投稿日:

アプリ開発の発注する前に知るべきことは?会社選びは要注意!

 

「自社アプリがほしいが、アプリ開発会社はたくさんあるため、選び方がわからない。」

こう感じたことはありませんか?

アプリの開発会社の選び方はその後のアプリの出来に大きく影響します。

費用や納期、クオリティなどのトラブルを避ける為にも、今回は開発会社を選ぶ際のポイントと注意点をご紹介します。

 

 

アプリを発注する前に

 

アプリ開発の費用や期間の前に、まずはアプリ開発の方法についてご紹介します。

大きくわけてこの3パターンに分類されるでしょう。

 

  • ゼロから独自のアプリを開発する

全く何もない状態から新しくアプリを作ることを「スクラッチ開発」といいます。

スクラッチ開発の場合アプリの開発を専門としている会社に依頼することになりますが、アプリの仕様を同じ条件で依頼をしても費用は開発会社によって千差万別でしょう。

例えば、アプリに実装する機能・iPhoneの「iOS」・Android端末対応・開発に携わる人数・開発にかかる時間などによって変化しますが、特に会社の規模で携わる人数で費用の変動が生まれます。

また、もちろんアプリのタイプによっても費用は異なります。

通話・メッセージアプリ系なのか、ショッピングカート系もしくはSNS連携やアクセス解析のみなのかです。

どちらにせよ、アプリの開発費用に「定価」はないという認識で、相場観をつかむためにも、複数の会社で見積もりすることは必須と言えます。

 

  • ASPサービスで作る

まずASPサービスというのは、アプリ開発に必要なソフトウエアをネットワーク経由で提供している会社のことをいいます。

ゼロからアプリを開発するのその分費用は高くなりますので、一時的に使えるプッシュ通知やお知らせ機能などが使えればとりあえずは十分など、アプリに独自性を持たせる必要がないときに最適な手段です。

ASPサービスの例として開発・運用・ユーザーの李王分析を一括で提供している「ヤプリ」や店舗向けの特化した「GMOおみせアプリ」など様々なASPが存在します。

 

  • 個人開発

最後に個人で開発する場合ですが、必要なのはPCと十分なネット環境、アプリ開発に必要なツールのみで費用をかなり抑えることができます。

ただし、相応のスキルと開発期間が求められます。

 

この3つ以外にも、例えばスクラッチ開発するほどの独自性が必須ではないけれどある程度、拡張性があるアプリが欲しいという場合は、店舗への集客を促す「販促アプリ」を提供する会社に制作を依頼するのがベストです。

また、開発費用やリリース時の導入費をできるだけ抑えたい場合は「販促」アプリを元にカスタマイズを加えるアプリ開発もおすすめです。

例えば販促アプリ「Piece」は4つの基本機能だけなら初期導入費は0円でアプリのリリースが可能です。

その基本機能というのは

 

  • プッシュ通知・・・クーポン配布などをリアルタイムで通知
  • お知らせクーポンやキャンペーン情報をピックアップ
  • クーポン・・・店頭で使えるクーポン画面を配布
  • フライヤー・・・新商品など配信したい情報を一機に紹介

 

もしデザインもテンプレートを使用すると追加のデザイン料もかかりません。

まずはこの基本の4機能でスタートさせ、徐々に機能を追加させることももちろん可能です。

満足のいくアプリの開発なら、豊富な実績とノウハウをもつ「Piece」がお手伝いします。

 


アプリの費用と期間

 

前述したとおり、アプリ開発会社の規模やどういった機能をつけるか、アプリそのものの種類によって変動しますが、複数のアプリの開発見積もり作成用のシミュレータで費用をチェックすると以下のようになりました。

 

アプリの分類開発費用の相場
ショッピングカート系100~300万
カタログ・フリーペーパー系50~100万
通話・メッセージアプリ系100~500万
ツール系50~300万
ゲーム系300~1000万
SNS位置情報系500~1000万
アプリ内課金・多言語・アップ対応各10~20万
SNS連携・アクセス解析各5万

 

また、開発期間に関しても一概には言えないのですが、簡単な検索ツールやショッピング系のアプリで早くて1カ月、平均して3カ月程度を目安にすると良いでしょう。

その他、ゲームや通話・メッセージのSNS系、位置情報系などのアプリ開発期間は、最短でも半年は必要といわれていて、長いものだと1年以上の開発期間がかかったケースもあるようです。



アプリ開発会社の選び方

 

多くの場合依頼主はアプリがどのように制作されているか詳しくなく、漠然としたイメージでアプリ開発会社に頼むことになります。

契約後のトラブルを避ける為にも何を最も重要視して依頼するのかを事前に明確にしておくべきでしょう。

実績重視

ポイントは同様のアプリを制作した実績があるアプリ開発会社を選ぶことです。

過去の経験に基づいて的確な提案ができたり、独自ツールの使用で納期を早めたり安く制作できたりするでしょう。

 

提案力重視

提案力のあるアプリ開発会社なら、たとえ箇条書きのアイデアだけで依頼しても具体的なデザインや設計が可能です。

またユーザーの目線に立って必要な機能を盛り込んでくれます。

さらに綿密なコミュニケーションを取れると、開発中の手直しも容易です。

 

技術力重視

アプリの開発を支えるのは技術力です。

エンジニアの技術力はもちろん、人数も重視したいポイントです。

その点では大手の開発会社が有利ですが、中小でも海外にアウトソーシング(オフショア)するなどして同様の技術力と人数を確保しているところがあります。

しかし、アプリ開発に詳しくないと技術力の違いにも気づくのが難しいという点があります。

 

価格重視

開発にかけるコストはできるだけ抑えたいものです。

ただし価格を優先した選び方をするとアプリのクオリティが低かったり、納期を守れなかったりするなどのトラブルに見舞われがちです。

複数のアプリ開発会社から見積もりを取れば、予算の範囲内で最良のアプリを制作してくれるところを見極めやすいでしょう。

 

スピード重視

アプリは立案してから早く世に送り出したほうが効果は大きくなります。

ただし、納期の早さばかりアピールしてくる開発会社は要注意です。

本当に実現できるのか、実現できたとしてもクオリティを保てるのか確認し、実績や技術力、価格と照らし合わせたいところです。

 



アプリ開発会社の探し方

 

なにを重視してアプリ開発会社を探すかを決めたら次はどのようにして探すかです。

新規にアプリを制作するのならまずアプリ開発会社を探さなくてはなりません。

インターネットで、「アプリ 開発」といったように検索すればすぐに見つけられるでしょう。

しかしインターネットでの検索がゆえに信頼性や技術力が見極められないということがありえます。

最近ではこうしたミスマッチを防ぐためにも作りたいアプリに応じて最適な開発会社を紹介してくれるマッチングサイトがあります。

例えば発注ナビ株式会社の発注ナビです。

自らアプリ開発会社を探すこともできますし、発注内容をもとに発注ナビの専門スタッフと相談しながら厳選した3~5社を紹介してもらうこともできます。

利用は無料で紹介までの時間が短く、何よりもマッチングの精度は他の探し方より期待できるでしょう。

紹介されたところを断っても、その後で営業の電話やFAXが来る心配もありません。

自力でアプリ開発会社を探すのに限界を感じたら、こうしたマッチングサイトの利用も検討してみましょう。

もしくは以前依頼した会社をもう一度利用したり知人からの紹介が考えられます。

インターネットで見つけるよりかは信頼性がありますが、逆に安心しきり他社との比較を怠ったり、断りづらくなる可能性もあるのでその点には注意が必要です。

 

 

アプリ開発会社選びの注意点

 

今まで綿密な計画と用意をしても想定外のトラブルが起きることもあります。

費用について

まずは費用の問題です。

基本的に見積もりの金額でアプリが完成して公開されるのが望ましいですが、大幅な修正や追加開発が発生すると別料金を請求される場合があります。

完成後に不具合が発生したときの保証の確認と、どのタイミングでどこまで支払うかアプリ開発会社と十分に話し合いましょう。

 

内容について

一番重要なのはアプリの開発会社がイメージ通りにアプリを制作してくれているかです。

依頼主と制作者が頻繁にコミュニケーションをとることで、デザインの意図やイメージのずれを避けることができます。

安くない費用を払うことになもるので、できるだけ満足いくアプリを制作してもらうためにも重要なポイントと言えるでしょう。

 

サポートについて

またアプリは公開して終わりではなく、長期的なサポートが必要です。

例えば顧客データなど取得した情報を保存するならサーバーの保守を、OSや組み込んでいる外部サービスの仕様が変更になったらバージョンアップをしなければいけません。

それに対してどれくらいの費用がかかり、どこまでサポートしてくれるのか確認しましょう。

安全性も高く、アフターサービスも充実しているアプリ開発会社としてはPieceがあります。

参考にしてみてください。

 



まとめ

 

アプリ開発には費用。開発期間、相性のいい会社選びなど悩むポイントがたくさんあります。

特に初めてアプリを外注する場合は判断基準を持つのが難しいでしょう。

基本は複数のアプリ開発会社に相談をし、その上でアプリの仕様を実現してくれて予算や納期などの要望にも応えてくれるところが望ましいです。

この記事を参考に理想のアプリができるようにアプリ開発会社を選んでみてください。


■ 失敗しないアプリ開発のために

アプリ開発虎の巻無料プレゼント実施中

アプリを作る目的を明確にせずになんとなくアプリを開発してしまっては、大きな予算をかけてアプリ開発を行っても思ったような成果を得ることはできません。
アプリ開発で失敗しないための、始める前に知っておくべき情報・目的を明確にするためのステップを「アプリ開発虎の巻」を公開中!
販促アプリ開発に大いに役立ててください。

■ まずは資料請求!

先ずは資料請求

JokerPieceでアプリ発注をした際に弊社でできることや、過去の制作例、実績など資料にてご覧いただけます。販促アプリのPieceを受託するだけでなく、よりクライアント様に最適なプラン提案をしながら共に作り上げていく開発スタイルを得意としております。またITエンジニア支援、教育訓練事業も行なっております。