投稿日:

店舗アプリで重要なのはパーソナライズ!具体例と共に解説!

近年、マーケティングのトレンドとして「パーソナライズドマーケティング」というキーワードがあげられています。

パーソナライズドマーケティングとは何なのか、具体的にはどのようなことなのかを解説します。さらに、店舗アプリでのパーソナライズとはどのようなことなのかも解説します。

 

パーソナライズドマーケティングとは?

企業がマーケティング活動を行っていく際に、顧客一人ひとりの趣向や属性などを基とした上で、顧客に対して個別にマーケティングを行っていくという方法である。

引用元 https://ja.wikipedia.org/wiki/ワントゥワンマーケティング

 

具体例をいくつかご紹介します。

 

・ネットやSNSでの広告

ネットやSNSで表示される広告は今まで自分が閲覧したり検索した内容をもとに自分に合わせて表示されています。例えば、文房具のことについて検索したりサイトを閲覧しているとほかのサイトを見ているときやSNSに出てくる広告は文房具についての広告が表示されます。SNSの場合、自分がどんな人をフォローしているのかによっても表示される広告は変わります。

 

・オンラインストアでの『この商品を買った人はこんな商品も買っています』という表示

オンラインストアでは、同じ商品を購入した人が購入した他のもを自分にもおすすめしてきます。これは趣味が近い人だと認識されておすすめ商品が出てくるのです。このレコメンド機能でいい商品を見つけられたひともいるでしょう。このレコメンド機能で出てくる商品はもちろん人それぞれ違うはずです。

Youtubeでおすすめ動画が表示されるのも、SNSでおすすめのアカウントが表示されるのも同じ仕組みです。

 

・ニュースサイトで表示されるニュース

例えば、Yahoo!ニュースのトップページは端末やブラウザに残るWeb閲覧履歴から、よく見るトピックや興味を分析し、そのトピックや興味に合う記事が「レコメンドニュース」の名前で提供されています。

 

当たり前のように見ている広告やニュースもパーソナライズされたものが多いのです。

 

店舗アプリでできるパーソナライズ

店舗アプリでもパーソナライズをすることで販促や集客につながります。どのような機能を使えば良いのか具体例と共にご紹介します。

 

■配信対象者を決めてクーポンを配信する

例えば、配信対象者を「3か月間来店していない方」というように限定することで、「限定だしせっかくだからお店に行こう」と思ってもらえるでしょう。しばらく来店していなかった顧客の再来店にもつながります。クーポンを配信するときは「プッシュ通知」機能を使えばほぼ確実に情報が顧客の目に触れるのでさらに効果的です。

 

■商品リコメンド

「商品リコメンド」とは、対話形式の質問によりぴったりの商品を見つけだし、欲しいアイテムを素早く表示できる機能です。顧客ごとに合った、もとめている商品を見つけることができます。

 

■プロフィール設定

顧客の性別や誕生日を設定してもらうことで、誕生日にクーポンを配信したりお知らせからメッセージを送ることができます。誕生日に顧客にとってお得なことができればお店のイメージアップにもつながります。

 

■プッシュ通知

クーポンのところでも書きましたが、プッシュ通知機能は店舗アプリの大きなメリットです。顧客が店舗に来店していないといも、プッシュ通知でお知らせを配信することで定期的にお店のことを思い出してもらえます。クーポンを配信するときに対象を限定して顧客ごとに合わせた内容のクーポンを配信することを書きましたが、それと同様にプッシュ通知も顧客ごとに合わせたタイミングで通知することがパーソナライズと言えると思います。

しかし、プッシュ通知にはひとつ注意するべきことがあります。それはプッシュ通知をやりすぎると鬱陶しいと思われてしまうことです。週に1、2回くらいなら大丈夫でしょう。プッシュ通知は便利ですがやりすぎないように気を付けてください。

 

まとめ

近年、情報の量が膨大になりすぎて、ひとりではすべてを見ることはできないし、必要な情報でさえ得られなくなっているかもしれません。パーソナライズされた情報を顧客ごとに合わせて提供することで顧客が情報をもらす心配も減ります。パーソナライズドマーケティングをするには店舗アプリがとても便利です。店舗アプリではほかにもフライヤーの配信、オンラインショッピング、スマホ決済などできることがたくさんあります。まだ店舗アプリを導入していない方は導入してみてはどうでしょうか。

 

■ 失敗しないアプリ開発のために

アプリ開発虎の巻無料プレゼント実施中

アプリを作る目的を明確にせずになんとなくアプリを開発してしまっては、大きな予算をかけてアプリ開発を行っても思ったような成果を得ることはできません。
アプリ開発で失敗しないための、始める前に知っておくべき情報・目的を明確にするためのステップを「アプリ開発虎の巻」を公開中!
販促アプリ開発に大いに役立ててください。

■ まずは資料請求!

先ずは資料請求

JokerPieceでアプリ発注をした際に弊社でできることや、過去の制作例、実績など資料にてご覧いただけます。販促アプリのPieceを受託するだけでなく、よりクライアント様に最適なプラン提案をしながら共に作り上げていく開発スタイルを得意としております。またITエンジニア支援、教育訓練事業も行なっております。