投稿日:

ビーコンの活用方法はどのようなものがあるか?事例をご紹介

近年、販促のツールとして注目を集めているのが「ビーコン」です。海外ではApple社、日本ではインターネットサービスの大手LINE株式会社が参入してから積極的に活用されています。どのように活用されているのか事例を紹介します。

ビーコンとはなにか?その仕組みを紹介

ビーコン(Beacon)とは無線の技術を利用して信号をやり取りする仕組みです。本来は「狼煙(のろし)」という意味があります。電波や赤外線のビーコンもありますが、最近はBluetoothでスマートフォンとやり取りするのが主流です。

ビーコンの端末は電源がある限りBluetoothを発信し続けます。スマートフォンがエリア内に入って受信すると、その情報がインターネット上のサーバーに送られます。どこのビーコンを受信したかによってスマートフォンの位置を把握できるのです。Bluetoothが届く範囲は数メートルから数百メートル程度と狭いのでGPSやWi-Fiよりもずっと正確です。

サーバーではただ情報を受け取るだけでなく、そのスマートフォンに対して何らかの指示を出すことができます。搭載されている機能を作動させたり、特定の情報を送ったりするなどです。

スマートフォンのユーザーが店舗の近くを通ったときに、プッシュ通知を使ってクーポンを配信したりセールを案内できたりします。それを見て立ち寄ってくれたユーザーもいます。美術館や博物館などの展示施設では展示物の前に来ると自動的にスマートフォンで音声や映像を再生して詳しい情報を案内できます。スマートフォンではなく近くにある別の機器を作動させることも可能です。

もちろんサーバーから送られた情報を受信するには、スマートフォンに専用のアプリがインストールされている必要があります。アプリを通して年齢や性別などの属性を取得できれば、より本人に合った情報を送れるでしょう。それがユーザーの求める情報であればあるほど集客につなげられます。

ビーコン活用の事例~国内編~

その仕組みから分かるとおり、ビーコンを活用するにはスマートフォンのユーザーがBluetoothをONにしており、なおかつ専用アプリをインストールしていなければいけません。特に後者はハードルが高く、販促担当者にとっては悩みどころです。そこで誰でもインストールしているようなアプリと連携すれば、わざわざ専用アプリを作らなくても届けたい情報を送れます。

2015年9月に、LINE株式会社はSNSアプリ「LINE」(https://line.me/ja/)に「LINE Beacon」という機能を搭載しました。BluetoothをONにして、LINEのプライバシー管理でLINE BeaconをONにすると、ビーコン端末の近くに来たとき情報が送られてくるようになります。プッシュ通知が来て「トーク」を開くと、画面の上部に緑色のバーが表示されているはずです。認証に同意して友だち追加すると内容を確認できます。

LINEはメールよりも使いやすい連絡手段として、日本ではスマートフォンユーザーの70%以上がインストールしています。これまで今一つ活用しきれなかったビーコンもLINEの搭載によって普及していきそうです。

主な事例として、アパレルブランド「スタートトゥデイ」とボタン型ビーコン端末を活用したサービスがあります。これは来店したユーザーが商品に取り付けられているビーコン端末のボタンを押すと、LINE上で商品情報が表示される仕組みです。

同じくファストファッションのブランド「ユニクロ」では実店舗への入退店時に、その店舗ごとのお得情報や売筋商品を紹介してくれます。飲料メーカーの「キリン」では自動販売機にビーコン端末を搭載し、ユーザーが購入時にLINEの画面を向けるとドリンクポイントが貯まる仕組みを作りました。

過去には出版取次業者のトーハンが書店にLINEキャラクター型のビーコン端末を設置して、LINEマンガの試し読みができるキャンペーンを実施しました。2016年冬に公開された映画「バイオハザード・ザ・ファイナル」でも限定のLINEスタンプがもらえるキャンペーンを開催しています。

ビーコン活用の事例~海外編~

一方、海外では先立ってビーコンを導入したApple社の「iBeacon」を活用した事例が豊富です。展示施設ではベルギーのアントワープにある「ルーベンスの家」で面白い取り組みが行われています。専用のアプリをインストールすると、現在地の過去の画像や絵画のX線像を見られるほか、スタンプラリーやクイズもできて飽きることがありません。フロアガイド代わりにもなります。

ドイツ生まれの「Travel Radar」(http://travelradar.awwapps.com/)は空港内で自分の荷物の位置が分かるアプリです。荷物にiBeacon対応の端末を入れてアプリに端末の情報を入力すると、手元に届いたときプッシュ通知が送られます。

アメリカの「MLB(メジャリーグ・ベースボール)」では、MLB.com Ballparkという専用アプリがあります。20以上のスタジアムに各100個のビーコン端末を設置し、取得したチケット情報を元に座席まで案内してくれたり、屋台のおすすめ商品を教えてくれたりするのです。

事例を見ると、日本でも海外でも大手で誰もが使うOSやアプリがビーコンを採用したことで活用範囲が広がり始めています。特に後者は専用アプリをインストールしてもらう手間を省けるので導入が簡単です。今後も普及につれて集客やガイド以外の新たな使い方も登場するでしょう。

■ 失敗しないアプリ開発のために

アプリ開発虎の巻無料プレゼント実施中

アプリを作る目的を明確にせずになんとなくアプリを開発してしまっては、大きな予算をかけてアプリ開発を行っても思ったような成果を得ることはできません。
アプリ開発で失敗しないための、始める前に知っておくべき情報・目的を明確にするためのステップを「アプリ開発虎の巻」を公開中!
販促アプリ開発に大いに役立ててください。

■ まずは資料請求!

先ずは資料請求

JokerPieceでアプリ発注をした際に弊社でできることや、過去の制作例、実績など資料にてご覧いただけます。販促アプリのPieceを受託するだけでなく、よりクライアント様に最適なプラン提案をしながら共に作り上げていく開発スタイルを得意としております。またITエンジニア支援、教育訓練事業も行なっております。