投稿日:

よく使われるアプリの特徴とは?多くの人に選ばれるアプリを作るには

世の中には数知れずのアプリが存在します。これはいったい誰のために、何の目的で作ったのかわからないものから、スマートフォンやタブレットには必ずと言っていいほどインストールされているメジャーなものまでその種類は計り知れません。

 

しかし、どうせ作るなら多くの人に愛され、活用されるアプリを作りたいものです。多くの人に選ばれるアプリとはどのような特徴があるのでしょうか。

よく使われるアプリの種類は

よく使われるアプリとしてどのようなものがあるのでしょう。

男女、年齢問わずコミュニケーションツールとして今や欠かせないものになったのが、LINEです。ネット行動分析サービスを提供するヴァリューズの調べによると男女ともによく使うアプリナンバーワンはLINEという結果になっていました。この調査によるとLINEは2位以下に大差をつけ圧勝だったことからもLINEのすごさがわかります。

 

次によく使われるアプリとしては、FacebookTwitterがあります。1位から3位までがコミュニケーションツールSNSが占めていることも今の時代を反映しています。

 

4位以下もみてみましょう。4位にはYahoo!JAPAN、5位はMacDonald、となっておりどれも多くの人が一度は目にしたことがあるメジャーなものばかりです。

多くの人からダウンロードされるアプリにはどのような特徴があるのか次項で解説します。

ユーザーがダウンロードしたくなるアプリとは

よく使われるアプリの特徴の一つとして、「ユーザーが思わずダウンロードしたくなるアプリ」ということが挙げられます。

これは一見簡単そうにみえますが、現在のようにさまざまなアプリが溢れている時代では、最も難しく奥が深いと言えます。

 

よく使われるアプリのジャンルとしてユーザーに調査をしたところ1位はSNS、次いでゲーム、動画という結果になっていました。

 

では、ユーザーはどのようなアプリならダウンロードしたくなるのでしょうか。ここには、ユーザーならではの心理がふくまれていました。

 

私達ユーザーは、アプリを選ぶ時にどのようなことを重視するでしょう。それは、多くのアプリの中からユーザーに「このアプリでないとダメだ」「他のアプリでは自分の知りたい情報が正確に得られない」と思わせることではないでしょうか。私達がアプリを選ぶ場合、自分にとってどのようなメリットがどれくらいあるのかという点は非常に大きいでしょう。例えば、アプリ内から受け取ることができるクーポンには、お得感がありますし、電子書籍は手軽にどこでも本や漫画が読めるのでついダウンロードしてしまいます。

 

またこのようなユーザー心理から、そのアプリでないとできないことがある、と思わせることもアプリをダウンロードする一つのきっかけになっていると言えるでしょう。

似たようなアプリをすでに持っていれば、もう必要ないですし、

同じ機能のアプリならばより使いやすい方を選ぶに決まっています。

 

なので、アプリ開発で重要なのは「オリジナリティ」と「差別化」なのは間違いありません。後発のアプリを出したいのであれば、既存のアプリにない機能を搭載しなければ誰も使ってはくれません。

選ばれるアプリや使われるアプリになるためには

では、自社のアプリが多くの人から選ばれ、使われるアプリに成長するにはどうすればいいのでしょうか。そのためには下記のような施策がありますので注意点と合わせてみてみましょう。

 

・まずアプリに興味を持ってもらい、ダウンロードしてもらう必要がある

・今後バージョンアップした場合なども継続して使ってもらうためには、ダウンロードしたきっかけなどにも注目する必要がある

・そのアプリを初めてダウンロードするユーザーの中には、口コミやストアのランキングなどを参考に決めている人もいる

・80%のアプリはダウンロード後、約3日で使われなくなってしまうという現実がある

・多くの人に使われるアプリになるためには、今あるプッシュ通知などを見直す必要がある

・プッシュ通知がユーザーにとって有益な情報ではなかった場合、不快音にしかならず逆に休眠ユーザーになる可能性もある

 

■アプリの利用率を上げるための施策を紹介

 

では、具体的にアプリを継続して利用してもらうための施策をいくつかみてみましょう。

 

・プッシュ通知を送る適切な時間帯と回数を理解しておく。

プッシュ通知の開封率を調査したところ、開封率が最も高い時間帯は19時前後という結果でした。これは多くのユーザーが、仕事や夕飯が終わり一息ついた頃と考えられます。また、プッシュ通知を送る回数を調査した結果、週に1回、月に4回程度という結果が多く適切な回数というものがあることがわかります。

このようなことから、身勝手にプッシュ通知を送るのではなくユーザーの立場に立って考えることも大切です。

 

・アプリを多く使う属性をリサーチする

10代女性の場合はアプリを起動させる回数が1日に100回以上と最も多いと言われています。アプリを企画する場合はまず、どのような属性の人が多く利用しているのかリサーチする必要があるでしょう。

 

アプリの開発を成功させるためには、アプリのオリジナリティと機能性、そして使いやすさなどが何より大切になります。

自社のアプリがダウンロードされない、利用率を上げる方法がわからずに悩んでいる方は、「Piece」がおすすめです。充実の機能と使いやすいインターフェースで、管理側にもユーザーにも優しいアプリ開発ができますよ。

 

多くの人に使われるアプリにはやはり、十分なリサーチと、ユーザーの心理を読む力、他社にはない差別化などが重要になります。

 

アプリをダウンロードしただけで安心していてはいけません。大切なのはアクティブユーザーをいかに増やしアプリのアクティブ率を上げるかです。そのためには自社に何が足りないのかをしっかりと研究することが大切でしょう。

 

■ 失敗しないアプリ開発のために

アプリ開発虎の巻無料プレゼント実施中

アプリを作る目的を明確にせずになんとなくアプリを開発してしまっては、大きな予算をかけてアプリ開発を行っても思ったような成果を得ることはできません。
アプリ開発で失敗しないための、始める前に知っておくべき情報・目的を明確にするためのステップを「アプリ開発虎の巻」を公開中!
販促アプリ開発に大いに役立ててください。

■ まずは資料請求!

先ずは資料請求

JokerPieceでアプリ発注をした際に弊社でできることや、過去の制作例、実績など資料にてご覧いただけます。販促アプリのPieceを受託するだけでなく、よりクライアント様に最適なプラン提案をしながら共に作り上げていく開発スタイルを得意としております。またITエンジニア支援、教育訓練事業も行なっております。