投稿日:

データドリブンマーケティングとは?実はアプリ運用には必要な技術だった!!

近年はビッグデータやIoTなど、日常生活のあらゆるところでITの技術が浸透してきました。この潮流を受けて、企業は自分たちの商品やサービスにまつわる情報をもとに、新しいビジネスを作り出しています。そんな中、ビジネスの間でデータドリブンマーケティングという言葉が注目されています。このマーケティングが一体どのような手法のものか、今回紹介していきます。

 

データドリブンマーケティングとは?

 

データドリブンマーケティングとは様々なデータをもとに、自社の商品やサービスに役立つような情報を選出・分析し、ビジネスに活かしていくマーケティング手法の一つです。

 

近年は、身近な生活から多くの人の情報が集めやすくなりました。SNSやアプリを通してユーザーの主な年齢層や市場の傾向を調べたり、クレジットカードや交通系ICカードで利用者の情報を集積したりして、経営を計画する際の判断材料がますます広がっています。

データ一つ一つはささいなものですが、いかにビジネスへつなげていくかによって、価値のあるものになります。

 

データドリブンの分析方法として、以下のように進めていきます。

 

■データを作成する

データを活用してマーケティングしていくには、まずどんなデータが必要か、どうやって集めていくか、あらかじめ考えておくことが大切です。やみくもにデータを集めようとしても、欲しい情報が得られなかったり、膨大な情報が入りすぎて本来の目的を見失ったりすることがあります。そうならないためにも、データを集める仕組みを作っておくことが必要です。

 

■データを集める

データの方向性が決まったら、さっそく収集にとりかかります。一口にデータといっても、どこで収集するかでデータの性質が異なります。

基本的には、Webやテレビなどのデジタルから得られる「ビッグデータ」とアンケートや口コミなどから得られる「スモールデータ」と大きく2種類に分かれます。

 

ビッグデータは主にシステムを通じて、個人の情報や行動履歴を自動的に集計されたものになります。一方、スモールデータはアンケートなどを通じて、顧客のリアルな情報を集めたものです。

 

これらのデータは、企業の使いようではかなり貴重なものになります。しかし、注意しておきたいことは、必ずしもデータが正しい情報を示しているとは限らないということです。

データの内容をそのまま受け取るのではなく、一つずつ精査をして、顧客の心理を分析することが重要です。

 

また、集めた情報が散在しないよう、データを管理するためのプラットフォームを用意しておくことを忘れないようにしましょう。

 

■データを可視化する

データを収集したら、分析しやすくするために表やグラフに落とし込んでいきます。目で見てわかりやすくすることで、仮説を立てるときの根拠を示すのに役立ちます。

データを視覚化するにいたって、Googleアナリティクスといったアクセス解析ツールを用いることもあれば、少ない情報量であればExcelなどの表計算ソフトを使ってまとめることもあります。データを処理するときは、情報量に応じて適切なツールを使いましょう。

 

 

■データを活用する

可視化したデータをもとに分析を行います。データの結果から現在の状況を把握し、導き出される仮説を立てていくことで、新たな施策を打ち込んでいきます。

例えば、ある店舗のデータの購入履歴の中から、この月にはこのような商品が売れやすくなるから、前月のうちに在庫を余分に残しておく、といったアクションが提案できます。

 

データを活用した施策を実行するには、組織の間でデジタルマーケティングの重要性を共有しておくといいでしょう。長期的に施策を続けていくためにも、データ分析に強い人材を育てることが、企業の利益を維持することにつながります。

 

アプリの運用にデータドリブンが欠かせない理由

今日はスマートフォンやタブレットが普及し、アプリを通して新しいサービスが作り出され、人々の生活をより便利にし、より豊かな価値をもたらしています。

 

この流れにのって、アプリを使って自社の利益を上げようと考えている方は少なくないでしょう。しかし、単にアプリを作っただけでは、すぐ売上に結びつくとは限りません。

 

大事なのはアプリでどのような目標を達成するのか、目標に到達するにはどんな機能が必要か、ユーザーに向けてどんなサービスが作れるのかを意識することです。そのためにも、自社のユーザーの嗜好や行動を客観的に分析するデータドリブンの考えが重要です。アプリを作った後も、常にユーザーの行動を検証することで、機能の改善にも役に立ちます。

 

もし販促用のアプリを作りたいなら、販促アプリ開発パッケージの「Piece」がおすすめです。Pieceなら詳細なデータを分析することができます。ぜひ検討してみてください。

 

今後、データドリブンマーケティングは多様なニーズに対応していくのに欠かせない戦略の一つになるでしょう。

 

膨大なデータをもとに、顧客の情報や行動を分析することで、従来のビジネスにはなかったサービスが日々生まれてきています。また、ユーザーの動向に合わせて、既存のビジネスを改善していくことにも役立っています。

 

アプリの開発を考えている方は、ぜひこのマーケティングの方法をうまく活用して、自社の発展につなげていきましょう。

 

 

■ 失敗しないアプリ開発のために

アプリ開発虎の巻無料プレゼント実施中

アプリを作る目的を明確にせずになんとなくアプリを開発してしまっては、大きな予算をかけてアプリ開発を行っても思ったような成果を得ることはできません。
アプリ開発で失敗しないための、始める前に知っておくべき情報・目的を明確にするためのステップを「アプリ開発虎の巻」を公開中!
販促アプリ開発に大いに役立ててください。

■ まずは資料請求!

先ずは資料請求

JokerPieceでアプリ発注をした際に弊社でできることや、過去の制作例、実績など資料にてご覧いただけます。販促アプリのPieceを受託するだけでなく、よりクライアント様に最適なプラン提案をしながら共に作り上げていく開発スタイルを得意としております。またITエンジニア支援、教育訓練事業も行なっております。