投稿日:

One to Oneマーケティングで価値のある顧客体験を!アプリでの活用事例も紹介

消費者の動向が多様化しつつある時代、企業は顧客の獲得や維持に日々励んでいます。 優良な顧客が存在しているかどうかで、企業の将来性を左右することにもなります。
そんな中、不特定多数をターゲットにするのではなく、一人ひとりの顧客に対応したマーケティングを導入している企業が登場しています。

今回は、一人ひとりの顧客のニーズに沿ったOne to Oneマーケティングについてご紹介いたします。

One to Oneマーケティングについて

One to Oneマーケティングが今日の市場でどのように重要視されているのかについて解説します。

One to One マーケティングの基礎知識

One to Oneマーケティングとは、顧客の行動や趣向、ニーズを把握し、一人ひとりに合ったマーケティングを行う手法のことを指します。 従来は大勢の人数をターゲットにしたマスマーケティングが主流でしたが、ネット社会の台頭や技術の進歩によって、 一人に焦点を当てたマーケティングが可能になりました。

インターネットでは、Cookieという仕組みを用いることで、 ユーザーの嗜好や行動履歴を追跡することができるようになりました。 Cookieは、Webサイトに訪問したユーザーのデータを一時的に書き込み、自動的にユーザーのデータを記録します。
そうすることで、ユーザーは一度訪問したサイト先で入力した情報が自動的に表示されるようになったり、 自分の興味・関心のある情報を受け取ったりするようになっています。

One to One マーケティングが注目されている理由

日常生活において、インターネットは今や欠かすことができない存在です。 消費者は常に情報を収集し、自分の目的や理想に合った商品やサービスを探さずにはいられません。

企業もできるだけ多くの顧客を獲得するために、様々なアプローチで消費者に自社の製品やサービスを宣伝しています。
しかし、誰もが関心を持って近づくとは限りません。 多様な価値観が存在し、顧客の好みが細分化されている中、企業は顧客を理解して接客をしなければなりません。

IT技術の発達により、顧客の情報は以前よりも収集・保存がしやすくなり、膨大なデータを解析して、 カテゴライズを行ったうえで、一人ひとりに合った接客を提供することが可能となっています。
一人のニーズに寄り添うことで、顧客により価値のある体験をしてもらい、 継続して顧客の消費活動を支えることは、企業の顧客生涯価値(LTV)を高めることになります。
企業が顧客に対して、常に質の高い商品やサービスを提供することで、長期間にわたり利益を獲得することにつながっていきます。

One to One マーケティングの主な手法

実際にOne to Oneマーケティングを行うとなれば、どのような手法を使うことになるのでしょうか。

顧客情報を一元管理

顧客を分類し、一人ひとりに合ったサービスを提供することは多大なコストと費用が掛かります。 顧客のニーズや趣味、行動履歴など、膨大な情報を管理し、属性に応じた情報を自動化して提供する機能が必要となります。
その作業を実現させるためには「マーケティングオートメーション」の導入が欠かせません。

マーケティングオートメーションは顧客を一括管理し、さらに顧客のカテゴリーも自動的に行ってくれるため、 メールの内容や送信するタイミング、お得な情報を顧客ごとに判断して情報を与えることができます。

顧客の趣向に合った情報を提供

顧客の行動履歴を活用して、顧客が求めている情報を提示する方法がいくつかあります。
最もわかりやすい例としては「レコメンデーション」が挙げられます。 通販サイトで商品を購入したときに、今までの購買履歴を通じて、顧客に最適な商品を紹介する方法です。

レコメンデーションに使われている技術によっては、類似の商品だけでなく、商品に関連したものが取り上げられたり、 他の顧客の属性と照合して、購買率が高いものを推奨したりすることもあります。

Webサイトやアプリを閲覧するときによく目にする「リターゲティング広告」においても、 Cookieを用いて以前に訪問したサイトの宣伝やサービスを広告に表示させて、再訪問を促すのも一つの方法です。

その他にも、「LPO(ランディングページ最適化)」といって、 顧客が検索から訪問したときに最初に表示させるページを最適化させる方法もあります。
同じサイトであっても、サイトを見つけた目的や経路が異なっていれば、 その顧客のニーズに沿って、求めている情報を表示させ、誘導に持ち掛けることができます。

One to One マーケティングを活用したアプリの事例

One to Oneマーケティングが実際にどのような効果をもたらしているか、その一例としてアプリの事例を紹介します。

すかいらーく

「ガスト」など様々な外食チェーンを展開しているすかいらーくは、 2014年にリリースしたガストの公式アプリでOne to Oneマーケティングの施策に成功しています。
アプリの主な特徴としては、一人ひとりの顧客に合ったクーポンを配布していること。 年齢や性別、居住地や子どもの有無などといった顧客情報をもとに、クーポンの種類や配布するタイミングを選別して顧客に送信されます。

さらに未成年にはお酒のクーポンを配布しない、子どものいる家庭には子ども用のクーポンを配布するなど、 隅々にわたって顧客の属性を把握した機能が話題になっています。
このアプリを導入したことにより、広告宣伝費は前年に比べて10%以上の削減に成功し、売上高は2.9%も増加しました。

これらの成功要因は、店舗に蓄積されているPOSデータを活用したことであり、 顧客の行動データを分析したことで、細かなカテゴライズができたことに関連していると考えられています。

もしアプリの開発でOne to Oneマーケティングの導入を考えているのであれば、「Piece」https://jokapi.jp/)が最適です。
「Piece」ではマーケティングオートメーションに特化した「PieceMA」もあり、 顧客の育成にはうってつけの機能を取り揃えているので、ぜひご検討ください。

まとめ

One to Oneマーケティングは一人ひとりのニーズに合わせて最適な情報を提供するマーケティングの手法です。
顧客の要望に沿うことで、企業は安定して利益を獲得する可能性が高くなります。

しかし、顧客の属性ばかりに惑わされるのではなく、 データをいかに有効活用して顧客を満足させることができるのかが、One to Oneマーケティングの成功の秘訣といえるでしょう。

■ 失敗しないアプリ開発のために

アプリ開発虎の巻無料プレゼント実施中

アプリを作る目的を明確にせずになんとなくアプリを開発してしまっては、大きな予算をかけてアプリ開発を行っても思ったような成果を得ることはできません。
アプリ開発で失敗しないための、始める前に知っておくべき情報・目的を明確にするためのステップを「アプリ開発虎の巻」を公開中!
販促アプリ開発に大いに役立ててください。

■ まずは資料請求!

先ずは資料請求

JokerPieceでアプリ発注をした際に弊社でできることや、過去の制作例、実績など資料にてご覧いただけます。販促アプリのPieceを受託するだけでなく、よりクライアント様に最適なプラン提案をしながら共に作り上げていく開発スタイルを得意としております。またITエンジニア支援、教育訓練事業も行なっております。