投稿日:

デジタルトランスフォーメーションとは?デジタルトランスフォーメーションの成功事例と戦略

スマートフォンを持つことが当たり前になった現代では、さまざまなITテクノロジーに触れ、日常を過ごしています。クラウドストレージ、SNS、AIスピーカー、IoT(インターネット・オブ・シングス)など、もはやITテクノロジーに触れない日はないといえるかもしれません。

 

かつて、人類の歴史にはさまざまな革命が起き、社会と人々は成長を繰り返し進化してきました。今、わたしたちはまさにデジタル技術による革命、『デジタルトランスフォーメーション』の渦中にいるのです。

 

 

デジタルトランスフォーメーションとは

 

デジタルトランスフォーメーションとは、2004年にスウェーデンのストルターマン教授が提唱した“進化し続けるITテクノロジーが人々の生活を豊かにする”という概念のことを指します。

 

デジタルトランスフォーメーションはビジネスの観点としても使用され、事例としてはIDC Japan株式会社では第1~第3までのプラットフォームを定義しています。

 

現在は第2プラットフォームから第3プラットフォームに移行する段階にいるといわれています。

 

例えば、SNSにより、誰でも世界中の情報を受け取ったり発信をしたりして、共感を得られるようになりました。また、Fintech(フィンテック)や、kindle(キンドル)のように、既存のサービスがデジタル技術によって新たな価値を創造している事例も増えています。

 

今後、ますますこのような“物”より“体験”へと重きをおいた価値観へと変革していくことが予想されるでしょう。

 

 

デジタルトランスフォーメーションの事例

では、デジタルトランスフォーメーションにはどのような事例があるのでしょうか?既存のビジネスに新しい価値観を取り入れたアプリの事例を紹介していきます。

 

Uber

 

『Uber』は、自動的の配車アプリです。自動車に乗りたい人と、ドライバーをマッチングする機能を持っています。世界70カ国、450都市以上で展開しており、海外旅行に行った時などに利用された方もいるのではないでしょうか。

 

利用者は、近辺にいるドライバーの名前や車両などの情報を得て配車を依頼し、会計もクレジットで行えます。またドライバーは空いた時間でお金を稼げ、互いに利益を享受できる仕組みになっています。

 

これまではコールセンターに電話をして、配車を依頼する必要がありました。しかしUberはデジタル化によって、依頼者からコールセンターへの連絡、さらにコールセンターからドライバーを探して指示を出すコストや手間をなくすことに成功しました。

 

Amazon(アプリ版)

世界的にも有名な通販サイトのAmazon。Amazonのアプリ版では、カメラ機能を使って商品を特定したり、音声で商品を検索できたりする機能が特徴的です。

 

Amazonアプリ版では、スーパーやショッピングセンターで欲しい商品をみつけた写真を撮影し、商品の検索が可能です。値段が調べられるので、Amazonとどちらが安いか比較検討ができます。少しでも安く買いたい人には、非常に便利なサービスでしょう。

 

また、アプリでは、画面の下にほしいものリストが表示されます。スワイプやスライドなどでかんたんに商品をリストに追加し、あとから見直すことができます。

 

ほしいものリストによって、ユーザーはいつでも好きなときに簡単に買い物が可能になりました。

 

NETFLIX

映像ストリーミングサービスの最大手のNETFLIX。かつてはオンラインでのレンタルDVDサービスを行っていましたが、ストリーミング配信を開始します。このストリーミングがヒットして、世界規模のシェアを獲得しました。

 

NETFLIXのアプリには、視聴履歴や、作品への評価から、ユーザーの好みに合う映画ややドラマを分析して、おすすめをする機能があり好評です。ユーザーは、作品を見終わったあと、また新たなドラマや映画を視聴し続けられるため、継続してサービスを利用しやすくなります。

 

Spotify

『Spotify』は世界最大級の定額音楽サービスで、配信している楽曲はなんと4000万曲以上にのぼります。好みや気分に合わせて、プレイリストを選べるため、知らなかった自分好みの音楽を新しく知ることができます。

広告が入ったり、シャッフルプレイしか選択ができなかったり、制限があるもののユーザーは無料で音楽が聴き放題というプランも。またイコライザ、音質などを好みに合わせてカスタマイズも可能で、絶大な人気を誇るアプリです。

 

デジタルトランスフォーメーションの事例には、企業側のサービスへのさまざまな創意工夫が伺えます。販促アプリ開発パッケージ「Piece」では、事例のようにユーザーの動向を分析しながら、必要に応じて機能のカスタマイズが可能です。

 

今後、ますますデジタルトランスフォーメーションは進んでいくことが予想されます。既存のビジネスを、デジタル技術を使用して、戦略や業務フロー、プロダクトなどを

改革していくことが鍵となるでしょう。

 

アプリ制作においては、ユーザーのニーズに柔軟に対応をしていかなければなりません。

アプリ制作にはカスタム性の高いパッケージ 「piece」をぜひ検討してみてください。

 

■ 失敗しないアプリ開発のために

アプリ開発虎の巻無料プレゼント実施中

アプリを作る目的を明確にせずになんとなくアプリを開発してしまっては、大きな予算をかけてアプリ開発を行っても思ったような成果を得ることはできません。
アプリ開発で失敗しないための、始める前に知っておくべき情報・目的を明確にするためのステップを「アプリ開発虎の巻」を公開中!
販促アプリ開発に大いに役立ててください。

■ まずは資料請求!

先ずは資料請求

JokerPieceでアプリ発注をした際に弊社でできることや、過去の制作例、実績など資料にてご覧いただけます。販促アプリのPieceを受託するだけでなく、よりクライアント様に最適なプラン提案をしながら共に作り上げていく開発スタイルを得意としております。またITエンジニア支援、教育訓練事業も行なっております。