投稿日:

アプリ広告初心者にもおすすめ?UACのメリット・デメリット

アプリ広告を考えるなら、GoogleのUAC(ユニバーサルアプリキャンペーン)を利用するのも方法の1つです。広告配信は何やら複雑な印象があるかもしれませんが、UACであれば初心者であっても気軽にはじめることができます。しかし、UACを利用することによるデメリットも少なからずあります。UACの基本を知って、アプリ広告に生かしましょう。

Googleのユニバーサルアプリキャンペーン【UAC】とは?

UACとは、ユニバーサルアプリキャンペーンの略です。グーグルネットワークを最大限に活用したアプリキャンペーンの方法を指します。使用は、画像や動画、広告文を入力して目標インストール単価の設定をするのみ。

ユーザーの行動などをリアルタイムで分析し、Google検索、Google ディスプレイネットワーク、Google playYou Tubeの配信画面において、自動的にユーザーに関連するアプリを宣伝できるのが特徴です。

なお、学習機能が備わっているため、キャンペーン活動において手動でターゲティングする必要がありません。アプリプロモーションにおいて今や欠かせない存在になりつつあります。

UACのメリットとは?

UACは、その学習機能によって顧客の最適化を図れます。アプリをインストールしやすい顧客にキャンペーンが表示される仕組みなので、効率的にアプリの宣伝をすることが可能です。

また、設定がシンプルかつ簡単です。アプリのキャンペーンと聞くと難しいイメージがあるかもしれませんが、UACにおいては心配する必要がないでしょう。アプリキャンペーンをはじめて実施する場合にもおすすめです。

そして、もう1つUACのメリットとして知っておきたいのが、複数の媒体に配信できるということ。先にご紹介したように、UACは、YouTubeなど複数の媒体で利用できるものです。この4つの配信先のキャンペーンは個別に設定する必要がなく、1つの広告を作成すれば4つの媒体で使用できます。

UAC設定方法について

UACの設定は、広告配信初心者でもできる簡単作業です。以下、UACの設定手順を確認してみましょう。

1.Google AdWordsから「キャンペーン」のタグをクリック
2.さらに下に表示される「キャンペーン」をクリックして、一番下の「ユニバーサルアプリキャンペーン」を開く
3.キャンペーン名を設定し、宣伝したいモバイルアプリを決める
4.短い広告文を4つ入力する
5.広告に画像を追加する(画像ファイルのアップロード)
6.配信地域と言語を設定する(日本なら日本・日本語)
7.1インストールの予算と1日の予算を決める
8.終了ボタンを押してUACの作成は完了
9.運用ツールの「コンバージョントラッキング」より追加されているか確認する

実際の広告のための準備は、短い文と画像を追加するのみ。特に難しい作業はありません。広告表示のタイミングなどはシステム上でしてくれるので、設定の必要があるのも予算くらいです。

なお、アプリ戦略サービスを提供しているPieceでは、他にも効果的なアプリ通知の機能の提供を行っています。UACと組み合わせることでさらに効果的なアプリ戦略を実現することが可能です。

ユニバーサルアプリキャンペーン【UAC】のデメリット

簡単に導入できて、さらにターゲティングの必要もないなど、UACは確かにメリットのあるアプリキャンペーンです。しかし、メリットだけではありません。メリットとデメリット両方を知ったうえで活用することが大切です。

デメリット1.指定KWでの検索広告が配信できない

指定KWでのコントロールができません。これは、UAC利用後の分析でデメリットになります。指定KWでどのくらいCVが上がったか、課金はどうなったか辿れないためです。

学習機能によって自動で広告を選択してくれるとはいったものの、KWによる分析ができないため、どのKWがよかったのかわかりません。

デメリット2.UACが配信できないことがある

iOSモバイルwebと検索広告、そしてTrue view(You Tube動画再生前の動画広告)ディスカバリー枠については、UACの配信先にできません。

過去、個別に指定すればGoogle Search、Google Displayで配信可能でしたが、すでに配信できない仕様になっています。

デメリット3. You Tubeブランドリフトが利用できない

ブランドリフトは、購入意向や認知度、好意度など、ブランディング系のアンケートによって効果測定を行うことです。GoogleのYou Tubeでも実施されており、もともとユーザー数の高いYou Tubeではアンケートの回答率も高く効果的にブランドリフトができます。

しかし残念なことに、UACによる広告配信ではブランドリフトが利用できないようになっています。True viewのみを選択できなくなったために、ブランドリフトのための一定以上の動画視聴が稼げないためです。そのため、どの動画で広告が見られたのかなどの分析が難しくなります。

このように、UACは一部配信できないことがありますし、うまく分析が進まないこともあります。せっかくの活用できるGoogleの機能も無効になってしまっては意味がありません。便利なUACではありますが、UACばかりに頼りすぎるのも考えものです。UACのデメリットをよく理解したうえで、どのように活用していくかを考えていきましょう。

UAC(ユニバーサルアプリキャンペーン)は、自動学習機能と4つの配信先を自由に活用できることもあり、アプリ広告を考えるならまず利用を考えたい機能です。しかし、メリットばかりだけでなくデメリットもあります。一部ユーザー分析ができない点などが残念です。

Pieceでは、広告から顧客維持までのアプリ機能によるサポートも実施しているので、現状の広告や分析に物足りなさを感じたらぜひご利用ください。

■ 失敗しないアプリ開発のために

アプリ開発虎の巻無料プレゼント実施中

アプリを作る目的を明確にせずになんとなくアプリを開発してしまっては、大きな予算をかけてアプリ開発を行っても思ったような成果を得ることはできません。
アプリ開発で失敗しないための、始める前に知っておくべき情報・目的を明確にするためのステップを「アプリ開発虎の巻」を公開中!
販促アプリ開発に大いに役立ててください。

■ まずは資料請求!

先ずは資料請求

JokerPieceでアプリ発注をした際に弊社でできることや、過去の制作例、実績など資料にてご覧いただけます。販促アプリのPieceを受託するだけでなく、よりクライアント様に最適なプラン提案をしながら共に作り上げていく開発スタイルを得意としております。またITエンジニア支援、教育訓練事業も行なっております。