投稿日:

新ツール!ARKit, ARCoreで何が変わる?

そもそもARって?

ARは「拡張現実」

AR(Augmented Reality=拡張現実)とは、現実の世界に対してコンピュータによる情報を付加することです。例えば、アプリの中で「今、目の前に見えているテーブルの上にコーヒーを置く」ことができます。実際にはコーヒーは存在しないのですが、画面を通して見るといかにも存在するかのように映ります。AR(拡張現実)とは、現実世界の可能性を広げるものと言えるかもしれません。

VR「仮想現実」との違いは?

ARは、ゲームでの実装により話題となったVR(Virtual Reality=仮想現実)としばしば対比されますが、VRは仮想世界が主体であるのに対し、ARは現実世界が主体である、という点が異なります。

AppleのARフレームワーク「ARKit」!その機能とは

2017年6月にアップルは開発者向けの発表会で、ARアプリの開発フレームワークであるARKitを発表しました。これまでも、現実の空間にCGの“物体”を配置することができるといったことは可能でした。ARKitの登場によってARアプリを開発する手間を大幅に削減することができるので、今後は販促アプリや店舗アプリでも導入が進むことでしょう。

さて、ARKitがなぜ大幅な手間を省けるかというと、まずiOS11以降では標準で搭載されているため、無料で利用できます。そして、なにより画像認識だけでなくiPhone、iPadの端末のセンサーを駆使するため、空間の認識力が格段にレベルアップしています。そして、これまでは黒い点などのARマーカーと呼ばれる目印が必要だったのですが、これが不要になりました。
しかし、ARKitを利用できる機種は、iPhone6s以降、第5世代以降のiPadに限られます。

Google、Android側においても対応機種は機種は少ないながら「Tango」というARプラットフォームを用意していましたが、さらに対応機種を増やすべく同年8月にARKitのライバルとなる「ARCore」を発表しています。

次章ではARKitの活用例をご紹介していきます

ARKitで私たちの生活が変わる?

ARKit、ARCoreの登場により、ARがより身近なものとなります。両ツールともに空間の認識能力を改善していき、ARデバイスのプラットフォームの獲得を狙っているものと思われます。発表されて間もありませんが、既にIKEAから家具のARアプリがリリースされています。

IKEA Place

今、この記事を読んでいるあなたも、何度も悩んで購入を決めたステキなインテリアが、いざ届いてみたら想像していたサイズと違う・・という経験があるのではないでしょうか。こちらは、日本でもおなじみのIKEAがAppleと共同で開発しているアプリで、ARを利用し家具やインテリアを仮想的に置くことができる、というアプリです。

やはり和室に洋風の家具はマッチしませんね(^^;

ARナビ

友人オススメのお店に行きたいけどいつも道に迷ってしまう、地図を見るのが大の苦手、という方にも朗報です。イギリスではARを使った道案内アプリが登場しています。これなら目的のお店へ迷わず行けそうですし、歩きスマホで人とぶつかる心配もありません。

このようにARは、これから私たちの生活をより楽しく、より便利なものに変えてくれる可能性が秘められています。

ARアプリについて解説しました。ARを取り込んでデジタルマーケティングを加速しましょう。ARKitを利用した販促アプリへの導入をお考えの方はジョーカーピースまでお問い合わせください。

■ 失敗しないアプリ開発のために

アプリ開発虎の巻無料プレゼント実施中

アプリを作る目的を明確にせずになんとなくアプリを開発してしまっては、大きな予算をかけてアプリ開発を行っても思ったような成果を得ることはできません。
アプリ開発で失敗しないための、始める前に知っておくべき情報・目的を明確にするためのステップを「アプリ開発虎の巻」を公開中!
販促アプリ開発に大いに役立ててください。

■ まずは資料請求!

先ずは資料請求

JokerPieceでアプリ発注をした際に弊社でできることや、過去の制作例、実績など資料にてご覧いただけます。販促アプリのPieceを受託するだけでなく、よりクライアント様に最適なプラン提案をしながら共に作り上げていく開発スタイルを得意としております。またITエンジニア支援、教育訓練事業も行なっております。