投稿日:

販促活動の基本とその方法を解説!今すぐ始められる販促テクニック公開!!

「売上をもっと増やしたい」

お店を経営されている方なら日々考えていることでしょう。

そこで今回は、お店の売上を上げるための3つの販促活動とそのアイデアを紹介します。

 

販促活動には3つの段階がある

 

販促活動は主に3つの段階に分けて説明することができます。

1:「集客」たくさんのお客さんに来てもらえるお店にする

2:「購入率」実際に購入してもらえるお客さんを増やす

3:「客単価」お客さん一人あたりの購入単価を上げる

この3つのバランスがとても大切で、一つだけに力を入れても事業の成長に繋がりません。

ですので、ここからは3つの段階を分けて一つずつ解説していきます。

 

「集客」たくさんのお客さんに来てもらえるお店にする

まずは、お客様に来店または再来店してもらえるようにしましょう。

 

そこで特に重要なのは「再来店」してもらうことです。

既存のお客さんがもたらす売上は全体の8割程度と言われており、逆に新規のお客さんのがもたらす売り上げは2割程度だと言われています。

つまり、売上のほとんどは既存客が生み出しているのです。

これを「80:20の法則」や「パレートの法則」と言ったりします。

 

つまり、いかに既存のお客様に来店していただくかが売上を上げる鍵になります。

そのために、再来店の促進になるような集客が必要になってきます。

 

集客をするための方法は以下のものがあります。

・チラシ、折り込み広告

・イベント

・SNS(Twitter、Facebook)

・ホームページ

・ショップカード

・ポイントカード、スタンプカード

etc…

 

「購入率」実際に購入してもらえるお客さんを増やす

次に段階は「購入率」を高めることです。

いくらお客さんが来店されても実際に買ってもらえないと売上には繋がりません。

逆にお客さんが少なくてもほとんどのお客さんが買ってくれればそれでいいのです。

 

購入率を上げるための方法は以下のものがあります。

・ディスプレイ(商品配置)の変更

・ポイントカード、スタンプカード

・お客さんにベネフィットを伝える

etc…

 

「客単価」お客さん一人あたりの購入単価を上げる

最後の戦略はお客さん一人当たりの「客単価」を高めることです。

もし、客単価をおろそかにして集客や購入率だけに力を入れ続ければ、事業としてバランスが保てず成長できません。

お店として成長していくためには、集客、購入率、客単価のバランスが重要になってきます。

集客は効果を出すまでに長い時間とお金が必要になる場合が多いですが、客単価を高めるのはそれほど時間も苦労も必要ありません。

 

客単価を上げるための方法は以下のものがあります。

・真ん中効果(極端回避性)の利用、

・関連商品をパッケージ

・クロスセル

・特典をつけて購入額を増やす

・クレジットカード払いができるようにする

etc…

 

お金をできるだけかけずに今からすぐ始められる3つの販促活動

 

1(集客):SNS(ツイッター、フェイスブック)を使った集客

まず集客ですが、SNSはお金をかけずに手っ取り早く始めるには一番です。

お店の商品をよく使ってくれている or 買ってくれる年齢層や性別に合わせたSNSを選択して運営することで、ダイレクトに対象のターゲットに宣伝することができます。

また、SNSの場合一気に情報を拡散することができるので、一度の投稿で多くの人に情報を届けることができます。

ただ、お店用のアカウントを育てるためには数ヶ月単位で運用していく必要があるため、金はかかりませんが実際効果が出るまでには時間が必要です。

 

ネットで集客を成功させるために参考にしたいネット集客の成功事例!!

 

 

2(購入率):ポイントカード、スタンプカードの発行

購入率を高めるための戦略はポイントカード、スタンプカードを発行することです。

ポイントやスタンプが欲しいがために商品を購入するというお客さんも少なくないありません。

また、ポイントカードやスタンプカードには購入率を上げる以外に、再来店を促進させる効果もあるので、同時に2つの販促活動をしていることになります。

なので、ポイントカードやスタンプカードは導入してもいいと思います。

 

ただ、紙やプラスチック製のポイントカードは発行までに時間やお金がかかるので、ポイントカードアプリなどのスマホで完結するタイプのポイントカードアプリを使うことをおすすめします。

 

経営者必見!!店舗でポイント カード アプリの導入をおすすめする理由

 

3(客単価):特典をつける、真ん中効果(極端回避性)

今すぐできる客単価を高めるための戦略は「特典をつける」ことと「真ん中効果(極端回避性)を利用する」ことです。

特典をつけるというのは、2000円以上買ってもらったら送料無料というような特典のことです。

Amazonなどが現在やっている方法ですね。

このようにギリギリもう少し届くくらいの値段のところに特典を用意しておくことで、追加でもう一品という風になりやすく「追加買い」を促し、客単価を高めることができます。

 

次の戦略は真ん中効果(極端回避性)を利用するというものです。

真ん中効果(極端回避性)とは、

松竹梅の3つの価格の商品があった時、人は無意識に中間の値段のもの(竹)を選んでしまうという効果のことです。

この効果を利用した簡単な客単価を上げる方法は、売れなくても高額の商品を置いておくことです。

 

Aランチ1500円

Bランチ2000円

このように2つの選択肢の場合、多くの人は安いAランチを選びます。

 

Aランチ1500円

Bランチ2000円(売りたい商品)

Cランチ5000円

しかし、このように3つの選択肢がある場合、節約中や金欠などの事情がない限り多くの人は、中間の値段のBランチを選びます。

このようにして売りたい商品を真ん中の価格に持ってくることで、自然に売りたい商品に誘導することができ、客単価を上げることができます。

 

■ 失敗しないアプリ開発のために

アプリ開発虎の巻無料プレゼント実施中

アプリを作る目的を明確にせずになんとなくアプリを開発してしまっては、大きな予算をかけてアプリ開発を行っても思ったような成果を得ることはできません。
アプリ開発で失敗しないための、始める前に知っておくべき情報・目的を明確にするためのステップを「アプリ開発虎の巻」を公開中!
販促アプリ開発に大いに役立ててください。

■ まずは資料請求!

先ずは資料請求

JokerPieceでアプリ発注をした際に弊社でできることや、過去の制作例、実績など資料にてご覧いただけます。販促アプリのPieceを受託するだけでなく、よりクライアント様に最適なプラン提案をしながら共に作り上げていく開発スタイルを得意としております。またITエンジニア支援、教育訓練事業も行なっております。