投稿日:

アプリを試作するならアジャイル開発をするべき理由を解説!!

現代人に、欠かせないデバイスの「スマートフォン」。スマートフォンでできることはインターネットだけではなく、スケジュール管理やSNS投稿など多岐にわたります。 また、アプリもスマートフォンユーザーには大切なアイテムです。昨今はスマートフォンで使用できる便利なアプリが展開され、機能が似ているものも数えると、多くの種類があります。

それぞれのアプリは、開発される前に試作品がつくられます。採用されるケースは、現代で主流となっているアジャイル開発が大半です。 世の中を、さらに便利にしていくといわれるスマートフォン。アプリはそこに「直結している」といえる、重要なツールです。

どんな製品でも試作してみてから本格的に開発される

今や、毎日の生活で欠かすことができないインターネット。パソコンのみならず、スマートフォンやタブレットの普及で、さまざまな機能をもつアプリが開発されています。 開発される初期段階では、あらゆる角度から動作や使用感が検証されています。

不具合がないかどうか確かめる必要がある

モノを作るには何かの理由で、不具合が発生するか検証する必要があります。モノを作るとなったら、まずは目的を明確にして設計をします。 アプリも同様で、まずは「何のためのアプリ」を「どのような設計」で組み立てていくか、緻密に考察されます。
また、創り出したモノが設計通りに機能するか、耐久性に優れているか、どんな状況でも動作するかは重要な事項となります。モノ作りにとってこの検証は、生産に入る前の必須事項です。

試作は作る側のために行うもの

モノを作るには、設計が終わった段階で「試作品」が作られます。「プロトタイプ」ともよばれる試作品は、作り手があらゆる検証を行うために必要不可欠です。 消費者が触れることはなく、あくまで作り手にとって重要な過程の一つ。機能や動作、使用感を検証するための試作品です。

また、社会環境や消費者のニーズなどが変わることがあります。その場合、試作品をもう一度作るか調整をします。こうしてモノは、さまざまな工程を経て世に出てくるのです。 試作品でモノの動作や正確性を高め、基準をクリアしてから量産されます。そして、消費者へ提供されていくのが常となります。

アジャイル開発という方法

「アジャイル開発」という言葉は、最近、よく耳にするようになりました。 言葉の意味は、端的に述べると「ソフトウェアの開発において、従来にくらべて早く開発ができる手法」の総称です。

アジャイル開発とはどんな方法か

早く開発が可能になった背景には、ソフトウェアの開発をするにあたり、設計や仕様の変更があるのが前提という考えがあります。 まずはおおまかな設計から始めるという結論から出た開発手法がアジャイル開発です。

そのため、アジャイル開発では、最初にモノの「核」となるもの、つまり必要性が高い部分から設計されます。 そして、推測や仮説を取り入れることはありません。そのため、変更すべき要素があれば、柔軟に対応ができるというメリットがあります。

アジャイル開発が注目されている理由

従来のソフトウェア開発では、「ウォーターフォール」とよばれている手法が使われてきました。 アジャイル開発は2000年以降にから主流になってきて、いまでは一般的となっています。
アジャイル開発が注目されている理由にあがるのが、「開発過程における柔軟性」や「開発までの時間の早さ」です。

アジャイル開発はモノを作るにあたり、反復(イテレーション)しながら進めるのが特徴で、仕様や設計の変更があれば、瞬時に対応ができるのです。 近年では、ユーザーのニーズに対して敏感にモノが作られるため、アジャイル開発は時代に合った開発方法といえます。

また、核となる部分を初期段階で固めたりインテレーションしたりするため、不具合が出たとしても修正の工程が少なくすみます。 そして、従来のウォーターフォール開発にくらべ、開発費用が抑えられるところもアジャイル開発が注目される理由といえるでしょう。

アジャイル開発に入る前でも大切なデモアプリ

「デモアプリ」とは、消費者にリリースする前に作られる試作品です。 アジャイル開発で制作したアプリは、一旦、デモアプリとして動作確認や使用感などを検証します。

デモアプリとは

先に述べたように、デモアプリとは試作品です。消費者が手にする前に、「正常に動くか」や「使い心地に不便な点がないか」など、確認をするために必要となります。 その他にも、アプリ自体の不具合があれば、修正しなくてはなりません。デモアプリは、ユーザーが使う前にあらゆる検証をおこなうために必要不可欠なものです。

なぜデモアプリが大切なのか

「デモアプリ」を作ることは、開発者にとってもユーザーにとっても大切です。正式にアプリをリリースした段階で不具合が見つかれば、満足度が落ちてしまい、見込みユーザーが減りかねません。 また、現代のスマートフォンは機種も多様ならば、OSもユーザーによって異なります。 デモアプリで互換性を確認し、ユーザーのさまざまな使用状況を想定したうえで、適切に動くことを立証する必要があります。
そのため、デモアプリはアプリ開発者とユーザーにとって、大切なものとなるのです。

まとめ

モノを作るには、さまざまな過程を経てユーザーに届けられます。しかし、その工程における試行錯誤は、消費者の目に見えないところにあります。 それでも、ソフトウェア開発には、日々進歩がとげられています。中には、独学でアプリを開発する人もいます。

アジャイル開発が主流となった現代では、凄まじいスピードでアプリがリリースされています。スマートフォンユーザーなら、アプリはビジネスや日常生活に欠かせないツールです。 アジャイル開発を利用して世の中をより便利にしていくことは、現代なら誰にとっても不可能ではないでしょう。

 

■ 失敗しないアプリ開発のために

アプリ開発虎の巻無料プレゼント実施中

アプリを作る目的を明確にせずになんとなくアプリを開発してしまっては、大きな予算をかけてアプリ開発を行っても思ったような成果を得ることはできません。
アプリ開発で失敗しないための、始める前に知っておくべき情報・目的を明確にするためのステップを「アプリ開発虎の巻」を公開中!
販促アプリ開発に大いに役立ててください。

■ まずは資料請求!

先ずは資料請求

JokerPieceでアプリ発注をした際に弊社でできることや、過去の制作例、実績など資料にてご覧いただけます。販促アプリのPieceを受託するだけでなく、よりクライアント様に最適なプラン提案をしながら共に作り上げていく開発スタイルを得意としております。またITエンジニア支援、教育訓練事業も行なっております。