アプリ開発の相談方法紹介|アプリ開発で躓かない超シンプルなポイント!!
新サービス Piece Crown

アプリ開発の相談方法紹介|アプリ開発で躓かない超シンプルなポイント!!

「アプリ開発で躓きたくない」

「失敗させないアプリ開発の方法を教えて」

「アプリ開発ってどこに相談すればいいの?」

そんな方に向けて、アプリ開発に躓かないシンプルなポイントを紹介します。

 

アプリ開発で躓かないポイント

①知らない人同士で話さない

②情報収集を徹底的に行う

③目的を明確にする

 

①知らない人同士で話さない

アプリ開発で失敗してしまうよくある原因の一つに、

「アプリやシステムを知らない人同士で話し合って物事を決定してしまう」

というものがあります。

 

プロの判断や知恵を借りずに、素人同士で話し合うと往々にして非現実的な企画が誕生します。

そして、その非現実性に気付かず最終的に大幅な軌道修正が必要になったり、企画自体が取り消しになるケースがよくあります。

 

なので、アプリの開発を考えている時点で、

アプリ開発会社やその道のプロに相談しましょう。

 

②情報収集を徹底的に行う

アプリ開発に失敗する原因2つ目は、情報収集を怠り使い物にならないアプリが出来上がることです。

・どんな技術があるのか?

・どんなトレンドがあるのか?

・ライバル企業のアプリは?

・費用対効果は?

・アプリの特性は?

このような基本的な情報をしっかりと集めた上で意味のある話し合いを行う必要があるでしょう。

ただ、情報収集といっても「何をどうやって調べたらいいのか分からない」というケースがほとんどだと思います。

なので、基本的にはプロから情報収集をするのが一般的です。

ある程度ITに詳しい方なら自身の力で調べてもいいでしょう。

 

③目的を明確にする

目的を明確にしていないアプリは絶対に失敗します。

これはアプリに限らず、業務システムでもWebサイトでも同じです。

 

なんの目的でアプリを開発するのか?

また、その目的の達成にはアプリでなければならないのか?

という点を深く考えておく必要があります。

 

ここが明確でない状態でアプリ開発を始めると、

開発者と目的の共有が出来ず思った通りのアプリが出来上がらないことがあります。

 

アプリ開発で悩んだらまずプロに聞くのが基本

上記でアプリ開発で躓かないポイントを紹介しました。

上記の紹介した3つのポイントのうち①と②は、プロの存在が必要です。

③に関しても自分たちだけでは明確にすることが難しいかもしれません。

①知らない人同士で話さない

②情報収集を徹底的に行う

③目的を明確にする

となると、プロへの相談は必ず必要になります。

では、誰に相談すればいいのか?

相談相手の選び方についてご紹介します。

 

アプリ開発の相談方法は「アプリ開発会社」「知見のある専門家」のどちらか

アプリ開発会社に相談する方法

アプリ開発会社に相談するのがもっとも無難な方法です。

①信頼できそうなアプリ開発会社を選びます。

 

②お問い合わせフォームから、自分たちの課題や目的、どんなアプリを作りたいかを書き、文末に「提案をお願いします。」と一文を添えます。

 

③回答を待つ。

これで、プロからの意見や知見を借りることができます。

たった3つのステップですが、これだけでアプリ開発の成功率がグッと上がります。

 

提案の内容がよければそのままパートナーとしてその企業と一緒にアプリ開発を行うこともできるでしょう。

 

アプリ開発会社選択の重要性!大手とベンチャーどちらを選ぶべき?!

 

知見のある専門家に相談する方法

知見のある専門家に相談する方法もあります。

①スキルシェアサービス、クラウドソーシングなどでITの専門家に相談を依頼する。

 

②その専門家に現状の課題や目的、作りたいアプリについて相談する。

非常に簡単なステップですが、非常に効果があります。

専門家とZoomを繋いでアプリ開発の会議に参加してもらってもいいでしょう。

 

最新の技術やトレンド、アプリの成功事例などについて直接聞くことができるので非常におすすめです。