投稿日:

ポイントカードをアプリで作成!自分で作る?注文しちゃう?

ショップの集客に欠かせないポイントカード。実際どうやって作ればいいかわからないという方も多いのではないでしょうか。そこで今回は簡単にできるポイントカードの作り方やポイントカードのバリエーションをお伝えしたいと思います。

 

手っ取り早く自分で作ってみるのがいいのかな??

 

ポイントカードを自分で作成する場合に一番手っ取り早いのが、ポイントカード作成用の無料ソフトや印刷用のテンプレートを使用してカードを自作するという方法です。

高価で使い方が難しいデザインソフトを使わなくても、最近ではWebアプリやスマートフォンアプリで簡単にデザインを選ぶだけで作ることができます。

テンプレートの中から好みのものを選び、ポイントカードに記載したい内容などを入力して、あとはデータを印刷するだけ。とってもお手軽です。

もちろん普通のコピー用紙に印刷してしまうと耐久性に難がありますので、厚紙などに印刷しなくてはいけませんが、通常家庭にあるようなインクジェットプリンターでも十分に対応することができます。

ただし、テンプレートのデザインは選べる種類が限られていることや、紙にしか印刷できないなどの制約もあります。プラスチックカード専用のプリンターを買えば、プラスチックカードでも作ることは可能ですが、そのためのコストがかかってしまいます。

デザイン料を無料で作ることができたとしても、頻繁に入れ替えや交換が発生すると、それだけインクや紙のコストが(時間も)かかってしまいます。また、印刷した紙を切り離したり折ったり等の作業も出てきます。印刷ミスや作ったものの修正が発生してしまうと変更や修正にそれなりの時間と費用がかかってしまいます。

少量からできる点はメリットでもありますが、紙が余ったり、わざわざ紙を購入する手間も出てきます。忙しい中、ポイントカードを自作するのは、少し面倒に感じるかもしれません。

 

カード専門店に発注しちゃう方がいいのかな?

 

カード専門店に発注する場合、デザインや台紙の種類を豊富なバリエーションの中から選べるところや、切り離す手間もいらず、インターネットですぐにできちゃうところが一番のメリットです。

費用はかかりますがオリジナルのデザインで作成もしてもらえ、お店の個性も出せアピールすることも可能です。デザインを用意できない場合のデザイン作成などの細かい依頼もできるので安心して頼めます。

なんとなく自作の方が安くできるイメージがありますが、実際のところは印刷するための設備や紙の手配、デザインにかかる時間や、デザイナーにお願いした場合はその外注費用などで、最終的には予想していたより多くの費用がかかってしまいます。

自作する場合と業者へ発注する場合とでは金額面ではそれほどの大差はなさそうですので、最終的には「クオリティ」と「自分の手間」で考えるのがいいでしょう。腕前に自信のある方は「自作」で、面倒だと感じる方は「業者へ発注」でといった感じでしょうか。

 

もっと安くて手っ取り早い方法って、本当にないのかな?!

 

ショップの売上や集客に関わるとても重要なポイントカード。大切なのはわかっているけど・・・、「とにかく面倒くさい!」「とにかくお金をかけたくない!」「でもイケてるポイントカードがいい!」という方にお勧めなのがこちら。

なにも「ポイントカード」だからといって紙のカードで作らなくちゃいけない理由はありません。

「Piece Point Card」を使うと、自分でデザインした、自作ポイントカードアプリを無料で提供できます。
使い方は簡単。自分のショップ専用のQRコードからお客さんにアプリをダウンロードしてもらうだけ。
これで、自前のスタンプカードアプリの配布が完了します。
スタンプの代わりになる自分ショップアプリから、お客さんのスタンプカードを読み取るだけで、簡単にスタンプが押せます。
特別な機材も必要なく簡単に始められます。

初期費用も0円ではじめられて、大きな手間も費用もかかりません。
デザインも簡単に変えられて、運用も楽々。ポイントカードを使ってみたい方におすすめのサービスです。

Stamp Card Piece 無料で始めるポイントカード・スタンプカードのアプリ
 
 

■ 失敗しないアプリ開発のために

アプリ開発虎の巻無料プレゼント実施中

アプリを作る目的を明確にせずになんとなくアプリを開発してしまっては、大きな予算をかけてアプリ開発を行っても思ったような成果を得ることはできません。
アプリ開発で失敗しないための、始める前に知っておくべき情報・目的を明確にするためのステップを「アプリ開発虎の巻」を公開中!
販促アプリ開発に大いに役立ててください。

■ まずは資料請求!

先ずは資料請求

JokerPieceでアプリ発注をした際に弊社でできることや、過去の制作例、実績など資料にてご覧いただけます。販促アプリのPieceを受託するだけでなく、よりクライアント様に最適なプラン提案をしながら共に作り上げていく開発スタイルを得意としております。またITエンジニア支援、教育訓練事業も行なっております。