ライフスタイル分析で消費者を分類分けする|マーケティング施策を打ち出すヒントを得る
新サービス Piece Crown

ライフスタイル分析で消費者を分類分けする|マーケティング施策を打ち出すヒントを得る

「ライフスタイル分析とは?」

「どうすればライフスタイル分析の方法は?」

そんな方に向けて今回は、ライフスタイル分析について解説していきます。

 

ライフスタイル分析とは?

ライフスタイル分析とは、個人のライフスタイルに着目してセグメンテーション (グループ分け)し、消費者の特性を把握する分析方法です。

 

ライフスタイル分析が生まれた理由

これまでのセグメンテーションは、年齢や性別、年収などの社会的・経済的な特徴をもとに分類分けすることが一般的でした。

ですが、近年のインターネットの普及の影響もあり、価値観が多様化していき同じ収入、同じ性別、同じ社会的特徴をもつの人物でも日々の過ごし方や価値観が全く異なるようになり従来のセグメンテーションでは現代に対応しきれなくなりました。

そこで、同様のライフスタイルをもつような人物ごとでグループ分けしていく「ライフスタイル分析」が生まれました。

 

ライフスタイル分析の方法

ライフスタイル分析では、上記でも書いたようなライフスタイルごとに消費者を分類していきます。

 

ライフスタイルを知るために、下記のような項目をもとに消費者を分類分けしていきます。

 

・職業

・余暇の活動

・購買行動

・生活習慣

・価値観
・目標
・購買意識
・生活態度
どんな仕事についているのか?余暇の時間はどのように使うのか?どんな目標を持って生活しているのか?購買意識はどうか?
そのような質問の中で「〇〇なライフスタイルを持つ人」というように分類分けしていくことができるようになります。

 

 

上記の調査によって得たライフスタイルの情報をもとにクラスター分析を行うとさらに扱いやすく、マーケティング施策を考える際に参考にしやすいデータになります。

クラスター分析とは、ある集団から似たもの同士を集めてグループ分けする分析手法です。

 

ライフスタイル分析の結果からたくさんのライフスタイルの情報を集めることができたら、その情報から大まかに5〜6つ程度に特徴・特性ごとに下記のように分類分けします。

「〇〇層(〇〇に興味があり、購買意識が高い顧客)」

「△△層(年齢層が高く、△△系の商品を中心に購入する層」

「◇◇層(年齢層が若く、◇◇な商品を好み、購買意欲が低い傾向にある)」

etc…

 

このようにクラスター分析によって分類分けすることで、よりわかりやすい データに生まれ変わります。

非階層的手法などで図にまとめるとさらにわかりやすくなるでしょう。

 

マーケティングでの活用法

上記の分析をもとに、数種類のライフスタイルごとの分類(グループ)が作れたら、

それぞれの分類ごとにあった商品やサービスの開発、またはそれぞれの分類ごとの広告の打ち出し方を考えていくことができます。

 

特定の分類ごとにマーケティング施策を打ち出すことが可能になります。

 

価値観や生活スタイルが多様化した時代だからこそ、一人ひとりのライフスタイルに合わせたマーケティング施策が今後は非常に重要になってくるでしょう。