投稿日:

アプリマーケティングとは?効果的なキャンペーンをご紹介!

店舗アプリを作ってもインストールして使ってもらえなければ、販促や集客につながりません。顧客にアプリをインストールしてもらい、そして使ってもらうために何をすれば良いのでしょうか?

このサイトでは、アプリマーケティングとは何なのか、どのようなキャンペーンが効果的なのかご紹介します。

 

アプリマーケティングとは?

アプリマーケティングとは、日常的に接触するスマートフォンやタブレット端末のアプリを用いることで、顧客のライフサイクルの中で接点を創り出し、コミュニケーションをはかるマーケティング活動です。

引用元  https://wowcom.co.jp/service/digital/app/

 

アプリを使ってもらうことで企業やお店を身近に感じてもらい、販促や集客につなげることを目的としています。店舗アプリを作り、顧客にとってお得なクーポンを配信したり、お店の情報を配信することで店舗への来店を促すことができます。

プッシュ通知と呼ばれる機能で、お知らせを配信することで顧客がお店にいないときもお店のことを考えるときができ、無意識でも顧客の記憶にお店のことが刻まれるようになります。つまり、認知の拡大です。

アプリマーケティングは、O2Oとよばれるオンライン(店舗アプリ)を使ってオフライン(実店舗)に誘導するマーケティングの代表的な例と言えるでしょう。

 

アプリマーケティングの成功事例については下記の記事でご紹介しています。

アプリマーケティングの効果と収益を上げた成功事例を紹介!!

 

効果的なキャンペーンをご紹介!

まず、アプリをインストールしてもらうためにどうすれば良いのかご紹介します。

 

■アプリ評価をしてもらう

アプリストアで顧客がアプリをインストールするかどうかを決めるときに、判断材料のひとつになるのが、アプリ評価です。アプリストアでは、アプリの評価が上がれば上がるほど、検索結果上位にアプリを表示させます。自らアプリの評価をしたり口コミを書いてくれる顧客はあまりいないと思うので、評価してもらうためにバナーを出すことが必要です。しかし、バナーを出しすぎると鬱陶しいと思われてしまうので、バナーの出しすぎには注意です。バナーでこのアプリが好きかどうかを「はい」か「いいえ」で選んでもらい、そこから☆を1~5でつけてもらう評価につなげてアプリ評価をしてもらうと良いでしょう。回答してくれた人には、お礼のメッセージを表示するとさらに好感度がアップするでしょう。顧客に対する細かい気遣いも重要です。

 

■リファラルダウンロード

新規の顧客にアプリをインストールしてもらうには、「口コミ」が一番効果的です。そして、口コミを広めるのはSNSが適しています。すでにアプリを使ってくれている人に口コミを書いてSNSにシェアすることを促して、口コミを拡散してもらうのが良いでしょう。SNSでのシェアを促すことで、口コミからのインストール(リファラルダウンロード)を狙えます。すでに使ってくれている人に口コミを書いてもらうために、シェアしたくなるようなキャンペーンをする必要があります。そのキャンペーンについては、また後でご紹介します。

 

次に、すでにインストールしてくれている顧客にアプリを利用してもらうためにどうすれば良いのかご紹介します。

 

■アイコンに「赤いバッジ表示を促す」

お知らせなどを配信したときに、アイコンに赤いバッジを表示するキャンペーンは、アプリを利用してもらう機会を作ることができて効果的です。スマホを見て、アプリのアイコンに赤いバッジがついていたら「何か通知が来ている、なんだろう」と思う人は多いと思います。アイコンに赤いバッジをつけるだけで、アプリを開く行為をしてくれる人は増えるでしょう。しばらく利用していなかった人にまたアプリを利用してもらうのには、いちばん手っ取り早いキャンペーンです。

 

■マイルストーンキャンペーン

マイルストーンキャンペーンとは、アプリの利用者にクエスト的な課題を与えることで、頻繁にアプリを利用してもらおうというキャンペーンです。店舗アプリなら「○○円買うごとにレベルが上がる」、「何回来店すると○○プレゼント」というように節目を設定することで、顧客はレベルを上げるためにアプリを利用してくれるようになるでしょう。ゲームで自分のレベルを上げるのが楽しくてやっている人が多いように、店舗アプリでも節目を設定することで、ゲーム感覚で楽しく利用してもらえるはずです。

そして、リファラルダウンロードの項目で書いたように、シェアしてもらうためのキャンペーンとしてこのマイルストーンキャンペーンは使えるでしょう。レベルが上がった時、クエストを達成したときにSNSにシェアをしてもらい、そのときに口コミも一緒にシェアすることを促して、リファラルダウンロードも狙いましょう。

 

まとめ

今回は、アプリマーケティングについてご紹介しました。ここでご紹介した4つのキャンペーン以外にもまだまだ使えるキャンペーンはあります。店舗アプリを作ったのなら、無駄にならないように効果的に使って、販促や集客につなげられるように工夫をしていくことが大切です。

 

■ 失敗しないアプリ開発のために

アプリ開発虎の巻無料プレゼント実施中

アプリを作る目的を明確にせずになんとなくアプリを開発してしまっては、大きな予算をかけてアプリ開発を行っても思ったような成果を得ることはできません。
アプリ開発で失敗しないための、始める前に知っておくべき情報・目的を明確にするためのステップを「アプリ開発虎の巻」を公開中!
販促アプリ開発に大いに役立ててください。

■ まずは資料請求!

先ずは資料請求

JokerPieceでアプリ発注をした際に弊社でできることや、過去の制作例、実績など資料にてご覧いただけます。販促アプリのPieceを受託するだけでなく、よりクライアント様に最適なプラン提案をしながら共に作り上げていく開発スタイルを得意としております。またITエンジニア支援、教育訓練事業も行なっております。