感センサーによる視聴者数測定

・QRコード等によるクーポン配布数(利用数)

などの効果測定の方法があります。

このような効果測定を行いながら、より良いコンテンツの配信を目指していきます。

 

5:今後の展望を考える

デジタルサイネージの導入後にやりたいことを考えておきましょう。

・オリジナルの店舗アプリを開発して、連動させたい。

・リアルタイムにコミュニケーションが取れるようにしたい。

などの施策が考えられます。

 

一旦は広告配信用にデジタルサイネージを導入すれば、

時代や状況に合わせてデジタル施策を打ち出していく重要なアイテムとして利用することができます。