投稿日:

アプリ開発前に知っておきたい大まかな制作スケジュールの流れを紹介

 

アプリ開発を初めて行う企業の場合、製作スケジュールを立てる段階で失敗しがちです。

直前になってリリース予定に間に合わなくならないように、アプリ製作にとりかかる際のスケジュールの基本と開発手順ついてご紹介します。

 

 

アプリ制作の基本スケジュールの立て方は?

 

1.委託先会社を決める

アプリに関する専門的な知識がない場合、アプリ開発会社に外注することになるでしょう。

その際はアプリ制作の目的・ターゲット・必要な機能を大まかに決めたうえでいくつかのアプリ開発会社に相談します。

会社ごとに料金や契約パターン(請負or準委任or派遣)が異なるので一度確認しましょう。

 

 

2.企画書の制作

どんなアプリを作るか詳細を決めた企画書を制作しましょう。

アプリを開発する理由やターゲット層(ペルソナ)、アプリの利用者にどんな行動をとってほしいかや、プラットフォームなどの細かい項目も設定してください。

情報を発信したいのか、購買意欲を高めたいのか、目的やコンセプトによって搭載する機能は異なります。

ユーザーインターフェイスやAndroid、iOSといったプラットフォームもターゲットユーザーによって変わるでしょう。

 

 

3.企画~運用までの進め方を決める

企画から運用までの進め方は、主に「アジャイル型」「ウォーターフォール型」の2パターンあります。

「アジャイル型」とはアプリのデモテストを頻繁に繰り返しながら、アプリの仕様・機能を少しずつ肉付けする方法です。

一方「ウォーターフォール型」は、前もってアプリの概要と機能を決めた上でデモテストを繰り返す方法で 、デモテスト時に不都合を発見するたびに修正していくイメージです。

なお、アプリの概要・開発業者によって企画~運用までの進め方は異なりますのでご注意ください。

 

 

4.本運用をする

デモテストでアプリの異常がない状態を確認できたら、本運用を開始しましょう。

ただし、本運用を行ってもアプリに不具合が起こることはあります。

運用開始後のエラー解消のために、運用・保守の準備もお忘れなく。

 

 

アプリ制作の流れ 開発前

 

アプリの基本的なスケジュールの立て方についてみてきました。

次はリリース日やテスト開始予定日など、マイルストーン(スケジュール上でひとつの区切りとなる日)を決めてから全体のこまかなスケジュール作りを行います。

 

必要なタスクのあぶり出し

 

まずは必要なタスクの把握です。

どのようなタスクをこなす必要があるのか、ひとつひとつあげていきましょう。

例えばアプリの目的や詳細の検討、企画書の作成、要件定義、仕様書の作成、素材やレイアウトの決定などがあげられます。

 

自社で企画作成を行う場合はデモの準備も大切です。

アプリのユーザーを増やすための「市場調査のデータ」・「帰納法と演繹法を使い分けた戦略」を活用するといいです。

また、アプリの実用性や連携性を考えながらデモ作成すると質の良いアプリができるかもしれません。

 

アプリ開発業者にデモアプリを作成してもらうのも1つの手です。

「アプリ開発の時間短縮」や「質の良いデモアプリ作成」が期待できます。

なかでも「Piece」は、 デモアプリ開発を無料で依頼できるためおすすめです(条件付き)。

オリジナル性が高いアプリの依頼も受け付けていますので、活用してみてください。

 

 

各タスクにかかる作業工数の設定

 

次に、あげられたタスクそれぞれにかかる作業工数の設定を行うのですが、重要なのはスケジュール管理者だけではなく、実際に作業する人間の意見を取り入れることです。

正確なスケジュールを立てるには、相談者は多いほうが良いでしょう。

この時点でスケジュール的に余裕が少なかったり、作業工数が明確にならなかったりするときは、マイルストーン内に作業が終えられない可能性も考慮します。

人員を増やすか、各タスクを複数の担当者で並行して進めるのか解決策も用意しておく必要があります。

 

 

タスクの優先度の選定

 

ようやく具体的なスケジュール立てに入るのは、ここからです。

各タスクの作業担当者を決める前に、それぞれの関係や優先度を決めます。

注意点は優先度の決定だけではなく、タスクごとの関係も整理することです。

優先度だけを見ていると、「Aのタスクを早めに終わらせておきたいのに、連携するBのタスクを終えていないとAのタスク自体が完了しない」事態が起こり得ます。

このタスクを終えるには、最低どのタスクを先に終えるべきなのか、人員を割きたいタスクはどれなのか、明確化しておきましょう。

 

 

担当者の決定と最終確認

 

タスクの優先度や関係を把握したら、それらの情報をもとに実際に担当者を決め、スケジュールを立てていきます。

先に大まかに決めたリリース日などのマイルストーンに加え、タスクごとのマイルストーンもこのときに決定しておくとスケジュール管理がしやすくなります。

 

最後にスケジュールに無理はないか、ひとりの担当者の作業量に偏りはないかをチェック。

問題がなければこれでアプリ開発にはいります。

 

 

アプリ制作の流れ 開発

 

次はアプリの「開発」です。

計画を元にアプリの設計では具体的なアプリの構成やボタンの動作、画面の遷移などを決めます。

そしてその設計を基にプログラミングコードを記述するコーディングという作業を行います。

一般的にAndroidのアプリを開発するには「Android Studio」、iOSは「XCODE」というパソコンのソフトウェアを使用します。

開発言語は前者がJava、後者はSwift(またはObjective-c)で、ブラウザ上で動作するWebアプリならHTML、CSS、Javascriptで開発します。

アプリの開発をするにはこれらのソフトウェアや言語に精通している必要があり、初心者だけで完成させるのは非常に困難です。

さらに複数のプラットフォームに対応させるなら、それなりの人材と時間、費用が必要で、効率的にアプリを開発するためにもアプリ開発業者に依頼することが多いのが現状です。

アプリ開発業者に依頼するとアプリの設計からコーディング、テストまですべて行い、依頼する側は定期的に開発の進捗状況を確認するくらいでしょう。

アプリが完成したらGoogle PlayやApp Storeでの審査、公開の手続きまで代行してくれるアプリ開発業者も存在します。

ただし外部に依頼するときは的確に意向を伝えるため企画書や仕様書が非常に重要です。

 

意思疎通が失敗し思っていたアプリが作れなかったということを避けるためにもアプリ開発会社Pieceがおすすめです。

あらかじめ搭載できる機能がモジュール化されているので、依頼する側が必要な機能を選ぶだけで計画どおりのアプリを開発が可能。

さらに費用は搭載した機能の分だけという分かりやすさです。

 

 

【番外編1】iPhoneとAndroidを両方開発するときは?

考えている様子

多くのユーザーを取り込むには、iPhone用とAndroid用の両方のアプリ開発が必要です。

ここで気になるのが開発工数の問題ですが、2タイプ製作するからといって必ずしも開発工数が2倍に増えるとは限りません。

当社が提供するアプリ製作パッケージPiece なら、ネイティブ言語での開発を手軽に行うことができ、実質ハイブリッド開発と同じ工数での作業が可能です。

iPhone用とAndroid用を同時開発をし、必要な機能を選んで追加するだけなので、高い機能を持ったアプリも難なく作成。

実は、これが意外と重要です。

一般的にiPhone用のアプリのほうがAndroid用アプリより開発コストが安く済むという見方があります。

iPhoneは最新OSやその前バージョンを利用しているユーザーが多いのに対し、Androidユーザーは3世代ほど前のバージョンを利用している場合もあるためです。

つまり、OS対応の手間だけでもAndroidのほうが多くかかってしまいます。

PieceはiPhone用とAndroid用を同時開発できるように製作されたパッケージのため、OS対応で手間取ることも、スケジュールが2倍に伸びる心配もありません。

作業日数に比例して増えるコストを、大幅にカットできる点も大きなメリットです。

 

 

アプリ制作の流れ 運用

 

最後の手順はアプリの「運用」です。

アプリは公開したら、それで終わりではありません。

例えば何の更新もしないでいるとユーザーは飽きてしまい、アプリを利用してくれなくなるでしょう。

そこでどこかしら変化があると次に何が起こるのか楽しみになります。

特に「ホーム」はユーザーが最初に目にする画面なのでお知らせやリコメンドなど新鮮な情報で引きつけましょう。

できれば毎日コンテンツを更新できるとユーザーも習慣的にアプリを利用してくれます。

 

さらにアプリでしか見られないコンテンツがあると効果的です。

Webサイトに比べるとアプリはヘビーユーザーが対象になるので、それに応えるべく限定のお得な情報を載せて差別化が可能。

例えば「プッシュ通知」はスマートフォンの画面を表示するたび目に触れやすく、ユーザーがアプリを利用する動機付けになり、更新と同じタイミングで配信すると相乗効果を期待できます。

ただし回数が多いとアンインストールされるので興味を持たせつつ、鬱陶しがられないように気をつけましょう。

 

【番外編2】アプリの運用が決まったら

アプリの運用が決定したら社外と社内に向けての準備するべきことがあります。

  • 社内に向けて

社内に向けて準備するべきことは「アプリの告知」です。

 社員にアプリの存在を知らせることでユーザーからの問い合わせ対応が発生した時も、各社員がスムーズに対応できます。

さらに、社員の家族や友人などいろいろな人にアプリを広めてもらえればアプリの利用者増にもつながるでしょう。

 

  • 社外に向けて

社外に向けては「プレスリリースの告知」が大事です。

アプリの運用開始前に新アプリのリリースを宣伝すると外部からの注目度を集めやすくなり、宣伝効果が期待できるからです。

運が良ければ新聞やテレビなどで取り上げられる場合も。

会社によっては、プレスリリースの他に宣伝広告(電車内や商業施設内の広告、SNS広告)を利用して新しいアプリの誕生を告知するケースもあります。

ただし、上場企業の場合はプレスリリースの告知内容・タイミングが自社の株価を大きく変動させる恐れもあるためご注意ください。

 

 

まとめ

今回はアプリ開発のスケジュールをご紹介しましたがいかかでしたか。

もっと詳しくアプリ開発の手順を知りたい方はアプリ開発の手順を網羅したアプリ開発虎の巻がおすすめです。

専門知識も経験もない状態で一からアプリを開発するとなると難しいですが、企画書やデモ作成は自社で行うなど工夫をすればコストをなるべく抑えることができます。

ぜひこの記事を参考にしてアプリ開発に役立ててみてください。

 

 

 

■ 失敗しないアプリ開発のために

アプリ開発虎の巻無料プレゼント実施中

アプリを作る目的を明確にせずになんとなくアプリを開発してしまっては、大きな予算をかけてアプリ開発を行っても思ったような成果を得ることはできません。
アプリ開発で失敗しないための、始める前に知っておくべき情報・目的を明確にするためのステップを「アプリ開発虎の巻」を公開中!
販促アプリ開発に大いに役立ててください。

■ まずは資料請求!

先ずは資料請求

JokerPieceでアプリ発注をした際に弊社でできることや、過去の制作例、実績など資料にてご覧いただけます。販促アプリのPieceを受託するだけでなく、よりクライアント様に最適なプラン提案をしながら共に作り上げていく開発スタイルを得意としております。またITエンジニア支援、教育訓練事業も行なっております。